掲載:2007年07月24日
先日の第三回「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」で携帯電話が通じる場所が判明しました。其れは大台ヶ原山山頂。使える携帯はDocomo、アンテナは3本立ちMIXIへの書き込みを知人が行って居りました。山又辻や他の場所では圏外になります。通話は山頂でのみ。

☆【日本百名山・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)】

標 高 1695 m
別 名 日出ヶ岳
地 域 近畿
緯 度 北緯34度11分07秒
経 度 東経136度06分33秒

☆☆☆ この日出ヶ岳山頂で Docomo の携帯電話が使えます。 ☆☆☆

 この携帯をお持ちの皆さん、山頂から是非、感動報告を家族に。友人に・・・。

※ 写真は大台ヶ原山(日出ヶ岳)山頂の三角点にて。
※ その他の情報:大台ケ原ハイキング情報・リンク・総集編 :
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2622854#2622854

 (*^‥^*)」 イヨッ




掲載:2007年07月24日
マイミクのフルーティスト・青木美江さんの23日の日記に「養老の滝」の記載が有った。演奏後の反省会に「養老の滝」へ行ったのかと思ったのだが・・・(爆)。本当に「養老の滝」へ日帰り旅行へ行って来られたらしい。予定の行程は、

 大阪 ⇒ 大賀蓮 ⇒ 梅花藻 ⇒ 養老の滝 ⇒ 大阪

 ちと、この梅雨の長雨の影響で場所変更が有ったらしいが、マイナスイオンを一杯浴びて楽しかった事が記載されて居た。そして、感想が以下の様に・・・。

 「汗でジーンズがへばりついて足があがりません。しかし自然っていいですね〜。滝っていいですよ〜。天然のマイナスイオンを感じます。リフレッシュ」

 そう、大台ケ原も同様です。考えれば熊が出そうな霧の出る山の夜道をただただ歩いて、星と朝日を見る。ただ其れだけです。考えだけの若者が以前、JKcafeで小生に言った言葉がある。

 「高槻でも少し山の方に行けば星が綺麗ですよ!。」

 不合理もやって見ないと判らない。其処に山が有るから登る・其処に星が一杯有るから見に行く・地平線から朝日が昇る場所が有るから見に行く、その言葉が判る様に成ってから・・・。理屈では有りません。花は花屋に売ってるし、星座はプラネタリュームに行けば冷房が効いた処で見られる。何処で見ても星は星で朝日は朝日。

 そんなこんなで、次回の「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」を募集します。ご家族での参加も大歓迎です。JKcafeや小生を知られない方の参加も、大歓迎です。ただ、JKcafeに集まれ無い方は、大台ケ原の駐車場での現地集合でお願いします。

 毎回一番に困るのは、足の手配(車の手配)です。

 ただ、夜はねーと思われる方は、多分、大台ヶ原の開山中の土・日曜日(確かAM10時30分から、受付は10時頃から。)に大台ヶ原のビジターセンターでボランティアの方の案内が有ります。是に参加下さい。

※ 問い合わせ:大台ヶ原ビジターセンター:電話:07468-3-0312

 また、この大台ヶ原の開山中は、多くの大阪のバス会社から、大台ヶ原散策ツアーなるものが有ります。大台ヶ原での時間は4時間。半分のコースを散策、メインの場所は見る事が出来ます。

 ただ、是は全て明るい大台ケ原しか見る事が出来ません。小生の言う、「星と朝日」を見る事が出来ません。見るには山荘に一泊するか(大台ヶ原はキャンプ禁止)、夜中に大台ヶ原に到着するしか方法は有りません。其処で、

★★★ 「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」募集要綱 ★★★

@ 行き先:奈良県上北山村【日本百名山・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)】

標 高 1695 m
別 名 日出ヶ岳
地 域 近畿
緯 度 北緯34度11分07秒
経 度 東経136度06分33秒

A 日程: 参加人員が集まれば、日程を定め実施します。今回の募集は、

T.月曜日に参加出来る方(日曜日の24時、高槻JKcafe出発)。

※ JKcafeの近藤マスターと一発屋・富永店長の都合により日程を定めます。(お二人に要確認。)

U.日曜日に参加出来る方(土曜日の24時、高槻JKcafe出発)。

※ 日曜日の出発としているのは、土曜日の昼間に休息、体力温存して参加出来る方。

B 出 発: 実施日の午前0時・高槻JKcafe。

C 行 程: 高槻JKcafe ⇒ 近畿自動車道 ⇒ 阪和自動車道 ⇒ 美原JCT ⇒ 南阪奈道路 ⇒ 大和高田バイパス⇒ 国道169号線 ⇒ 大台ヶ原ドライブウェイ ⇒ 大台ヶ原駐車場 ⇒ 大台ヶ原散策 ⇒ 上北山道の駅で昼食 ⇒ 上北山温泉入浴(仮眠) ⇒ 帰阪の予定です。

