掲載:2016年10月29日
20161029-01_s.jpg20161029-02_s.jpg20161029-03_s.jpg

 2016年10月22日(土):Jam Session:HOST:河村孝彦(P)・渡部春雄(B):Jazz Cafe きょん:PM7時〜を聞いて来ました。セッションの聴視、此処JAZZ Cafe・きょんで聞き始めて他のセッションを本当に聞きに行かなくなった。

 何故かと言えば、技量の上手い下手より、良きったミュージシャンやギターや楽器自慢の方が多かったのです。その時のギターの多くはギブソン・一金100万円(爆)。

 此処きょんのセッション聴視は今は亡き・きょんオーナーのギターリスト・北本誠さんのお考えから無料、ドリンク代のみ。是を生前の北本さんに聞かれたミュージシャンが居られたが、

「皆のへったな演奏を聞いて貰うのにお金が取れるかえ!?」だった(爆)。

 しかも、北本さんは自分にも増して「ボーカリスト」にはきつかった。自分もそうだが、一番嫌いだったボーカルが、喉声。

 何故是を書いたかと言えば、此処数ヶ月前から、ほぼ毎日自分のブログに検索から来られる閲覧者の方の検索フレーズが「ジャズボーカリスト・下手」が必ず一件は有る。今までは時たま有る検索フレーズだったのだが・・・。

 今迄は、例えば高槻ジャズストリートの後、とか大きなイベントの後には有った「検索フレーズ」だったのだが、此処最近は違い、本当にほぼ毎日このフレーズが見える。其処で色々書いた最近のカテゴリーJAZZ・「・・・」シリーズの内容だったのだが・・・。

 ま、其れはそれ、せっかくライブに来られたお客さんに、後でこの様な検索フレーズでネット検索されない様にジャズボーカリストの皆さんは鋭意努力下さい。

 なら、何故「ジャズミュージシャン・下手」と成らないのか、其れは簡単です。素人には音楽演奏は良く分からないから。でも少しは有ります。イベント後に「素人ミュージシャン・下手」の検索フレーズが・・・。

 聴視者の方もライブに行かれ失敗しないためには、情報が大切です。

 ただ、物には初めが有ります。ミュージシャンにも初心者も居られるし、御大も居られる。何を聞けば自分が楽しく感じられ、良いライブだったと思えるのか、其れを自分自身明確にして置くことも大切です。

 上手い・素晴らしいライブをお聞きに成りたければ、今は便利な時代です。ユーチューブにメインストリームの御大ライブから初心者のライブまで上がっています。何もライブに足を運ばなくても是で事足ります。

 是を書いている今も、自分のこのPCにはユーチューブ・クリームのライブが流れています。

 さて本題のセッション、当日は先日と変わり新月でも無く満月でも無く・・・、この日久しくのホストは、河村孝彦(P)・渡部春雄(B)の両名、皆勤賞はギターリストの岡田さん、その他の皆さんは常連さんだが久しくお顔を見た方々、ギター・ピアノ・ドラムが何名も居られた。

 京都から遠征の御大ドラマー・山口幸雄さんの姿も、神戸で昼セッション参加の後のきょんセッション参加の方など色々。

 この日、居られなかったのはボーカルとベース。何時もギターの佐々木さん、この日はドラムでした。そんな佐々木さんに、ニューヨークジャズの感じでは無く、シカゴジャズの雰囲気を聞きました。

 そう、今は便利な時代、アメリカの検索で探せば、ジャズの生ライブが聞けたりもします。ただ、日本の深夜中ですが・・・。探し方は、ジャズ・ライブハウス。

 この日は土曜日、参加者の岡田さんから明日のライブのお誘い、自分はもしも行けない事が有るかも知れないので、今迄ライブのお誘いには何方にも約束した事は有りません。

 それらしき約束「行けたら行く」の返答の方は100%来ないとは、この日の話題。なので、この様な返答も自分は極力しない。

※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ ジャズカフェきょんスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2016年10月20日
20161020-01_s.jpg20161020-02_s.jpg20161020-03_s.jpg

