掲載:2015年08月19日
20150819-01_s.jpg 2015年08月15日(土):Jam Session:HOST:小堀康子(P)・渡部春雄(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7:00〜を聞いて来ました。この日は暑い暑い夏の日、殆ど無風の外気温36℃。

 電車で移動していても体が冷えない。ちとぼーっとする。昼に高槻JKcafeで昼のライブを聞き、とって返し用を済ませ摂津に行った。この様な体温と同じ気温となれば、本当に少し動くだけで疲れるし、脳の働きも殆ど思考停止と思えた。

 この一般的なお盆休みも終盤の土曜日、セッションに何方が参加されるかと思っていたが、思いのほか多くの方が参加されていた。しかも、ピアノが多く4名、殆ど常連の自分の知る方だが、面白い事に何故か何時も偏る。

 当日、ベースとドラムの参加者は無く、リズムセクションはベースホストの渡部春雄さんのみ、最後まで休みなく演奏されていたが長時間の連続演奏には少し難が有る様に思えた。そんな中、久しく小堀康子さんの演奏を聞いた。やはり面白い。

 ピアノ4名、三人三様では無く四人四様、当日の気温のせいも有り、途中から完全に思考停止。後は、ギターリストの岡田さんと伊藤さんの演奏の指使いばかり見て、先週のギターリスト塩本彰さんの指使い自然と比べていた(爆)。

 セッション聴視後、渡辺さんと他の4名で茨木に行き、自分は素麺の夕飯をして帰宅。

    (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2015年08月18日
20150818ー01_s.jpg20150818ー02_s.jpg20150818ー03_s.jpg

 2015年08月15日(土):新田千穂美(Vo)・nea(G)+黒田雅之(Sax)さん高槻JKcafe:PM3〜5を聞いて来ました。高槻JKcafeに行くのは本当に久しぶり、最近高槻に行くのは深夜一発屋のラーメンを食べに行く時ぐらい。この日は一般的にはお盆休みの終盤。

20150818ー04_s.jpg20150818ー05_s.jpg20150818ー06_s.jpg20150818ー07_s.jpg

 このJKcafeの金曜日の夜のライブは鷲尾さんのギター、是も是非聞きたかったが此方は行けなかった。今回のライブ後の夜は押領寺由紀(p)井垣志穂(vo)さんのライブが有ったのだが、是もこの時間の前に用が有ったので失礼した。

20150818ー08_s.jpg20150818ー09_s.jpg20150818ー10_s.jpg20150818ー11_s.jpg

 しかし、この昼のライブに久しく電車に乗ったが、本当に暑く自分の持つ温度計を見れば体温と同じ36℃だった。そう、体温と同じなので汗が出ない!。本当にゆっくりしか歩けない。このお盆には墓参りの際の熱中症で倒れられた方が何人も居られたとか・・・。

20150818ー12_s.jpg20150818ー13_s.jpg20150818ー14_s.jpg20150818ー15_s.jpg

 この日のボーカルさんの新田千穂美さんには初めてお会いした。ライブ前にブログを拝見すると、ピアニスト中山卓志・GONさんとの共演情報が載っていた。GONさんにはもう何年も会ってない。GONさんの名前を拝見するのも本当に久しい。

20150818ー16_s.jpg20150818ー17_s.jpg20150818ー18_s.jpg

 そんな色々な情報を得て、JKcafeのライブに行った。聞きはじめると其処にサックス奏者の黒田雅之さんが現れた。多分参加するだろうと思うと、2セット目から参加された。この黒田雅之のサックスはきょんのセッション聴視では何度もお聞きしているが、ライブとして聞く、其れも歌番のサックスを聞くのは本当に久しく何年振りか。

20150818ー19_s.jpg20150818ー20_s.jpg 結局、1セット目は新田千穂美(Vo)・nea(G)さんお二人のしっとりライブ、2セット目は新田千穂美(Vo)・nea(G)+黒田雅之(Sax)ののりのりライブ、観客からのリクエストにも答えられた楽しい2セットライブだった。

 ライブが10分前に終わったので、自分は「もう終わりですか?未だ10分有りますよ!」とだけ云い、後は皆さんにお任せ、何が聞けても面白いと思えるライブだった。

 そうそう、ひょんな事でとあるボーカリストさんにお聞きしたが、neaさん、関西のボーカルリストは一度は共演したい人気のギターリストさんとの事だった。

 また、新しくお会いした新田千穂美さんに写真掲載許可は頂きましたが、掲載写真の取扱いの事は言わなかったですね、すみません。詳細は以下URLをご覧下さい。

※ 当該ブログ掲載のミュージシャン写真の取り扱いについて:
 http://m-jun.seesaa.net/article/215654873.html

※ 新田千穂美さんブログ:
 http://ameblo.jp/chihomi-n/
※ neaさんブログ:
 http://nealesson.blog63.fc2.com/
※ 黒田雅之さんブログ:
 http://tubax.blog86.fc2.com/

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年08月06日
20150806-01_s_s.jpg20150806-02_s_s.jpg20150806-03_s_s.jpg

 2015年08月01日(土):Jam Session:HOST:堀越加那子(P)・清水邦彦(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7:00〜を聞いて来ました。この日は先週同様暑い暑い夏の日、殆ど無風も同じ、空気が澱んで居る。内環状線もそれほど混まずだったが、新御堂との合流地点で事故処理が有った。タクシーとワゴン車の接触事故。

20150806-04_s_s.jpg20150806-05_s_s.jpg20150806-06_s_s.jpg20150806-07_s_s.jpg
20150806-08_s_s.jpg20150806-09_s_s.jpg20150806-10_s_s.jpg20150806-11_s_s.jpg