D 予定時刻: 午前3時30分:大台ヶ原駐車場・4時30分:三又辻(又は山頂)・・・山の朝は夜明け前30分が一番幻想的・・・。12時:上北山・・・高槻帰着午後7時頃。

E 持 ち 物: 合羽・懐中電灯・帽子・手袋・リュック・弁当・お茶・つえ(有ったほうがいい・竹の棒でも)・タオル。そして、日帰り温泉に入浴のため、タオルと着替える方は準備を(車に置いておく為別の袋に入れておくこと。、)。あ!!、服装はGパンは不可。湿れば歩けないです。

F そ の 他:

T.小雨決行
U.上北山温泉・日帰り温泉「薬師湯」

住所: 奈良県吉野郡上北山村河合553-2
電話: 07468-3-0308
アクセス:大阪から紀ノ川方面、国道309号線を南下、上北山・道の駅対岸。
HP: http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/kankou_8.html

※ 大台ヶ原を散策した時、此処で休憩(仮眠)して帰る。
※ 内部で軽食が出来るために持ち込み不可。但し、ゐざさ寿司が売っている。
※ 小生は何時も上北山道の駅でサンマ寿司付きC定食。(爆)
※ 土産は勿論、ゐざさ寿司(いざさ寿司は誤り)。近くに本店が有る。
 (http://www.izasa.co.jp/)絶品、おすすめ。

V.大台ヶ原天気予報

※ http://weathernews.jp/pinpoint/cgi/search_result.fcgi?service=11&lat=34.1767511111111&lon=136.100725&ameno=64206&name=%c2%e7%c2%e6%a5%f6%b8%b6&pref=64

W.出会える可能性のあるもの(あくまで可能性です(爆)。)

@: 満天の星空(天の川・流れ☆・360度の星空が見られます。)
A: 鹿
B: 霧(マイナスイオン)
C: 地平線・水平線から出る朝日
D: 雲海
E: 富士山遠望
F: 白い太陽
G: ご来迎(ブロッケン現象)
H: 日輪(太陽に環)
I: 深山幽谷の世界(大蛇倉)

●●● 上記の曜日に参加希望の方は、メッセージかメールをお願いします(メニュから)。

●● 尚、現在、一泊二日・城之崎温泉湯あたりツアーも募集中。(女性参加も大歓迎!。)出石蕎麦⇒こうの鳥⇒イルカショー(爆)⇒城之崎温泉で湯あたりのツアーです。

★★★★★★★★★★

※ 写真は三又辻(熊野灘展望台)からの夜明け前30分、富士山遠望(昨年11月)。

※ 第三回「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」結果:
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623130#2623130
※ 大台ケ原ハイキング情報・リンク・総集編 :
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2622854#2622854

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2007年07月23日
JKcafeで参加者を募集した三回目の大台ヶ原行き、目的は奈良県上北山の大台ヶ原で単に満点の星空と朝日を見ようと言う会。参加者を募ったところ、11名。当日の最終集計は不参加も出て9名と成ったが、JKに居たcafe友が急遽参加に・・・。総勢10名。車は2台。複数回参加は小生を除き女性1名、他は全て新規参加者である。

 当初、この22日は梅雨明けの予定で有ったが、何故か数日の遅れ。梅雨は未だに晴れて居ない。少々小生の読みが甘かった・・・。毎日、大台ケ原の局地天気予報を確認していた。

 数日前からの大台ヶ原の天気予報は完全な曇り。小雨決行は決めて居たのだが、殆どが新規の参加者、1つは感動の景色を見せてあげたいと天気予報・天気図・風向の予想図を毎日確認していた。で、当日の高槻での小柳淳子さんのライブ後の空を見上げた小生の予想は、星は完全で無くとも見える・・・。ただ、皆さんの集まりは遅い!!!。22日の午前0時を越えても未だ皆で弁当の買出し(爆)。何とか、0時半頃には高槻を出発した。

 総勢10名、何故か小生のオンボロ・ファミリーカーに4名が乗車。重い。平地は何とか走るが何せ10年選手、吉野以降が心配。今回は間違って八尾まで行くこと無しにチャーリーさんの先導で近畿自動車道路に入る。入ってから小生が先導。計画どうり、近畿自動車道 ⇒ 阪和自動車道 ⇒ 美原JCT ⇒ 南阪奈道路 ⇒ 大和高田バイパス⇒ 国道169号線に入る。此処からは小生の何時も走り成れた道、速度を何時もより落として走行するも、後ろの車が遅い。更に速度を低下して走行。

 何時もより相当に速度を落として(4名乗車で本当に走らない。)走行するも、カーブを過ぎればまた離れて居る。更に減速。この道路、本当に先が見えない。手馴れた小生と、初めての方とは相当にカーブ速度が違う様だ。本当に皆さんも注意。

 大台ヶ原ドライブウエィに入る。道路は濡れ、霧の通り道には霧が沸く。でも、上空の天気が気に成る。もう少しで星が横に見える場所がある。見えた・・・。やはり星が出ている。其れを鹿が出迎える。

