掲載:2019年10月29日
 先週、自分は久しくこのブログのお知らせを見て、SeeSaaブログのSSL化を知り、即日このブログの設定を管理画面から「SSL化」の「HTTPS配信」に切り替えた。

 切替作業方法を何も知らないのに(爆)。しかも、切り替えた時点の知識はURLがhttp ⇒ httpsに成る程度で有った。

 切替後、「常時SSL化」について調べて見ると、とにかく内容的に乱暴な言い方をすれば、全てhttpsで始まるURLで指示すれば良い(当然、記載のURLはhttpsに対応していないといけない)。

 其処で、自分のブログ設定に出て来るURL全てに付いて、httpからhttpsに切り替えが可能か調べた。そして、可能を確認、内容切替箇所を全てhttpからhttpsに書き替えた。

(其処で、内部でリンク使用していたGoogleサーバーの停止を知った。対処はスプリクトを入手、このサーバーにスプリクトをアップしてリンク変更。)

 しかし、未だ鍵マークは出ず、Google chromeには〇にiの(注意)マークしか出なかった。此処までの切り替えに要した時間は2時間程度。

 〇にiの(注意)マークを鍵マークにするには?、其れが分らない。seesaaブログ使用者の方の常時SSL化の完了したブログを探した。2名の方の常時SSL化の鍵マークを確認したが、新規の方か記事数も少なく、ブログデザインも既製品だった。

 是で知ったのはseesaaブログ使用者にも「常時SSL化の人が居られる」、なら自分との違いは?。自分のブログ設定に問題と成る設定画像も使っていない。表示や釦に使う画像は少しは有るが、是もhttps指示を終了しており問題では無い。

 そうだ!もしかして、Java スプリクトの問題?。其処で使用するこの動作を停止させた。推定は当たり、自分のURL前に鍵マークが表示された。其れはブログを始めた時期のページを閲覧しても同じだった。一応の「常時SSL化」が完成した。

 当然、再びJAVAスプリクトを動かせば注意表示、数個有るスプリクトの中にはURLの記載のない物も有るが・・・、と其れを動作させた。それでも鍵マークは変化せず、注意マークには成らなかった。あ〜あ、なーるほどとJAVAスプリクトの内部に置換を掛け、書き換え、サーバーにアップロード、修正を完了、動作確認すれば「常時SSL化」は完了。

 其処で、久しくGoogle先生の評価を見ようこのhttpsの自分のURLを入れた。その結果、

 モバイル:38点、パソコン:99点だった。でも、可笑しい!。自分はこの方式にした以降はこのブログを触ってはいない。この方式にした時の点数は確か60点台、しかし少しは自分の問題点も有ったが、許容できる範囲だったので放置していた。そう、触れられない範疇。

 それ以降自分では何も触れていないブログ、今は99点である。何が違うかと言えば、seesaaの内容だろう。このページで目に見えて変化した物は、一番下のロゴマーク、画像が変わった。

 このブログ、Google先生の評価/指針で自分が出来る事は、正直、簡単な部分と自分には知識無く難しい部分が有る。是をしても得られる点数は99点から100点への1点、しかし、この1点、自分には当初このブログを作った時より難しい。

 因みに、このブログの当初からの方針は、見易く読み込み(表示)の早いブログ、考えて見れば小生がネット接続を始めた当初に作ったHPからの考えは今でも何も変わってはいない。

 今、seesaaに望む事は、モバイル点数のUPである。是は使用者には手出し出来ない範疇である。今、PC版の点数99点の事からすれば、PC版100点でもmobile版の現状点数は40点程度、学校で言えば、欠点、年度末なら留年決定の点数である。

 この前の記事にも書いたが、Google先生の評価は厳しいが方向を定めてくれる。また、検索エンジンと言う強力武器を持つため、逆らえない。

 他のAI先生は厳しさしか無い。PC版/mobile版、共に100%のガチガチHP/blogも個人の物には必要は無いと思うが、最低限60点以上、欲を言えば80点を目標として対処。