 この日、自分ももう少しで転倒大型バイクに乗り上げる所だった。人間はもっと先に居たが、単車がカーブで転倒、壁面に当たり戻って来た物、このカーブは背の高い雑草で先は見えないヘアピンに近いカーブ地点。自分は何時も走る道で最重要注意場所。冬は凍結場所で単車まで後2mで停止して是を回避。暑く成れば、事故も余計多く見かける、皆さんも本当に御注意下さい。

20150806-12_s_s.jpg20150806-13_s_s.jpg20150806-14_s_s.jpg20150806-15_s_s.jpg
20150806-16_s_s.jpg20150806-17_s_s.jpg20150806-18_s_s.jpg20150806-19_s_s.jpg

 その様な暑い日の到着は8時、この時間なので駐車場に開きは無いと思ったが、幸いな事に空きが有った。上手く止めれば後からの方に便利と車の間を抜け、最も奥の駐車位置で無い場所まで頭を突っ込み駐車。

20150806-20_s_s.jpg20150806-21_s_s.jpg20150806-22_s_s.jpg

 車を止め、店に入る。何時もの常連さんに加え珍しい顔、病み上がり。其れに以前JKcafeでお会いしたトランペットの岡本さん、まさか此処のセッションでお見かけするとは思いも寄らなかったギターリストの塩本彰さん、是にはびっくり。

20150806-23_s_s.jpg20150806-24_s_s.jpg20150806-25_s_s.jpg20150806-26_s_s.jpg

 何故かと思えば、当日昼に有った塩本彰さんのWorkshopに行ったギターリストの岡田さんの流れとのこと。此処に此の店のオーナー北本が生きて居られれば、もっと面白かったに違いない。

20150806-27_s_s.jpg20150806-28_s_s.jpg20150806-29_s_s.jpg20150806-30_s_s.jpg

 この日も何時もと違い皆さんの演奏が少し変わり面白い。是が実力をもジャズへの心も、人間への心も兼ね備えた重鎮の居られる演奏の面白さ。

 この日は、何処のライブより面白い皆さんの演奏を聞かせて頂いた。

20150806-31_s_s.jpg20150806-32_s_s.jpg20150806-33_s_s.jpg20150806-34_s_s.jpg

 そして、この塩本彰さんのギター演奏の指使いを何時までも見ていた。何回見ても、ギター演奏の基本の様に見えるギターリスト、この演奏と同じ様な演奏をされるベーシストは、最近此処では少しお見かけしない田代泰之さん。

20150806-35_s_s.jpg20150806-36_s_s.jpg20150806-37_s_s.jpg20150806-38_s_s.jpg

 お若いミュージシャンの皆さん、一度はご覧下さい。このお二人の演奏。

20150806-39_s_s.jpg20150806-40_s_s.jpg20150806-41_s_s.jpg20150806-42_s_s.jpg

 そうそう、この日、ギターリストの佐々木さんはギターを演奏されずドラムのみ、最近ドラムに嵌られている様だ!。

20150806-43_s_s.jpg20150806-44_s_s.jpg20150806-45_s_s.jpg

 終了後の夕飯はやはり高槻一発屋のラーメンの土曜日1日のフルコース(爆)。ただ、帰り高槻から茨木までずっと自分の前に飲酒運転と思しき車、当日高槻では高槻祭りのイベント、車線を割り蛇行するので誰も追い越しも出来ない。車間距離を開け皆が追尾、この様なイベント時、何時も駐車場近辺や裏道で飲酒検問をすれば良いと思うのだが・・・。

※ Guitarist 塩本彰:
 http://saltgt.exblog.jp/14004206/
※ 田代泰之さんブログ:
 http://yasuyukita.exblog.jp/
※ ジャズカフェきょん・セッション&ライブスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年07月30日
20150730-01_s.jpg20150730-02_s.jpg20150730-03_s.jpg

 2015年07月25日(土):Jam Session:HOST:境ちせ子(P)・渡部春雄(B)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7:00〜を聞いて来ました。この日は暑い暑い夏の日、殆ど無風の天神祭。

 この日は天神祭だが、其れに合わせ各地の地元の祭りや盆踊り、イベント等が開かれており、是を見込んだセッション参加者が多いか少ないかの二者択一。

 参加者は少ない方に当たった。でも、こんな時は聞き専には非常に有り難い。殆どがライブ状態、時にはリクエストも出来たりする(爆)。

20150730-04_s.jpg20150730-05_s.jpg20150730-06_s.jpg20150730-07_s.jpg
20150730-08_s.jpg20150730-09_s.jpg20150730-11_s.jpg20150730-12_s.jpg
20150730-13_s.jpg20150730-14_s.jpg20150730-16_s.jpg20150730-15_s.jpg
20150730-17_s.jpg20150730-18_s.jpg20150730-19_s.jpg20150730-20_s.jpg

 当日の参加者は、ホスト2名、参加者2名、聴視者2名の合計6名。参加者は弾き放題。歌い放題。当日、皆が結構乗られて、ホストの休憩時間は全体で10分程度だったと思う。

 こんな時は他の方の邪魔にも成らないので、広角での写真も撮り放題!。

 セッションホストも参加者も何時もの皆さん、技量の方もお墨付き、本当に楽しく色々な曲を聞かせて頂いた。この様な日もたまには有っていい。ただ、お店には嫌な日かも知れない。