 結構、空の見晴らしのいい場所で車を停車、エンジンを切る。後続車も何かと停車、当初は鹿の横断と思ったらしいが、エンジンを切り、皆で空を見上げて見る事を告げる。そう、天の川も見える満天の星空。ただ、月は見えないが今日は半月、空は明るく星は暗い。また地平線上にやはり雲のカーテンがあり、明るい。でも、皆さん感激。でも、未だ360度の星空を見て居ない・・・。180度の50点。

 大台ヶ原の駐車場に到着。流石の夏、車は多い。早速準備し一路、三又辻に出発。途中、大台ヶ原に唯一の場所の水汲み場で美味しい水を飲む。皆、一同に感激。でも、暗闇を歩く皆さん、結構怖がり。1名の女性は・・・。やはりです。一歩先を歩きます。

 三又辻、既に先着の中年集団の話し声も高い。其処で日の出の時間を待つが日の出は見えそうに無い。本日の日の出は5時59分。是を経過して、中年集団は場所を移動。小生は、山で目的の風景を見る場合、同一場所で30分待つのを常道としている。が、本日の日の出は見えず、諦めて山頂の霧の中に。三又辻での成果は、夜明け前の鳥のさえずりと鹿の親子のみ。此処までに見た鹿は全て♀。

 山頂に移動。しかし、周囲一面霧の中、皆さん諦め模様。視界は30mも無い。小生の気に成る事は天空の色。少し青が見えるので可能性はある。太陽は霧の向こうにあるので、白い太陽は見える。思い思いの場所で朝食を取り、時間を過ごす。睡魔の襲った方は仮眠。

 出ました!。霧の中の白い太陽。霧の動きは早い。天空は少し青い。是なら霧の晴れる可能性がある!!。本当に寒い。最大の風速は凡そ3〜10m、体感温度は10℃。先日、ゴアの黄色パーカーを買った2名の男性は是を買って良かったと・・・。皆さんに雨具の用意と着用の意味を此処で判って頂けた感じ。暑くなれば脱げばいい。是が山の天気。

 そうこうして居る内に、片側が晴れた。其れまで周囲も見えない山頂で色々と説明だけで時間を過ごして居た小生、この環境ならこうすればブロッケン現象が出るとその場所に小生が立ち、ピントを合わす。出ました、出しました、ご来迎。このブロッケン現象(ご来迎)を見た人は参加者の半数。寝ていた人も・・・。一瞬で有ったが、ブロッケン現象を一部の人に作って見せた。是が、昔のいかさま坊主の自分が仏の化身と騙す手段。是を身を持って再現。小生は是が作れるが本当に不思議な現象。是を今まで小生の話やブログネタで見ていた方は一応に納得。是が見られれば、霧は晴れると、更に日の出ヶ岳山頂で時間を過ごす。

 晴れました。見えました。雲海・青空。見えたのは10分程度、再度霧の山項に。本日の状況の中で山項で確認出来るものは皆見た。次の正木峠に移動、此処で小休止。此処で確認は皆さんの疲れ具合。日を過ごし夜を徹し、仕事終えの徹夜の皆さんが半数、尾鷲辻で先の行動を決める事に。尾鷲辻では700年坐る美女に本年も出会えるか・・・。皆さん、この意味は判らない。再参加の女性は是を知る。

 尾鷲辻、今年も出会えました。南を向き700年間坐り続ける女性。今年は少し頬がこけました。皆さん、話題の女性に会いに近づく・・・(爆)。一応に納得して写真を撮影する人、撮れば何か有ると見るだけの人・・・。

 此処で先に進むか駐車場に戻るかの決断が必要。今回は半数がダウン、次回に期待することとして駐車場に戻る決断。皆さん、口だけは若い!!!。

 駐車場で小休止の後に、子処温泉への抜け道から上北山道の駅に・・・。道の駅到着は12時。此処で皆さんで食べるものはC定食とのお決まり。殆どの方は是、一人トンカツ定食を食べる人間が・・・。聞けば、秋刀魚の生臭さがいけないとか・・・。ただ、目の前の人間の秋刀魚寿司に手を伸ばす・・・。で、「え!!、是は何?。」、結局食べた。本日の上北山土産は皆で「ゐざさ寿司」に・・・。ま、お決まり・定番です。

 昼食後、温泉に。此処に出発をPM3時に決定。各自思い思いの時間を過ごす。若者はやはり若い。

 3時に、温泉を出て「ゐざさ寿司本店」に、皆さん思い思いに土産を購入。3時半に一路、高槻に。高槻到着PM6時半、JKcafe2階で本日の「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」解散会。此処に、一発屋の富永さんが噂を聞きつけて・・・。この富永さん、2回参加するも、未だ満天の星空を見ず。皆さん、再度の参加を確信。

 是をライブ後にJKcafeで話して居ると、他の女性が今度何時行くの???、この会はまだまだ続く・・・。待機参加者も数名居る。この会の問題点は。皆さんの体力と運転手・車の手配。