 2016年10月15日(土):Jam Session:HOST:長沼涼子(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 先々週きょんに来た時の10月01日(土)は新月、この日も来る前に月齢を確認すると、なんと満月一日前、内環状茨木向きの目の前に満月に近い月が有った。

 何を気にしたかと言えば、ミュージシャンの来店数、少ないかと思えばその通りだった。ミュージシャンは演奏し放題(爆)。結果的に観客と演奏者は同数だった。

 この日の観客で来られたご婦人、此処きょんで、演奏者のご婦人と20年ぶりの再会とか、其れも自然に打ち合わせも無くらしい。満月の夜にはやはり何かが起こるのかも。

 そうそう、3枚目の写真は、スマホカメラアプリに最初から有った”一眼レフの様に背景をぼかす”。何なんだ是は、こんなのに成るんだ!。おもちゃですね、本物には使えません。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年10月06日
20161006-01_s.jpg20161006-02_s.jpg20161006-03_s.jpg

 2016年10月01日(土):Jam Session:平倉初音(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

 最近、ライブ記事のブログ更新が無いね?とお友達に言われるが、単に最近腰痛でカメラを持参しないので、ネタに成らないだけ(爆)。ライブやセッションは何時もの様に聴視しています。ただ、又も少し聴視が少なく成ったかも。

 当日、駐車場に車を止め、何方が来られているか見えない時点でドラムが何方か分かった。自分の入店時のドラマーはいぬいいくじさん、聞かれた方はお判りと思うが、締り有るい〜いドラムを叩かれる。

 この日の昼はボーカルセッションでボーカルのみが集まられていたらしいが、夜のセッション参加者は何とドラマーのみ。しかも、この日は新月で集まりは少ないと予想したがその通り。何故かこの摂津きょん、日により参加者の偏りが多く、ギターならギターのみとか・・・(爆)。

 天気も天気、暑く雲が低く、しかも新月。そして、今月は新月が1ヶ月に2回有る珍しい月、2回目の新月を「ブラックムーン」と言うらしい。因みに満月が2回有り、2回目の満月は「ブルームーン」と言う。

20161006-04_s.jpg20161006-05_s.jpg20161006-06_s.jpg

 そんな新月の夜、先ずはいぬいさんが何時もより必死のドラム演奏、後の皆さんも同様だった。何故かと言えば、この日のホストピアノ・平倉初音さんが元気元気、お若く若干17歳の高校生ホスト。

 聞けば、高校卒業後の進路は既に決定していて、あのバークリーに入学が決まっているらしい。しかもバークリーの奨学金。

 音を聞いていれば、某女性ピアニストを思わせるが、共に未だお若い。そう、お若い音を出される。しかし、末恐ろしい。何故若いのにJAZZとお聞きすれば、お父さんがベーシストとか。

 現在の演奏を聴視すれば、汗を出し演奏に一所懸命、JAZZが如何に好きかも音に成って聞こえて来る。頑張って下さい。

 この日のドラマーさん1名がお子さんずれ、お歳は聞かなかったが多分3歳程度、「帰ろ」とも言わずにお父さんに付き合っていた。しかも、お父さんの演奏の時はお父さんの足元、煩い場所で左手で全拍のリズムを取っていた。このお子さんも末恐ろしい(爆)。

 そうそう、この平倉初音(P)さんの初ライブは14歳、その様子はユーチューブに、バークリーでのセッションの様子も有る。バークリーのテスト?、簡単だったとか(爆)。

※ HatsuAtsu(JazzContainerInBrownie) there is no greater love.m2ts(14歳):
 https://www.youtube.com/watch?v=S8E2HwX9rf4
※ 5 week piano performance recital(17歳):
 https://www.youtube.com/watch?v=_ukWG3uyu3Y