 ただ、個人写真を狙っていたら、何時もの最後の記念写真を忘れた(爆)。

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年06月04日
20140604-01_s.jpg20140604-02_s.jpg 2015年05月30日(土):Jam Session:HOST:堀越加那子(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 この日、朝から何時もの三田、昼は何時もの様に友人の所に居た。この日の昼食は餃子に牛丼ミニ、久しくなら是もいい。7時を回りきょんに着き、店内に入ろうとすると店内に常連さんの皆さんが見えたが少し少ない。後から、ベーシストの渡辺さんとギターリストの佐々木さんが来られた。

 でも、今日は少く先ずは面白く、本来のJam Sessionが聴ける。そう、ミュージシャンのお遊びが聴ける。

20140604-03_s.jpg20140604-04_s.jpg20140604-05_s.jpg
20140604-06_s.jpg20140604-07_s.jpg20140604-08_s.jpg
20140604-09_s.jpg20140604-10_s.jpg20140604-11_s.jpg
20140604-12_s.jpg20140604-13_s.jpg20140604-14_s.jpg
20140604-15_s.jpg20140604-16_s.jpg20140604-17_s.jpg
20140604-18_s.jpg20140604-19_s.jpg20140604-20_s.jpg
20140604-21_s.jpg20140604-22_s.jpg20140604-23_s.jpg
20140604-24_s.jpg20140604-25_s.jpg20140604-26_s.jpg

 本日は久しくカメラ本体のみ持参、そうバッテリーを買って貰った。ただ、カメラ本体も少しずつ可笑しく成っている様に思う。そう、ガタが来ている。

 先日見た総レリーズ回数は59,241回、シャッターは持つだろうが、先ずはスイッチの接触が可笑しく、センサーの光学性性能も暗い部分でピントが合わ無い場合が多く成った様に感じる。そう、暗い場面でシャッターが落ちない。

 今日も何時ものメンバー、其々の遊び演奏も面白い。其れも皆さん身に附いている。今回、初めてピアノを弾くと言うギターリストも・・・。でも、上手くてびっくりした。

 何が上手く思ったかと言えば、指が寝てない、小指も音が出ている、左手も休まない、バッキングもきちんと有る。是がシンセのキーを時々叩く方の演奏とは思われない。下手すればピアニストより上手く面白いと皆さんで爆笑。

 そんな真面なお遊びが聴ける、此処きょん、他のセッション会場でもこの様な事が有るだろうが、多くは外れ、面白い!。

20140604-27_s.jpg20140604-28_s.jpg20140604-29_s.jpg20140604-30_s.jpg
20140604-31_s.jpg20140604-32_s.jpg20140604-33_s.jpg20140604-34_s.jpg
20140604-35_s.jpg20140604-36_s.jpg20140604-37_s.jpg20140604-38_s.jpg
20140604-39_s.jpg20140604-40_s.jpg20140604-41_s.jpg20140604-42_s.jpg
20140604-43_s.jpg20140604-44_s.jpg20140604-45_s.jpg20140604-46_s.jpg

 そう、常連さんの演奏を長く聞けば、皆さんの演奏の変化が判る、体調やその日の仕事状態まで。

 そうそう、少し前にネットに谷垣明子さんのプロフィールを見つけました。自分の知る以上の事は無かったですが・・・、ネットに正式に有るので此処に転記。

 ----------
★ プロフィール:【谷垣明子】
・ 京都市生まれ、大阪在住
・ 大阪音楽大学音楽専攻科卒業後、ホテル・イベント等で演奏活動をスタート。その後、ジャズヴォーカルを勉強。大人のジャズを目指してがんばっています。
 ----------

20140604-47_s.jpg20140604-48_s.jpg この日、谷垣さんは車で名古屋往復、そんな方に言われました、

「何?、体調優れない様な顔して入って来て!」
「はい、肩と手は痛いし、足も痛いし・・・、商店街では杖ついたおばーちゃんに追い越されるし・・・。」

 帰り、コンビニで発泡酒500mL3本と満月ポンを買った。

※ ジャズカフェ きょん・セッションスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年03月31日
20140331-01_s.jpg この日、三田の帰り高槻に行った。そう、何時もの土曜日の行動とは違う。この日の予定は昼食には高槻一発屋のラーメン昼食、そして午後3時からは高槻JKcafeのお昼のライブ、そして夕食して午後7時からはJKcafeの夜のライブの聴視。

 この日の高槻・JKcafreの予定表には、

・ 昼: 片岡ゆき(p)飯田一馬(ds)松本雅也(g)近藤哲夫(b)
・ 夜: 前田実(s)Nea(g)大倉甲(b)

 さんと有った。

 そう、以前良く聞いていたライブ聴視パターン。でも、最近は行けずに今回はカメラも無し。そう、バッテリーに完全寿命が来て、未だ買えていません(爆)。大阪の駅に行けば大型カメラ店も有って、多分このバッテリーなら直ぐに有るとは思うのですが・・・。

 でも、大阪を通っても、この辺りの店舗に近寄るのが嫌なのです。何が嫌いかと言えば人混み。大阪に出ても、何時も電車乗り換えの通路のみで目的地の行き帰りのみ。最近は、車以外はドアツードアの人間、車でも同じかも(爆)。

 しかし、三田で買った野菜も車に積んでる。しかも、昼の気温は20℃を超えるとの予想が出ていた。大阪高槻、駐車場はイベントが無い限り近くで何処か開いてるだろうが、野菜を車に積んで置くと言う訳にもいかず、一瞬は高槻遠征を躊躇したのだが、やはり行ってしまった。

 結局野菜はどうしたかと言えば、高槻・一発屋の大将に頼んで、店の裏に保管して貰った。野菜、以前車のトランクに保管してライブ聴視したことが有るが、室内よりは多少ましだが、ネギやニラ等は完全にダメージ、夏など室内に数時間置けば、完全に腐る(爆)。