 帰れば、今回参加の数名からメールが来ていた。皆さんの内容は、満天の星空、凄かったです。山登りが好きになりました。体力つけます。又参加したいです・・・。皆さん、やはり大台ケ原の虜になったみたいだ。

 本年中にまた行くぞ!!、第四回「JKcafe 大台ケ原・星と朝日を見る会」実施確定!!!。

※ 日の出ヶ岳山頂でドコモ携帯で参加者の1名がMIXI日記を入れた。山頂で携帯の通話を始めて確認。写真は山頂にて。

□ 2007年07月22日の「JKcafe 星と朝日を見る会」:
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623128#2623128
□ 第二回「JK cafe 大台ケ原で星と朝日を見る会!?」珍道中:
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2622776#2622776
□ 「JK cafe 大台ケ原で星と朝日を見る会!?」珍道中:
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2622734#2622734

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2007年07月21日
この22日、高槻JKcafeに集う仲間で大台ケ原に「星と朝日」を見に行く事にしている。JKcafeでの実施は昨年2回、この会では未だに星を見たのは一瞬のみ、水平線から登る朝日は見ていない(爆)。現時点の22日の天気予報は、「曇り」!!。しかし、毎度のこと小雨決行である。

 今回の参加者の中で小生を除く複数回の参加者は1名、参加者11名の中に何方か雨男か雨女が居る模様である。ま、大台ケ原は日本一の降雨地帯、晴れで有っても上下の合羽の準備は必要なのでは有るが・・・。

@ 出 発: 22日の午前0時・高槻JKcafe。

A 行 程: 近畿自動車道 ⇒ 阪和自動車道 ⇒ 美原JCT ⇒ 南阪奈道路 ⇒ 大和高田バイパス⇒ 国道169号線 ⇒ 大台ヶ原ドライブウェイ ⇒ 大台ヶ原駐車場 ⇒ 大台ヶ原散策 ⇒ 上北山道の駅で昼食 ⇒ 上北山温泉入浴(仮眠) ⇒ 帰阪の予定です。

B 予定時刻: 午前3時30分:大台ヶ原駐車場・4時30分:三又辻(又は山頂)・日の出:4時59分(当日方位64度)・・・山の朝は夜明け前30分が一番幻想的・・・。12時:上北山・・・高槻帰着午後6時頃。

C 持 ち 物: 合羽・懐中電灯・帽子・手袋・リュック・弁当・お茶・つえ(有ったほうがいい・竹の棒でも)・タオル。そして、日帰り温泉に入浴のため、タオルと着替える方は準備を(車に置いておく為別の袋に入れておくこと。、)。あ!!、服装はGパンは不可。湿れば歩けないです。

D そ の 他:

★ 【日本百名山・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)】

標 高 1695 m
別 名 日出ヶ岳
地 域 近畿
緯 度 北緯34度11分07秒
経 度 東経136度06分33秒

★★ 上北山温泉・日帰り温泉「薬師湯」

住所: 奈良県吉野郡上北山村河合553-2
電話: 07468-3-0308
アクセス:大阪から紀ノ川方面、国道309号線を南下、上北山・道の駅対岸。
HP: http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/kankou_8.html

※ 大台ヶ原を散策した時、此処で休憩(仮眠)して帰る。
※ 内部で軽食が出来るために持ち込み不可。但し、ゐざさ寿司が売っている。
※ 小生は何時も上北山道の駅でサンマ寿司付きC定食。(爆)
※ 土産は勿論、ゐざさ寿司(いざさ寿司は誤り)。近くに本店が有る。
 (http://www.izasa.co.jp/)絶品、おすすめ。

★★★ 大台ヶ原天気予報

※ http://weathernews.jp/pinpoint/cgi/search_result.fcgi?service=11&lat=34.1767511111111&lon=136.100725&ameno=64206&name=%c2%e7%c2%e6%a5%f6%b8%b6&pref=64

※ 写真は現時点での大台ヶ原の天気予報。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2007年07月15日
明日、2007年07月16日(月)、大阪の朝日放送(6チャンネル)で午前10時30分から「大台ケ原の四季」が放送されます。番組案内には、堀ちえみが探る命をはぐくむ奇跡の森の神秘を独占公開 とあります。是から大台ケ原に行って見たいと思う皆さん、行こうと思う皆さん、是非ご覧下さい。多分、綺麗な大台ケ原が見られます。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2007年07月06日
今月の22日、皆を誘って奈良県上北山の大台ヶ原に行きます。目的は昨年と同じく、大台ヶ原の日出ヶ岳山頂で360度天上全てが満点の星空と、水平線から出る朝日と大台ヶ原の絶景を見ようと言うのが目標です。