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年08月23日
20160823-01_s.jpg 2016年08月18日(木)Jam Session:HOST:中林藍子(P)・芝田奨(B)in JAZZ Cafe・きょん:本当に久しく木曜日のセッション聴視に行った。行った時間も時間、着いた時間も時間、でもいい自分好みの柴田奨さんのベース音を聞いて満足。しかも、ドラムはいぬいいくじさん。

 この柴田奨さんに初めてお会いした時に自分が初めて柴田さんに言葉した言葉は、「貴方のベース、いい音がするなー」。それから既に10年以上が経過していると思う。

 そして、昨年自分の好みの音が出るベースを再び見つけた。そのベースをお持ちの方は、ベーシスト中島教秀さん。

 面白い事に、この柴田奨さんお持ちのベースの日本での出里は何と中島教秀さんだった。今回聞いても殆ど同じだろうと思われる音がした。ただ、現在中島教秀さんがお持ちのベース音は柴田さんのベースよりもう少し音の厚み感じた気がするが、この様に離れて演奏される分には殆ど同じに自分には聞こえる。

 自分は知る由も無かったが、柴田さんはこのベースの出里を中島さんとお知りだった様で、アメリカ人の演奏家が日本に持ち込み、其れを中島教秀さんが手持ちのベースと交換入手、鳴る様にして暫く使われていた。其処で現在のベースを入手したので、某ベース奏者(お名前も判明している)に譲られた。

 その方も新しいベースを購入、このベースを楽器屋に販売、それを柴田奨さんが購入。

 自分の好みの音が出る楽器と言う事も有るが、柴田奨さんが購入した価格はこの音からすれば多分安いと自分は思う。でも、それも10年以上前の話、本当は何年に成るのだろう。

 このベース、既に製造から100年以上、木も枯れて少々の湿度変化に音も変化しない、い〜いベースです。

※ しばたしょうさんのブログ:
 http://ameblo.jp/cocodrie13/
※ 宮川純子(Vo)・清水武志(P)・中島教秀(B)in JKcafe:
 http://m-jun.seesaa.net/article/431764881.html
※ ジャズカフェきょん セッション情報:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年08月19日
20160819-01_s.jpg20160819-02_s.jpg 2016年08月13日(土):あかぎしほ(P)・松本広大(G)さん:高槻JKcafe:19:00〜21:00を聞いて来ました。

 あかぎしほさんのライブと言うか、音を聞くのは本当に久しい。其れも、ギターとのDUO、如何なる物かと興味津々。あかぎしほさんのギターとのDUO、昨年末にあかぎしほ・荻野やすよしさんのDUOを聞いたが、今回は如何なる物かと。

 演奏前のMCで、今日は全曲お二人のオリジナル曲との紹介、演奏はオリジナル曲を交互に演奏、当初如何なる様に合わすのと思ったが、全編合った気がした。

 しかし、詳細を聞けば、あかぎしほさんの曲は和物、松本広大さんの曲は洋物の感じが見えた。お二人のオリジナル曲、色が見え、景色が見え、起承転結が有る。見えそうで見えない曲では無い所が本当に素晴らしく、昼から待って聞いた値打ちは充分。

 ライブで全曲オリジナルと言うのも中々無いものだが、全て納得できるというライブも中々無い。あかぎしほさんの演奏、何時も観客を裏切らない。

 自分のお友達の女性に言わせれば、あかぎさんの演奏は何時も情熱的でドラマティック、そして繊細で緻密、同性からしても惚れてしまう演奏らしい(爆)。

※ あかぎしほ・Shiho Akagi『一日、一日』:
 http://akagishiho.com/
※ ギタリスト 松本広大のブログ:
 http://ameblo.jp/koudaigt/
※ あかぎしほ(P)・荻野やすよし(G) in 高槻JKcafe:
 http://m-jun.seesaa.net/article/430376912.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年08月18日
20160818-01_s.jpg20160818-02_s.jpg この日は世の中盆休み、お友達も盆休み、この日は一日高槻で過ごそうと先ずは昼食の一発屋のラーメンでの昼食、その後にJKcafeのコーヒー、時間を待って生島裕文(P)・廣田昌世(B)・田辺保彦(D)さんのライブを聞いた。