 しかし、高槻もこの朝の混雑に同様、それで無くても何時も混雑の171号線、う回路を使っても嫌程時間が掛かった。到着は丁度昼食時間、先ずは一発屋でのラーメン昼食。

 何時もラーメンの替え麺だが、今回は其れでは無く久しくラーメン・ライス。そして、暫くして通り反対側の喫茶店・JKcafe、其処で先ずは濃い珈琲!。

 珈琲を飲んで暫くしていると、ミュージシャンの皆さんが集まり出す。この日の昼の皆さんのライブは以前にも聞いた事が有る。自分のライブ聴視、写真を写した物はほぼ殆どブログ記事にしている筈だが、JKcafeの昼のライブ等は以前から写真無しとか、他で聞いたライブも全て記事にしている訳では有りません。

 このブログ、時間の関係で殆どの記事は予約投稿、何時書いても良いような記事ばかり書いてると言う事でしょうか?(爆)。

 その日の記事が既に投稿されて有る時にはやはり、今日のブログはもういいかな成ってしまう。ライブ写真を写させて頂き、初めての方で本人にもブログ掲載の了解を得た場合などはやはり記事の差し替えなどをする場合も有るのですが・・・。

 毎日の記事は、殆どが何処かからかの予約投稿、休日の時間の有る時に何件も記事の投稿。ネタが有って内容が思い浮かぶ事が有り書くだけなら、結構すらすら雑文が書けるのだが、一旦思考停止すれば、全く手が出ない。一般的には、水曜日までにはその週のブログは全て投稿している。

 ライブ記事、予定から完全にライブが行けそうな時、その日のブログは開けて置くとかの対処。写真を撮らせて貰っても、今までSDカードを完全消去してしまったとかの事故も何度も有った。PCの転送後の事故ならSDカード復旧と言う手が有るが、最近は殆どの場合、SDカードでも其処に他の情報が入っていれば完全消去するのでデーター復旧はほぼ不可能。

 そんなミスしたHDDとSDカードが今お友達の所に各1預けて有る。復旧できるかどうかは不明だが、無料でデーター回復と成れば、本当に時間が有り気が向いた時にしか手を付けて貰えないのは当然(爆)、でも仕方ない。

 完全消去ソフトで普通に上書きした程度のHDDなら手を掛ければ、殆ど復旧できると言う恐ろしい現実が有るらしい。その点、SDカードなどはそのデーター場所に上書きして有れば、復旧は難しいらしいが、恐ろしいほど色々なデーターが出て来る事には自分もびっくりした事もしばしば、何故こんなデーターが此処にあるの?と思う事もしばしば。

 自分の様にPCに素人でも、自分のPCのHDDをフリーソフトの復旧ソフトで完全スキャンすれば、完全消去した筈のデーターが出てきたりするのにびっくりしたりする。復旧ソフトが違えれば、完全消去した筈のデーターが出てきたりもする。

 プロはプロ、素人でもそうなので、手法は全く違うし、拾い出せるデーター量も全く違った物だろう。データー保護を必要とする皆さん、本当にご注意下さい。普通の方のデーター保護は全くデーター保護に成っていないと言うのは、その業界のプロの言葉。

 6桁のパスワードなら今の普通のPCで総当たり数時間も掛けず解ける現実、解析ミスでデーター消去が動き出しても、データー復旧で回復出来るとお友達、本当にデーター保護や消去の恐ろしい世界です。一番の安全策は、PCのHDD自体全て完全なデーターの暗号化とか。

 話は戻って、お昼のライブ聴視、

 片岡ゆき(p)・飯田一馬(ds)・松本雅也(g)・近藤哲夫(b)さんのライブ、この4方のライブを聴視するのは是で2度目、やはり同じメンバーで長く続けられると、演奏にも色々と余裕と言う事が出てくるのか、手の内が判ってくるのか、聞いていて面白い事も出てくる。

 そして、お若いミュ―ジシャンも真剣に音楽に取り組んで居られる方は当然、プロの方にこう言ういい方は本当に失礼だが、上手いと言うより心地よい演奏をされる様に成る。この様に、お若いミュージシャンの成長を聞かせて頂くのも本当に面白い。

 お若いミュージシャンでもプロと言われる方は上手いのは当たり前、でもライブ、上手いだけでも面白くは無い。聴視で上手いと思っても、録音して後で聞けば是の此処は可笑しいと思う事も良く有る。そう、ライブ聴視と録音した物を聞くのは全くの別物。其れだけに、ライブ聴視、本当に録音やCDよりも面白い。

 しかし、後で聞いて可笑しいと気が付くと言う物なら、其れを大きく気が付いてダメージと感覚的に思われる方も居られる、やはりミス無くライブ1曲をこなすと言う事は本当に大変な事と思う。

 そして、面白く(上手く)なれば今まで聞こえなかった物も観客に聞こえてくる。其れだけに、ミュージシャンの方は何時までも精進、手を抜けば其れが1音でも大きな曲のダメージにも成ってしまう。でも、皆さん、本当に頑張って居られました。この日のライブ、本当に面白かったです。ご苦労さんでした。何時か、1曲だけでもフリージャズをお願いしたいです(爆)。この面子なら多分出来るし、面白いとも思う。

 そうそう、このドラムの飯田一馬さん、確か気に成って以前もお聞きしたと思うが、今回も聞いてしまいました。師匠は?、聞いて以前も聞いてしまった事を思い出しました。そう、師匠には無い独特な上手さなのです。

 大概の方は師匠に似ているので、なーるほどと思ったりしますが、この飯田一馬さんのドラム、師匠とは全く違った奏法です。でも、何時も気に成ってしまう飯田一馬さんでした。終わって、少しお話させて頂きましたが、是からも頑張って下さい。自分が気に成るドラマー、お若い方では多くは有りません。