★ 【日本百名山・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)】

標 高 1695 m
別 名 日出ヶ岳
地 域 近畿
緯 度 北緯34度11分07秒
経 度 東経136度06分33秒

 この「JKcafe 星と朝日を見る会」は昨年2回実施しましたが、未だこの目標を達成した事が有りません。大変に残念なのですが、天気が悪い。そう、この大台ヶ原は日本一の降雨地帯、一年の内200日は雨、そんな場所なのです。でも、雨でも普段得られない感動が得られます。皆さんも是非如何ですか?。当日、大台ヶ原の駐車場に来て頂ければ、何方でも参加OKです。当然、ご家族連れでもOKです。今まで小生が見た最年少の方は3歳。その子供さんでも感動が得られます。是非おいで下さい。

 ただ、一応1600mの山です。上下の雨具と其れなりの準備が必要です。其の点だけは注意して下さい。道は普通のハイキングコースに変わりません(東大台)。

★ 小生達は午前3時頃にこの大台ヶ原の駐車場に到着の予定です。この時点で歩く準備をして居る人間にお声かけ下さい。多分、小生達です(爆)。

 前年度の状態は、以下のURLに記載があります。参考にどうぞ。

※ http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923?TYPE=1&genreid=140096

 尚、今回は一般の方が参加できる様に土曜日出発に致しました。当日は、

@ 当日の月は上弦の月、新月ではありません。月齢7程度。
A 日の出の時間は4時59分(方位64度)。
B 大阪北摂地域から大台ヶ原への道程:

 近畿自動車道 ⇒ 阪和自動車道 ⇒ 美原JCT ⇒ 南阪奈道路 ⇒ 大和高田バイパス ⇒ 国道169号線 ⇒ 大台ヶ原ドライブウェイ ⇒ 大台ヶ原駐車場

 この方法が今のところ一番早い。たぶん、夜中に走れば3時間程度で駐車場に到着する。

C 当日の予定:

 大台ヶ原散策 ⇒ 上北山道の駅で昼食 ⇒ 上北山温泉入浴(仮眠) ⇒ 帰宅の予定です。

 では、大台ヶ原の駐車場でお会いしましょう!!。

※ 写真は大台ヶ原の朝日(月と太陽が一緒に写った写真。)。

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2007年06月22日
いよいよ、今年2007年09月から、吉野熊野国立公園大台ヶ原の西大台利用調整が始まる。9月から西大台ヶ原の立ち入りが制限され、事前に申し込み・料金支払い・レクチャー受講をしないと入れないと言う事です。

 ま、自然を本当に守るには仕方ない事かも知れませんが、ま、以前の事を見ていると・・・不自然に感じる小生ですが・・・。

 これ等の制限を受けずに立ち入るには、8月末まで。因みに、通常皆さんが行かれる東大台は制限されません。

★ 詳細は下記URLを。

 西大台利用調整地区の立入認定申請の受付開始:

 西大台利用調整地区では、平成19年9月1日(土)から自然公園法に基づく1日あたりの立入り人数の調整等を開始。
 これに伴い、吉野熊野国立公園大台ヶ原の西大台利用調整、認定を受けるための申請の受付を平成19年6月18日(月)から開始。
 立入りにあたっては、事前に手続きをし、立入り前に「事前レクチャー」を受講する必要があります。

※ 大台ヶ原自然再生ホームページ: http://www.odaigahara.net/index.html
※ 西大台利用調整地区ガイド: http://kinki.env.go.jp/nature/mat/nishiodaiguide/
※ 西大台地区に入るには: http://kinki.env.go.jp/nature/mat/nishiodaiguide/houhou.html
※ 事前レクチャーについて: http://kinki.env.go.jp/nature/mat/nishiodaiguide/lecture.html

 (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2006年12月15日
 ----------
【2014年04月30日】

 先日、このページのリンクを確認したところ、リンクの半分以上がリンク切れで有る事を確認しました。其処で、リンクを再確認、2014年度版を作成しました。大台ケ原の最新情報を必要な方は、以下のページをご覧下さい。

※ 2014年度版:大台ケ原ハイキング情報・リンク・総集編:
 http://m-jun.seesaa.net/article/395808682.html
-----------


 現在、大台ケ原のドライブウェイは閉鎖中(大台ケ原は閉山中)なのだが、日々多くの方が大台ケ原情報を求めて小生のHPに来られる。一般の方の入山は来年の5月の連休前(4月末)までおあずけ。入山しようとすれば、このドライブウェイ前に車を置いて是を歩かねば成らない。毎年の開山は4月末から11月末までである。この詳細は奈良県上北山のHP(下記リンク参照)に詳細がある。此処に来年のために大台ケ原情報の総集編を記載。来年が楽しみだ!!。