 生島裕文(P)さんと田辺保彦(D)さんのピアノとドラムは摂津きょんのセッションで良くお聞きするが、廣田昌世(B)さんのベースは本当に久しい。

 ただ、セッションはセッションの面白さ、ライブはライブの面白さが有る。この三人三様のパワー、ぶつかれば如何なる物かも興味が有った。

 流石と言えば流石、あの何時ものパワーで2セットを難なく熟された。最近、歳を経たミュージシャンと言う言葉と内容には何か有ると口にするが、やはりミュージシャンの皆さんは本当に元気。

※ 生島裕文のブログ - Yahoo!ブログ:
 http://blogs.yahoo.co.jp/ikushimahiro
※ Bassist 廣田昌世の大へや:
 http://home.att.ne.jp/gamma/dragonmasayo/

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年02月26日
20160226-01.jpg20160226-02.jpg20160226-03.jpg

 2016年02月19日(金):麻生優佳(Vo)・伊藤邦雄(G)・渡部春雄(B)・山口幸雄(D)さん:茨木 vaughan:PM8時〜を聴いて来ました。この麻生さんのボーン・ライブ、茨木 vaughanの毎月第3金曜日の恒例ライブ、到着はPM8時半を回り、既に演奏は始まっていた。

20160226-04.jpg20160226-05.jpg20160226-06.jpg20160226-07.jpg
20160226-08.jpg20160226-09.jpg20160226-10.jpg20160226-11.jpg

 この日の選曲、曲順は全て山口幸雄(D)さんがされたとの事、何時もとはちと違う進行だった。少しすれば其処に何時も摂津きょんでお会いするベーシスト・武良直美さんも現れ、数曲演奏された。そう、このライブ、案内には飛び入り歓迎とある。

20160226-12.jpg20160226-13.jpg20160226-14.jpg
20160226-15.jpg20160226-16.jpg20160226-17.jpg20160226-18.jpg
20160226-19.jpg20160226-20.jpg20160226-21.jpg20160226-22.jpg
20160226-23.jpg20160226-24.jpg20160226-25.jpg

 このベーシスト・武良直美さん、何時もきょんで心地よいベース演奏をお聞かせ頂くが、演奏写真を写せばこれまた表豊かで面白い。そんな事でこの日、結構なシャッターを切った。

20160226-26.jpg20160226-27.jpg20160226-28.jpg20160226-29.jpg

 其処で、写真の選択、多くの写真を見てはたと困った。表情豊かはいいのだが、音の出た写真の選択が上手くいかない・・・。他の方は結構簡単というか、確認が出来るが、この武良直美さんの写真、何れが音の出た写真かの判断が非常にしずらい。

20160226-30.jpg20160226-31.jpg20160226-32.jpg
20160226-33.jpg20160226-34.jpg20160226-35.jpg20160226-36.jpg
20160226-37.jpg20160226-38.jpg20160226-39.jpg20160226-40.jpg
20160226-41.jpg20160226-42.jpg20160226-43.jpg

 見れば、何れもが音の出た写真に見えてしまう。此処までは選んでみたのだが・・・。他のベーシストやご本人に意見を聞きたいと思い、少し数枚をUP。

20160226-44.jpg20160226-45.jpg20160226-46.jpg20160226-47.jpg
20160226-48.jpg20160226-49.jpg20160226-50.jpg20160226-51.jpg

 そうそう、この日の演奏者と観客は、先日の摂津きょん同様、見事な親父軍団(爆)。

20160226-52.jpg20160226-53.jpg20160226-54.jpg

※ 麻生優佳さんブログ:
 http://y-asoh.at.webry.info/
※ 伊藤邦雄さんのギター工房(有限会社ギターワークス)HP:
 http://www.guitarworks.jp/
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ 茨木 vaughan HP:
 http://www.geocities.jp/vaughan_ibaraki

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年02月15日
20160215-01_s.jpg20160215-02_s.jpg20160215-03_s.jpg