 しかし、最近お若い方で頑張って居られる方を多々お見掛けする事が出て来ました。ジャズの世界も捨てた物でも有りません。ただ、以前からも同様ですが、貴方いい気に成っていませんか?、音楽を好きなら本当にもう少しやり方が有るだろうと思う方が居られるのは何時も。

 上手いだけの人間は、自分だけ上手いと思っているだけ、上手い人間など隠れた所に幾らでも居らます。上手いだけでもプロでは無く、本当にジャズが好きなら、出来る事は幾らでも有ります。

 そうそう、JKcafeで本当に久しく珍しい方にお会いした。ドラマーの山名正和さん、中島直ファミリーのドラマーさんでもある。京都のドラマー山口幸雄さんと同い歳で同じ時にボーやをしていた方でもあり、今使われているスネアは山口幸雄さんが若気の至りで2万円で手放した物と言う面白い話もある(爆)。当日、高槻のホールで練習だったとか。

 そんな面白いお昼のライブ聴視をしてライブは終了、しかし体調急変、急変が何かと言えば、肩痛と腰痛。動くのも辛く成った。車なので帰るに帰れず、車を置いて帰るのにも帰れない状態に成った。

 原因は何かと言えば、気温の急変。この日、早朝三田で4℃、当然ストーブに当たっていたが・・・。そして、昼には気温は20℃超え、気温の急変に体が附いて行きませんでした。腰痛持ちはかないません。

 この様な状態の時はカイロが必要、其処で一発屋にカイロが無いか聞きに行った。しかしカイロは無く、其処で一発屋の大将にカイロを手配して貰えた。高槻の温泉はどう?と言って頂いたが、この様な時に風呂で全体を暖めれば完全ダウンの可能性。

 結局、カイロを腰・背中・肩と3個貼って、何とか回復と思ったら、今度はその痛みが前に回って来た。結局、お腹の部分にもカイロを貼って治まるのを待った。

 そんな事をしていると、JKcafの午後7時からの夜のライブ、腰痛が中途半端なら多分帰宅していて聞けなかったと思う。

 夜のライブは、予定表では、前田実(s)Nea(g)大倉甲(b)さんと有ったが、スタートして見れば、前田実(s)Nea(g)さんのDUOだった。

 自分が気に成ったのは、Nea(g)さんの演奏されるギター、あのアコーステックギターのあの窓が無い。自分が知っている同様のギターは、腕が無くば演奏しきれないほどのギター。後でNea さんに聞けば、其れとは違うらしいが、自分が聞いた感じは同様なギターだった。

 しかも、サックスとギターのDUO、面白いか全く面白く無いかの何れかが速攻判ると言う演奏形態(爆)。背中痛いし、肩は痛いし、顔をしかめながら面白く聞かせて頂いた。そして、演奏された曲もマニアック、自分は面白いが、普通には難解かも知れなかった。

 でも面白く、ギターのNea さんは初めて聞かせて頂く方だったし、前田実さんは相当に以前、このJKcafeか何処かで一度拝聴した事がある程度の方だったが、2ステ目にリクエストさせて頂いた。

 その他に選択された曲の中にもスタンダードも入り、一般的にも判りやすい曲も入り。一般的にはマニアックと言われる曲も織り交ぜ演奏された。掴みは完璧、演奏も完璧、久しく夜のJKcafeがライブ会場では無く、コンサート会場に成るのを見ました。そう、是が出会いのライブ聴視の面白さ。本当に、出会い、面白い。

 演奏が終了して腰痛も何とか落ち着いて来たので、少しお二人と面白く雑談させて頂いた。この日、ベースが無かったが、ベースが入ればまたどうなるのかと思ったり、入らないこのままも面白いかもと思ったり。

 このお二人の演奏が萱嶋・OTO屋でマスターが居られれば面白いと思ってみたり、フリーが聞きたいと思ってみたり、色々と面白いお話をさせて頂いた。それほど、色々な事が次々と考えに出て来る程のお二人の演奏だった。

 自分の中では、未だベースの入った演奏を聴いていないので其れは判らないが、先ずはお二人だけのこの日の演奏は、昨年一番の衝撃の演奏だった【STYLE】に匹敵の演奏だった。お疲れさんでした!。また縁有れば。

 そうそう、このギターのNea さん、来月4月10日(金)、だったか(聞いたが失念。鷲尾一夫さんHPにて再確認。)

 此処JKcafeでギターDUO、相方は、鷲尾一夫さんとか、時間有れば是非聞きたいが・・・。是も時間が合えば・・・。

 お二人とも個別に演奏を聞いているので、ライブの大凡の予想は附きます。い〜いライブです、お時間が有るジャズギター好きな方は是非!。ギターDUO、難しい物ですが、お二人なら間違いは有りません。聞いて納得のDUOです!。

 此処は普通の喫茶店、普段小さな子供さんが居てジャズが聞けない方も、お子さん連れで是非に!。ジャスが子連れで聞けるのも此処ならではです。この日は、絶対にお勧め!。赤ちゃんもOKです!。お茶してチップでジャズが聞けます!。赤ちゃんが泣けば、お二人の演奏が悪いのです。お二人の演奏なら、多分夜泣きも有りません(爆)。

 お若いジャズギターリストも是非に聴視に、絶対に勉強に成る事が有ります。其れは、素人聴視者の小生が保障、二人から得る所が無ければ、貴方の勉強の仕方が間違いです(爆)。

 お若いミュージシャンの貴方にも、縁あれば何処かでお会いしましょう!。

 ----------
【追記】:

 この様な面白い演奏をされるお二人なら、ネットの検索に掛かるだろうと掛けてみました。出て来ました、プロフィール。

 ----------
★【Profile】nea : Guitarist:

 幼少よりクラシックピアノ、15歳よりロックギターを中野重夫氏に、後にジャズギターを布川俊樹氏に師事。19歳で上京後、R&Rバンド「ルシール」にてデビュー。その後バックバンド/セッションギタリストとして、また作/編曲家として数々のCM、ゲーム音楽も手がける。代表作に「飛龍の拳」(任天堂)その他。30代よりジャズギタリストとして活動。渋谷毅、さがゆき、石井彰、布川俊樹、坂田稔、Hi Tide Harris、村上聖をはじめ数々のトッププロと共演。また並行して、専門学校や音楽スクールの講師として後進を指導。2007年より活動拠点を大阪に移し「nea Guitar School」を主宰。現在は自身のライブ活動のほか、ラジオ番組(ならどっとFM「Jazz Up!」/第1水曜日16:30〜)のパーソナリティ等の活動も。1970年生れ、三重県出身、O型。

※ nea Guitar School:
 http://neaguitar.blog43.fc2.com/
※ ライブスケジュール:
 http://nealesson.blog63.fc2.com/
・Facebook http://www.facebook.com/neajazz
・Twitter https://twitter.com/#!/neajazz

 ----------
★ 前田実さん(As)プロフィール:

兵庫県 淡路島生まれ
乙女座、AB型 天然パーマ
15歳よりサックスを手にとる。
ポップ、ダンスミュージックからジャズ、即興演奏まで、ボーダーレスに演奏活動を行っている。
アルトサックスとバリトンサックスで自己のグループや、芸術集団メロンオールスターズ等で演奏。

※ サックス奏者前田実のブログ(現在更新停止中):
 http://blog.livedoor.jp/joe_konitz/

 ----------

※【STYLE】・井上智士(b.sax)・塩入基弘(ds)の音楽とは!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/407083079.html
※ JK茨木・高槻JKcafe等のライブ情報はfacebookで見られます:
 http://m-jun.seesaa.net/article/257471368.html
※ 鷲尾一夫さんHP:
 http://jazzpanda.main.jp/wp/
※ 高谷直子(Fl)・鷲尾一夫(G)・渡部春雄(B) in JKcafe:
 http://m-jun.seesaa.net/article/408106708.html

    m(*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2015年01月19日
20150118-01_s.jpg20150118-02_s.jpg 2014年11月29日(土):Jam Session:HOST:山田静香(P)・渡部春雄(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 この日、朝から何時もの三田、昼は何時もの様に友人の所に居た。この日の昼食はトンカツ、久しくなら是もいい。7時を回りきょんに着き、店内に入ろうとすると店内に山口幸雄さんが見えた。今日は先ず面白い。

 店内に入りカウンターに席を確保、先ずは何時もの注文をして音楽を聴いた。山田静香さん、此処では初めてだが、ライブ案内ではお名前は良くお見掛けする。そして、其処に心地よいドラム音が聞こえて来た。嫌味な音が一音も無い。何方の演奏かと思えば、いぬいいくじさん。

20150118-03_s.jpg この日は本当に面白い演奏が聴けると思えば、やはりその通りだった。自分は、このドラムのお二人の競演、ツインドラムが是非に聞きたいと思っている。何処かで是非実現したいとは思うのだが、最近は本当にパワーが無い。歳なのだろう。

 お二人共、この日の演奏は面白い。全く違いの有るお二人の演奏なのだが、共に本当に心地よい。お二人共、共にお互いの演奏に聞き入り、拍手を送られていた。

 この日の皆さんの演奏も本当に面白かった。このお二人のドラムに下手は出来ないと思われる様な気負いも無く、何時もの演奏なのでそうなのだろう。お若いプロを目指すドラマーには是非お聞き頂きたいと思うお二人でも有る。

20150118-04_s.jpg いぬいいくじさんはまだ充分な現役年代だが、ミュージシャンに定年は無いが、山口さんの体力維持というか音楽性の維持と体力維持には何時もびっくりする。練習は毎日、音出しはスタジオで週一と言う。

 お若い人でも、此処までの方は中々いない。

 この日、ピアノの横にピアノ板が立てかけて有り、ピアノの方の写真は撮れる環境には無かった。でも、この日の皆さんの演奏、ライブ聞いているより面白かった。この様な、誰もが気負いの無い演奏、是が本当のセッションと言う物なのだろう。そう思えたこの日のきょんだった。

20150118-05_s.jpg そうそう、この日のフライヤーを写すと横に1月31日のライブフライヤーが張って有った。レンズを通し見ると知る顔のギターリストとベーシスト、何とドラムはいぬいさん。時間が合えば是非来なければ。そう、バンドの皆さんの手の内は判っている(爆)。その期待を外す演奏が聞ければ面白い。

 一度もお聞きした事が無いのは、ボーカルさんのみ。いぬいさんに面白いボーカルですか?とお聞きした。プロなので上手くて当たり前、ジャズのライブは音楽的に面白く無ければ。

 ★1月31日 土曜19時〜 きょんライブ
 飯島ももこ(vo)大石麻維子(pf)井野アキヲ(gt)芝田奨(b)乾幾二(dr)ミュージックチャージ 2000円

※ 山田静香さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/sizuka88-pt
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ いぬいいくじさんHP:
 http://www.inuis.net/
※ 井野アキヲさんブログ:
 http://ameblo.jp/akiooakioo/
※ 芝田奨さんブログ:
 http://ameblo.jp/cocodrie13/
※ ジャズカフェ きょん・セッションスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年12月04日
20141204-01_s.jpg20141204-02_s.jpg 2014年11月27日(木):生島大輔(P)・稲船朋美(B)・塩入基弘(D)さん:高槻JKcafe:PM7〜9を聞いてきました。やはり11月も終盤、夜間の空気も冷える様に成ったが未だ温かい。