1.● 【日本百名山・大台ヶ原山(おおだいがはらやま)】

標 高 1695 m
別 名 日出ヶ岳
地 域 近畿
緯 度 北緯34度11分07秒
経 度 東経136度06分33秒

◎ 大台ヶ原ビジターセンター:電話:07468-3-0312
 
2.●【大台ケ原山(日出ヶ岳)の日の出の時間】

 大台ケ原の日の出の時間を知るのに、小生は海上保安庁海洋情報部が提供する日月出没時刻方位サービスを利用している。使い方は、
 計算地点の数値(大台ヶ原山)を入力⇒緯 度:34 11・経 度:136 06 を入れ、そして必要な計算年月をセット、下の計算釦を押して下さい。1ヶ月の日の出の計算結果が出力されます。但し、計算結果は対水平線、山の上からで無いので実際はこれより早い。
 また、山からの日の出は、日の出前30分程度から小鳥が鳴き、水平線が白けて来る。この時間から日の出までが一番美しい。少し早く到着されるのが最良。駐車場から歩いて大台ヶ原山まで約1時間、では、いい御来光を!。(日の出前1時間が多分一番寒い!!。)

※ 日月出没時刻方位サービス :
 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/automail/sun_form3.htm
 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/automail/sun_form3.html

□ 月の満ち欠け(朔望)の話:「新月(朔)」とは「満月(望)」とは:
 http://koyomi.vis.ne.jp/reki_doc/doc_0201.htm
□ 日月出没時刻方位サービス:
 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KOHO/automail/sun_form3.htm
□ 任意の日の月齢を求める:こよみのページ :
  http://koyomi.vis.ne.jp/ 

3.●【大台ヶ原・キャンプ・バーベキュー・禁止事項】

 大台ヶ原一帯は、吉野熊野国立公園の特別保護地区に指定されています。美しい自然を守るために次のことが禁止されています。

◎ 【大台ヶ原一帯での禁止事項】

@ 動植物の捕獲・採取の禁止。
 生物、動植物は勿論、枯れ枝や落葉の採取も禁止。
A 野生動物に食物を与えろ事の禁止。
 野生シカを見かける事が多く、近くまで近寄って来ますが。餌を与えないで下さい。
B ゴミ捨て禁止。
 自分で出したゴミは家までお持ち帰りください。ゴミ箱はありません。
C 車のアイドリングストップ。
D キャンプ・バーベキューの禁止。
 山火事の防止、野生動植物の保護のため、大台ヶ原ではテントの設置のほか、たき火 やバーベキューなどはできません。また、歩行中の喫煙もおひかえください。
E 林内には立入禁止。
 植生保護のため、歩道以外の場所への立ち入り禁止。
F ペットを持ち込み禁止。
 野生動植物保護のため、犬や猫などのペットを連れてこないでください。

 ※ 利用時の注意事項 || 吉野熊野国立公園 [環境省]:
  http://www.env.go.jp/park/yoshino/guide/rule.html

G 道路の通行制限等に関しては以下のURLをご覧下さい。
 ※ 奈良県管理カンリ道路ドウロ 現在の道路規制状況 :
 http://www.pref.nara.jp/doroi/kanri/douroiji-04.htm
 ※ 大台ケ原気象データー:平均気温・降水量等
 http://www.odaigahara.net/data/data01_weather.html

4.●【 大台ヶ原 参考HP 】

◎ 奈良県吉野郡上北山村 公式ホームページ:
 http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/
※ 大台ヶ原散策に必要な情報と情報交換の掲示板

◎ 大台ヶ原自然再生ホームページ:
 http://www.odaigahara.net/
※ 環境省の大台ヶ原HP(公共交通機関での大台ヶ原へのアクセス方法)

□ 大台ケ原山 山小屋情報

※ 宿泊情報 :
 http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/kankou_8.html#other
※ 情報掲示板 :
 http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/keijiban_annai.html
※ お急ぎの場合は上北山村役場:
 TEL 07468-2-0001に問い合わせられるのが一番。
※ 日本百名山情報・地図 :
 http://yama-tabi.net/
※ 山旅マップ :
 http://yama-tabi.net/map/google/index.php?x=136.10917&y=34.18528&z=6&t=M&no=090&fl=jp100ym.xml

◎ 近鉄、とくとくマップ:(近鉄ハイキングマップ)
 http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/tekumap.htm
 大台ヶ原回遊コースマップ:(回遊コース地図「テクテクマップ」):
 http://www.kintetsu.co.jp/zigyou/teku2/teku23.pdf 
 ※ 大台ヶ原ハイキングコースの地図

◎ 奈良地方気象台:
 http://www.osaka-jma.go.jp/nara/nara.htm
 ※ 気象観測データ-アメダス地図形式・日出岳(ヒデガタケ) アメダス毎正時の観測データ・解析雨量・降水短時間予報:近畿地方(6時間後までの予想が出ます)が参考になります。

◎ ピンポイント天気(大台ヶ原天気) - ウェザーニュース
 http://weathernews.jp/pinpoint/cgi/search_result.fcgi?service=11&lat=34.1767511111111&lon=136.100725&ameno=64206&name=%e5%a4%a7%e5%8f%b0%e3%83%b6%e5%8e%9f&pref=64
 ※ ウェザーニュースの大台ヶ原ピンポイント天気(大台ヶ原のセンサー位置不明)

◎大台ケ原案内(グッチャンより):
 http://www3.ocn.ne.jp/~guttiyan/index.html
 ※ 大台ケ原から見える富士山情報を記載されています。