 2016年02月06日(土):Jam Session:HOST:中林藍子(P)・清水邦彦(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM7〜10を聞いて来ました。

20160215-04_s.jpg20160215-05_s.jpg20160215-06_s.jpg20160215-07_s.jpg
20160215-08_s.jpg20160215-09_s.jpg20160215-10_s.jpg
20160215-11_s.jpg20160215-12_s.jpg20160215-13_s.jpg
20160215-14_s.jpg20160215-15_s.jpg20160215-16_s.jpg20160215-17_s.jpg
20160215-18_s.jpg20160215-19_s.jpg20160215-20_s.jpg20160215-21_s.jpg
20160215-22_s.jpg20160215-23_s.jpg20160215-24_s.jpg
20160215-25_s.jpg20160215-26_s.jpg20160215-27_s.jpg20160215-28_s.jpg
20160215-29_s.jpg20160215-30_s.jpg20160215-31_s.jpg20160215-32_s.jpg
20160215-33_s.jpg20160215-34_s.jpg20160215-35_s.jpg

 この日のセッション参加者の平均年齢は見事に高く、この有様(爆)。何時もの事だが、今回は見事!。

※ ジャズカフェきょんスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1
※ 当該ブログ掲載のミュージシャン写真の取り扱いについて:
 http://m-jun.seesaa.net/article/215654873.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年02月12日
20160212ー02_s.jpg20160212ー03_s.jpg 2016年01月31日(日):宮脇陽子(Vo)・三浦敦子(P)・田代泰之(B)・田辺保彦(D)さん:JKcafe:PM7〜9を聞いてきました。

 自分が無類のベース好きな事はこのブログをご覧頂いている皆さんはご存知の筈、そしてこの日のベースは素晴らしいベースを演奏される田代泰之さん。他のメンバーの方も皆さん何度も聴視させて頂いた方ばかり、心地よくJAZZを聞かせて頂いた。

 そんな演奏を聞かせて頂いたが、自分が注視してしまうのはやはりベース。ただ、ドラムの田辺保彦さん、最近の演奏音は昔とは随分変わった様に聴視させて頂いている。

20160212ー01_s.jpg この日、田代泰之さんのあのベース音、何処から生まれるのか注視した。それが今回判った気がするが、其れが何故上手く出来るのかがちと判らない。

 注視すればベース演奏に必要な事、「押え・弾き・タイミング」の当たり前の事を当たり前にされているだけなのだが、是がお若い方には出来ていないと言う事が音からして良く判る。

 最近のお若いベース奏者にも色々な方が精進され、曰く上手い!とされる方も色々出て来られたが、自分思うに未だまだ精進される事が色々有ると思う。

 その様な方に紹介するのがこのベース奏者の田代泰之さん、何度も聴視し、何度も注視すればその凄さが判るし、本当に判りやすい教科書の様な演奏をされる。音しかり、演奏形態しかりである。

 今回、その一端を解析しようと音を聞き、手に注視した。其れで判った事は、当たり前の事を当たり前にされている様に見えるが、人間の目と言う物は視覚が広い様で注視してしまえば相当に狭い事が分かる。

 何かと言えば、ベース奏者の両手の指の動きの詳細を同時に見る事が出来ない。是は残念。

 でも、ベース奏者の田代泰之さんの演奏形態は音を聞いて以下の様に見た。ベース奏者は出来ていて当たり前の事なのだが・・・。

@ 先ずは、早い曲も遅い曲も、慌てる指使いは一切無く、音を聞き指だけ見れば、まるで指がスローモーションで動いている様に見える。指でリズムを取って居られる様にも見える。

A 左手のベース・押え、1弦から4弦まで、押える弦が同じなら、手がネックの何処に有っても同じ手の形状をしている。是は見事、曰く、弦の押さえ方は何時も同じと言う事。

B 左手で弦を押え、右手で弦を弾き、音が出終わるまで左手は弦を同じように押えている。とにかく慌てる指使いが一切見られない。是が当たり前と言えば当たり前の事なのだが・・・。