 そんなこの日は高槻一発屋の年一回の限定ラーメンの2日間の最後の日、JKcafeの予定を見れば塩入基弘さんのドラム記載が有った。ベースは先日も塩入さんとお会いした京都の女性ベーシスト稲船朋美さん、そんな事で一発屋の限定ラーメンの前に時間が間に合えばJKcafeでライブを聞いてからの限定ラーメンとした。

 しかし、この話の日付が前後している様に、この11月27日(木)はリュウマチで左手・左足が痛くブログもお休みの期間。電車に乗って行ったが、左手は吊革を持つのも辛く立っているのも辛かった。大阪から大凡電車で30分、正直何れも同じだが自分の体調の悪い時に音楽を聞いても楽しさは程ほど。何れも体調のいい時に聞く物とは全く異なるのだろう。

 何れの事も健康が大切と言う事が良く判るライブ聴視だった。カメラを持っていたので記念写真だけ取らせて頂いた。

 今日、このブログを記載していても未だリュウマチは一向に完治に向かわず、しかもこの年一番の寒波、室温も今年初めて10℃を切った。当分、このリュウマチ、直りそうに無い。

※ 生島大輔さんHP:
 http://daisukeikushima.com/
※ 塩入基弘さんブログ:
 http://motorhero.exblog.jp/

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2014年12月03日
20141203-01_s.jpg20141203-02_s.jpg 2014年11月29日(土):Jam Session:HOST:葭葉愛子(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 この日、土曜日、未だリュウマチがもう一つだったのだが早朝から何時もの様に三田の路地野菜の買い出しに行った。体の左は重痛いのだが動かいと余計に動かない、其処で少し無理をして三田に出向いた。

 三田に行けば気分も晴れるし、痛いが何か普通の様な気分にも成る(爆)。そんな事で夜、摂津きょんに行った。何時もの様に混んでいるかと思ったが、この日は余りの混みは無く順調に行ったつもりだが到着は既に午後8時を過ぎていた。

 過ぎれば駐車場は満杯かと思って駐車場に車を入れ掛けたがやはり入れず。見れば、先の一台を少し動かして貰えば何とか入りそう。其処で、店に居られたミュージシャンにお願いして少し車を前に、其れで何とか車を駐車場に車を入れ店に。

 今日のホスト・ピアノは葭葉愛子さん、多分此処では初めてお見かけすると思う。この方のピアノ、一番最初に聞いた時にも言わせて貰った覚えが有るが、何とも男っぽい。そんなピアノを1曲聞いた。

 そんな自分は何時も殆どカウンターに座るが、そんな横は最近良くお見かけするボーカリストさんだった。最近良くお話しさせて頂く様に成ったが、最近のボーカリストさん、何方も結構歌う姿勢が悪い。其れが本当に目立つ。

 自分が写真を写していて学んだ事は多く有る。そんな一つのボーカリストの要件の一つは歌う姿勢とマイク使い。其れが本当に下手と感じる。何れも自己流と言う事なのだろうが、ボーカリストは先ず体作りから、其れが自分の持論。下手ならマイクを殆ど使わない方が絶対に上手いと思う方が多々居られるのも確かなこと。

 マイクを使い下手を打っている。何も大声で歌う必要も無い。何の為のマイクかと思う事も多々有る。そんな事を習われた方は、とにかく声の通りが違う。此処で最初からお会いするボーカリストさんに聞いて見た。

20141203-03_s.jpg20141203-04_s.jpg20141203-05_s.jpg20141203-06_s.jpg

「何故、マイクを殆ど使わないのですか?」
「マイクの使い方を知らないからです」

 最近のボーカリストさんに以前聞いた話による、習いに行けば最初からマイクを使い練習をするらしい。是、自分には本当に判らない。マイク使いを知らない方がマイクを使うなら、一番使いやすい易い方法は「東海林太郎」さんの姿勢。

 写真を撮っていて最終的に解ったが、故・東海林太郎さんのあの姿勢、必要からああ成った。直立不動、判れば本当に納得する。そう、昔は皆、マイクは固定だった。

 そんな事で、今回ボーカリストさんに姿勢を正し、出来るだけマイクを使わないで歌って頂いた。見事に声は通るし、明らかに上手い。そう、マイク無しなら姿勢を正さないと声が通らない。

20141203-07_s.jpg20141203-08_s.jpg20141203-09_s.jpg20141203-10_s.jpg

「次は何を歌うかな?、歌う物が無い」と言われるボーカリストさん、
「なら、歌えるか歌えないか判らないが、自分が好きな曲」と言った。

 この曲を歌われた。是で自分には判る事が有る。其れを聞いて見たが、やはり合っていた。ジャス、本当に面白い。

 この日、本来はギターリストさんなのだが何時もベースにドラムに好きに演奏をこなすミュージシャン、ベースは此処だけと言われるが絶対に嘘。この日、ベースの小さな手の内が音として飛んで来てびっくりした。

 プロでもこの事が音として飛んで来ない人が一杯と言うのに・・・。是が明確に見て聞こえるベーシストは田代泰之さん。この田代泰之さんのベースを写真に写していて判った事は、ベースは「押さえ・弾き・タイミング」。