◎大台ケ原トレッキング:
 http://nature-park.com/oodaigahara1.htm
 ※ 大台ヶ原の遊歩道が写真で歩行順路順に並べられています。初心者必見。

5.●【大阪から大台ヶ原への車での行き方】

 この道程は今までの西名阪自動車道を走るルートに比べ1時間程度早い。小生の住まいは大阪北摂地域、此処から大台ヶ原への行きかたは、

@ 大阪北摂地域から大台ヶ原への道程:

 近畿自動車道(吹田)⇒ 阪和自動車道 ⇒ 美原JCT ⇒ 南阪奈道路 ⇒ 大和高田バイパス ⇒ 国道169号線 ⇒ 大台ヶ原ドライブウェイ ⇒ 大台ヶ原駐車場

 この方法が今のところ一番早い。たぶん、夜中に走れば3時間程度で駐車場に到着する。しかし、国道169号線は紀ノ川沿いを外れると暗くまたカーブ、直角カーブの連続、結構きつい、事故も多く見ている。
山道の夜間走行経験が無い方は後ろに車がつけば道を譲るのが無難。行けそうだ!は事故の元です。
 また、この時期、大台ヶ原ドライブウェイに入りトンネルを抜けると濃霧!!と言う状況に出会う時が有ります。是に恐れを成し帰られる方が居られるが、是は霧だまり、上が晴れて居る場合も有ります。諦めて引き返さないで下さい。この濃霧の中の車での走行の仕方は、

A 濃霧の中での車の走行 ( 前が霧で真っ白!!何も見えない!!。この様な時は )

@) ヘッドライトを消しフォグランプで走行します。この時の目標は白線。
A) フォグランプでも先が見えない時は、フォグランプを消しスモールランプで走行。
B) スモールランプでも先が白く見えない時は、是も消して懐中電灯で走行します。
※ ヘッドライト上半分にガムテープを貼っても旨く走行できる場合も有ります。

 夜間でも上から降りてくる車があります。前方に光が見えればヘッドライトを点灯し車が有る事を相手に知らせて下さい。

6.●【東大台ヶ原で見られる普段とはちょっと違った美しい自然の風景】

@ 白い太陽: 霧の中に幻惑を受けない白い太陽が現れる。(日の出から霧が晴れるまでの時間)
A 満点の星空: 新月の晴天の夜間、日の出ヶ岳山頂展望台にあがると360度。水平線から上が全て星の状態が見られる。天然のメガスター。(新月以外も十分星は見られるが新月が一番)
B 御来迎: 阿弥陀様のお迎え(ブロッケン現象)、何十回と大台に上って居るが日の出ヶ岳山頂では昨年初めて遭遇。(大蛇倉では霧の日によく確認される)
C 霧氷: 11月半ば以降、夜明け前から夜明け後数十分の天然ショー。(めっちゃ寒い!。)
E 富士山: 日本全国晴天で無いと多分見られません。1年で数度。(日の出ヶ岳山頂・熊野灘展望台(三又辻)・正木峠から)
F 霧の朝焼け: 自分の周り、天空も後ろも全て朝焼けの霧の中の幻想的風景に身を置けます。(日の出ヶ岳山頂・熊野灘展望台)

7.● 【東大台・距離・所要時間】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東大台コース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
駐車場〜日出ヶ岳
2.0km 40分
日出ヶ岳〜正木ヶ原
1.8km 40分
正木ヶ原〜牛石ヶ原
1.3km 30分
牛ヶ原〜大蛇ー
0.7km 15分
大蛇ー〜シオカラ橋
2.0km 40分
シオカラ橋〜山の家
0.9km 20分
山の家〜駐車場
0.5km 10分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東大台コース所要時間
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
駐車場・展望三又辻(熊野灘展望台)・日出ヶ岳(山頂)
 行き50分 行き15分
 帰り40分 帰り15分

展望三又辻(熊野灘展望台)・正木峠
 行き15分
 帰り10分

正木峠・正木ヶ原
 行き10分
 帰り20分

正木ヶ原・尾鷲辻(尾鷲辻〜中道コース:行き帰り45分)
 行き15分
 帰り20分

尾鷲辻・牛石ヶ原
 行き20分
 帰り20分

牛石ヶ原・大蛇倉分岐
 行き5分
 帰り5分

大蛇倉分岐・大蛇倉
 行き15分
 帰り15分

大蛇倉分岐・シオカラ谷吊り橋
 行き30分
 帰り50分

シオカラ谷吊り橋・駐車場
 行き60分
 帰り30分
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎ 駐車場〜日出ヶ岳〜尾鷲辻〜中道〜駐車場コース:2時間45分

◎ 駐車場〜日出ヶ岳〜大蛇倉〜駐車場コース:4時間25分

◎ 駐車場〜大蛇倉〜日出ヶ岳〜駐車場コース:4時間10分(逆周り)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2006年11月30日
今年もあと一日を残す残すのみと成った「大台ヶ原ドライブウエイ」、平成18年11月30日(木)15時00分で閉門である。ま、以降一般人は立ち入らない。また来年の連休前(平成19年04月24日(火)15時00分、冬期通行止め解除)までお預け。