C 短い音と長い音を出す場合の右手弾きの指使いが異なる。短い音を出す場合の右手の弾きは、ネックに対し90°の角度を成し、長い音を出す場合の右手の弾きはネックに対し0°、つまりネックに対し指が平行に弦を弾かれる。

D 演奏中の解放弦は一切見られなかった。

E 弦を弾く右手、1弦を弾けば、2弦に当たらない。横の弦に余計の振動を与えていない。次の弦に当たらない事は、ギター奏者の塩本彰さんも同様だった。

F 弦楽器、大きい小さいの違いは有るが、この演奏形態を見れば、ベース奏者の田代泰之さんとギター奏者の塩本彰さんは同じに見える。当然、右手の弾きは違うのだが・・・。

 是をふんふんそうだねーと読まれれば、左手が次の音に移動する時間が無いんです(爆)。

※ 田代泰之さんブログ:
 http://yasuyukita.exblog.jp/
※ JK茨木・高槻JKcafe等のライブ情報はfacebookで見られます
 http://m-jun.seesaa.net/article/257471368.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2016年01月27日
20160127-01_s.jpg20160127-02_s.jpg20160127-03_s.jpg

 2016年01月23日(土):Jam Session:HOST:喜屋武弥(P)・渡部春雄(B) さん:JAZZ Cafe・きょん:PM07〜10を聞いて来ました。

20160127-04_s.jpg20160127-05_s.jpg20160127-06_s.jpg20160127-07_s.jpg

自分には土曜日恒例のJAZZ Cafe・きょんのセッション聴視、是で今年は2回目、ライブとはまた違った面白さが有る。ただ、面白いと思うのは参加者にも寄るしお店の雰囲気と言う物も多分に有る。

20160127-08_s.jpg20160127-09_s.jpg20160127-10_s.jpg20160127-11_s.jpg

 しかし、この日は今季初の大寒波、遅く成れば道路も凍結の予想、誰が来られるかも予想で出来ず。しかもホストは今年最初の自分の聴視ライブからほぼ連続の渡部春雄(B)さん、ピアノは本当に久しくお会いする喜屋武弥さん、聞けばお昼は昔の自分と同じ電気の技術者さんと初めてお聞きした。電気の技術屋同士の話も面白いので何れ。

20160127-12_s.jpg20160127-13_s.jpg20160127-14_s.jpg20160127-15_s.jpg

 そんなセッションには何時もの常連さんと久しくのお方、また此処きょんには初めてと言う男性ボーカリストも現れた。やはり、車のナビで辿りついたのは店の裏側、やはり自分の最初と同じ、裏から表に来るまでには時間を要したとのこと。やはりこの場所、判りずらい。

20160127-16_s.jpg20160127-17_s.jpg20160127-18_s.jpg20160127-19_s.jpg

 この日やはり気に成ったのはギターリスト・伊藤邦雄さんのギター音が昨年とは違う事、先日の茨木・ボーンのライブから気になっていた。其れを最後に聞けば、ギターの演奏方法を昨年と違えたとのこと。流石に良く聴くねーと伊藤さんは自分に言われたが、是は音域の狭い範囲しか聞こえ無く成った自分にも聞こえるので、普通に何方でも聞いて判るとは思うのだが・・・。自分は昔の音が好き。

20160127-20_s.jpg20160127-21_s.jpg20160127-22_s.jpg

 久しくベース・武良直美さんにもお会いしたが、ベース音が渡部春雄さんとも違いベース音の好きな自分には本当に面白い。最近はギターリストの息子さんに教えられる事も多いのだとか・・・(爆)。一度このお二人のライブ、聞いてみたい気がするが、ライブは奈良で月に一回、ちと遠い。

※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ ジャズカフェきょんスケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1
※ 当該ブログ掲載のミュージシャン写真の取り扱いについて:
 http://m-jun.seesaa.net/article/215654873.html

    (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。