 この日、毎回の様に写真を撮ろうとカメラを持参したが、1枚写して拡大すれば写った文字もボケ、数枚取って諦めた。左手・側が駄目ならカメラが固定されずに傾くしボケるし、そんな事でこの日は記念写真も無し。多分、写せば皆さんの目が皆ボケてる。期待した方、ごめんなさい。またの機会に。

 でも、最近のこのきょん、女子率高いです(爆)。何方かが言われていたらしいが、レベルも高いらしい。レベル、自分思うに何も音楽性だけの事では無い。

※ JAZZ(ジャズ)ボーカリスト(Vo)の必須条件(必要条件)?
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816232.html
※ JAZZ・「表現力」
 http://m-jun.seesaa.net/article/141155558.html?from_sp
※ JAZZ・「100回目の言いたい放題」
 http://m-jun.seesaa.net/article/141218318.html
※ JAZZ・「ジャズボーカリスト・プロとアマの違いとは・・・」
 http://m-jun.seesaa.net/article/157003121.html
※ JAZZ・「ジャズボーカリスト・小柳淳子さんの秘密」
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816852.html
※ JAZZ・「小柳エリコさん巨大化の秘密」
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816307.html
※ JAZZ・「小河畑まむちん千鶴子さんの歌うために出来ること」
 http://m-jun.seesaa.net/article/203853327.html

※ ジャズカフェ きょんHP:(表紙スケジュールは変更されていません):
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html
※ ジャズカフェ きょん・セッションスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2014年11月18日
20141118-01.jpg20141118-02.jpg 2014年11月15日(土):Jam Session:HOST:優季(Or)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 当日、頑張って早朝三田に行った。今週の夜明け前の三田気温は-1℃だった。昼間大阪の気温は18℃、夜の大阪の気温は15℃程度。最近の気温差のため、毎日本当に疲れる。風邪も流行って来ている。

20141118-03.jpg20141118-04.jpg そんな土曜日、外環状の込み具合は本当に何時も判らない。この日は何も無いので混まないと思っても予想が外れる場合が多々有る。この道路、予想できると言う事は先ずない。この日は、時間が有れば色々な場所でライブが行なわれていた。

 外環状、この日はやはり混んでいた。混み具合の予想は千里中央近辺、万博外周道路分岐、JR高架までの込み具合で大凡の想定は附くが、抜け道が無い分、全くの時間が読めない。

20141118-05.jpg20141118-06.jpg20141118-07.jpg20141118-08.jpg

 この日、摂津きょんには早く附けると思ったのだが到着は8時過ぎ、其処には本当にお若いオルガン奏者が演奏をされていた。予定表にはオルガン優季さんとあったが、聞けば優季さんのお弟子さんと言う事だった。

 オルガン、普通のオルガンかと思えば、何と久しくのハモンドオルガン、しかし自分の知るハモンドオルガンはもっとアナログ的な鍵盤とは別の箱が必要な物だったが、是は鍵盤のみの物だった。是はどれがどうなのか、自分には判らないが音が少し違う様には感じた。

20141118-09.jpg20141118-10.jpg そして、このお若いお弟子さん、優季さんから年齢を聞いてびっくりした。聞けば、皆でこの様に演奏するのが好きだとのこと、この親子以上に年齢の違う奏者と臆する事無く演奏出来ると言う度胸、この度胸にはびっくりした。

 自分で練習出来ることとセッションで練習出来る事は全く違う。

20141118-11.jpg20141118-12.jpg20141118-13.jpg20141118-14.jpg
20141118-15.jpg20141118-16.jpg20141118-17.jpg20141118-18.jpg
20141118-19.jpg20141118-20.jpg20141118-21.jpg20141118-22.jpg

 そして、このお弟子さん、色々と共演に必要な事を知り、其れを実現しようとしている事にもびっくりした。そう、この様な年齢では真似は出来ても実際に是をした人間を自分は見た事が無い。大概は真似た独走のみ。

 この年齢なので完璧だとは決して言えないが、それらは是からの精進で附いて来るだろう。この年齢で其れを知り出来る、やろうとすることは本当に素晴らしい。二十歳にでも成られれば、今以上に素晴らしいオルガン奏者に成られている事だろう。

20141118-23.jpg20141118-24.jpg そう、多分師匠の教え方が他に異なると言う事だろうが、そんな師匠に昔の市川さんの一端を見た感じがしたが・・・。

 そんなこの日、歌う声を聞けば地声が割れるボーカリストさん、理由を聞けば喉に良性のポリープが有るとのこと。ポリープでこの様になるらしい。アンプで音が割れると言う事は良くあるが、地声が割れるとは以前から怪訝に思っていた。

20141118-25.jpg20141118-26.jpg20141118-27.jpg20141118-28.jpg
20141118-29.jpg20141118-30.jpg20141118-31.jpg20141118-32.jpg
20141118-33.jpg20141118-34.jpg20141118-35.jpg20141118-36.jpg

20141118-37.jpg20141118-38.jpg そして、今回姿勢を正しただけで声の伸びが全く違ったボーカリストさん、是にもびっくり。当たり前と言えば当たり前の事なのだが、効果にびっくり。何れの事もこの日の写真にも写っている。

 この日、記念写真を写して気が付いたが、今までに無い女子率。

★ 写真の順序は、最上段ホスト2名の写真を除き撮影順。

※ 優季の音楽寄席/ウェブリブログ:
 http://12378912.at.webry.info/

※ 当該ブログ掲載のミュージシャン写真の取り扱いについて:
 http://m-jun.seesaa.net/article/215654873.html
※ ジャズカフェ きょんHP:(表紙スケジュールは変更されていません):
 http://www.hcn.zaq.ne.jp/live/jazzcafekyon1.html
※ ジャズカフェ きょん・セッションスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。