 一年に二百日余り容易に登れる大台ケ原、東大台・西大台には色々な見所が存在する。しかし、一般的に言われる大台ケ原とは日本百名山の日出ヶ岳のある東大台を指す。
 この東大台、小生の今一番の気の休まる場所である。行けば雨であれ、霧であれ、晴天であれ、毎回違った顔を見せて小生に和みをくれる。この場所に毎年多くの同行者を誘って現在までに有に100回以上登った。登ると言っても殆ど平坦な道、所々の階段をクリアすれば一周できる。ただ、雨と気温にさえ注意すれば。何せ、1500mを越す山である。平地に比べ7℃は低い。

 この大台ケ原(東大台)には現在までに何十人と一般の同行者を誘ったが、この何十人の同行者の中で、この山に登って感動しなかった者は小生の知る限り二人しか居ない。一名は殆ど全てを見たと言うのに・・・。この方は女性、何故感動が無かったのか未だ判らないが、おそらく人生に感動を知らない女性の様に思えて成らない。三歳児でも朝日を見て感動して居るのに・・・。
 この大台ケ原で、何でこの様な時に感動するの?と思った人も居る。大阪・高槻のラーメン店、一発屋の店主・富永さんである。濃霧の中を進んで居る時に、「マイナスイオン一杯やー、気持ちいいやーん。」である。有に100回を越す小生には、マイナスイオンは忘れかけて居た衝撃である。

 それでは、この何十人と言う大台ケ原同行者の殆どの方が感動したものは何か、其れは以下の物である。

@ 深夜、日出ヶ岳山頂で見る星空。(駐車場でも確認できるが、山頂は最高。)
A 山又辻(熊野灘展望台)から見る富士山。(日の出前30分程度の時間が一番見える。)
B 山又辻(熊野灘展望台)から見る日の出。
C 日の出後の山又辻(熊野灘展望台)・日出ヶ岳山頂から見る雲海。

 要は、満点の星空・朝日(日の出)・雲海(霧)なのである。上手く行けば富士山も見える。是が一番上手く見えるのは毎年11月なのであるが、春もこの可能性が高い。皆さんも来年はお子さん連れで是非。感動、皆が忘れた言葉が此処で見られる。

※ 是を見るための各種、大台ケ原情報はカテゴリー「大台ケ原」で。

★ 冬期通行止めのお知らせ
1,県道大台ヶ原公園川上線(全線)【大台ヶ原ドライブウエイ】
 自:平成18年11月30日(木)15時00分
 至:平成19年 4月24日(火)15時00分
 ※林道辻堂山線も上記期間通行止

(*^‥^*)」イヨッ


掲載:2006年11月21日
2006年11月18日で小生の今年の大台ケ原行きは終了。本当は再度、霧氷に会いたかったのだが・・・。今年は何回大台ケ原に行ったのだろう。一回、二回、三回、四回、五回、多分、今年は五回。毎年少なく成って行く。なーんか寂しい。

 大台ケ原で出会った星空、今年は二度会えた。何時見ても感動する。この星空、皆さんはどの様な物とお考えだろう。空に満点の星空、是は正直皆さんお会いに成った事があるだろう。それと同じ様な状態なのだが、大台ケ原のそれはちと違う。プラネタリュームをご覧に成った事があるだろうか?。是が自然の状態で見られるのである。空が傘の様にドーム状。天空だけでなく横にも星が見える。是を称して小生は天然のメガスターと呼んでいる。

 このドーム状の星空、当然、天の川も見える。星も大きく見える。流れ星が幾つも見られる。本当に感動以外の何物でもない。小生がこの状態を見たのは、大台ケ原の日出ヶ岳山頂・富士山山頂・乗鞍岳山頂・槍ヶ岳山頂・穂高山頂である。近畿の人間としては、一番簡単にこの状態が見られる場所が大台ケ原の日出ヶ岳山頂なのである。

 皆さんも是非、この満点の星空をご覧下さい。是非、お子さんにも。但し、天気が晴天の場合に限られます。ただ、県道大台ヶ原公園川上線(全線)【大台ヶ原ドライブウエイ】は今年は11月30日(木)15時00分で閉鎖されます。是までに下山する必要があります。来年は平成19年4月24日(火)15時00分から大台ケ原に入れます。是非、計画下さい。

※ 写真は大台ケ原・三又辻展望台(熊野灘展望台)から夜明け前に富士山を望む。(2006年11月18日)

※ ピンポイント天気(大台ケ原)− ウエザーニュース:
 http://weathernews.jp/pinpoint/cgi/search_result.fcgi?service=11&lat=34.1767511111111&lon=136.100725&ameno=64206&name=%c2%e7%c2%e6%a5%f6%b8%b6&pref=64

 (*^‥^*)」 イヨッ



このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。