 お金を出して作って貰うHPは両方80点が有ってもと言うか、仕様要求として80点以上の採点結果を要求する程度の事は常識の範疇だろう。幾ら綺麗なHP/Blogでも、評価ランクが低く見て貰えなければ意味が無い。

★ パフォーマンススコア:(点):
 0〜49(遅い)・50〜89(平均)・90〜100(高速)

 これ等全て、検索結果に反映されるのだから。

★ Google公式サイト評価ツール:
・ PageSpeed Insights:
 https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
★ サイトの品質評価ツール:
・ Lighthouse(chrome):
 https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk

※ 御自身の・自分の(お店の/会社の)HP/Blog評価を見てみましたか!?:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471134874.html
※ Google先生はAI、基本・依怙贔屓(えこひいき)はしない!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471134220.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2019年10月28日
 無料ブログ、このブログもそうだが、モバイル用のページはほどんどが触れられない。スマホで見れば、大きな広告が表示されるのが通例。その広告を消去する×ボタンが意図的に非常に小さく作って有る。従って、押すのをミスすれば広告が表示されてしまう。

 そう、自分思うにこの広告消去ボタンはミスを誘う様に無理に小さく作られている。其れは、広告主に是だけアクセスが有ったと提示するためで、訪問回数のみでその本当は図れない。実際に必要なのは、サイト内滞在時間と閲覧ページである。

 其処で、皆さんが使っているのが。広告消去アプリやブラウザ、是を使用すれば、殆どの場合、PC用/モバイル用、広告は一切表示されずにブログやHPを閲覧できる。

 これ等のブラウザや拡張機能は常時動作なので、このブラウザを使用している限り一切広告を見る事が無い。

 しかし、androidのHOME釦長押しで立ち上げる音声検索を使う場合のみ困る。そう、広告消去アプリの働無いchromeが立ち上がる。この時、初めて広告を目にする。仕方なくURLをコピー、広告消去ブラウザにコピー、広告無くブログ/HPを閲覧する事となる。

 ブログのPC用画面とモバイル用の画面を切り替え使用、是を1つの物を使用するのが、レスポンシブデザインのブログ/HPであるが、何れの方法の物でもモバイル用のGoogle先生の評価は余り良くない。

 とあるお店のPC用HPを閲覧した。2点確認したが、1点は無料HP、もう一点は自己のサーバーを持つ店舗、共にSSL化されている。

 共にPC用は80点を超えて居り一応の評価点は合格である。ただ、問題は現在の基準、モバイル用の採点である。何か、無料HPは広告用の読み込み用のアプレットか形式変換用のアプレットの為か、評価がPC用のものより格段に低下、この場合、14点だった。

 是は、無料HPなので使用者は触る事が出来ないので仕方がない。しかし、サーバーを持ち自分でHPをインストールするお店のHPは自由に作れる訳だからそうでは無いだろう。

 PC用HPも、モバイル用HPも。共に一応のお店としての合格点の80点以上を確保すべき物だろう。ズブの素人が作った物では無く、お金を払って作って貰ったのだから。またHP作成者は問題点をGoogle先生を始め、多くのAI先生が無料で教えてくれる。

 確かに、クライアント、店の人間も今の時代知らないので任して有るでは銭を溝に捨てている様な物だ。最低限、AI先生の評価程度は見てお金を支払うべきだろう。幾らかは知らないが、安くは無い。

 話は戻して、このお店のHP、PC用は80点以上だが、モバイル用Google先生の評価は、無料HPと同様に、10点台で有った。???、其処で他のAI先生の評価を見ようとURLを貼り付けると、その先生の結果は1分程で出た。

「読み込みエラーで測定出来ません」

 このAI先生の評価は、0点、Google先生の品質評価を無視している結果である。そう、Google先生は同じAI先生でも問題点の詳細/修正方法をも教えてくれる厳しいが心優しい先生なので有る。

 そうそう、現状の商店やお店の問題点、宿なら自分が昨今話題にしているHPのSSL化だが、他の宿のHPを確認した所、小生が以前からAUTOで見さされ嫌いな「flash」が停止(小生のブラウザはchrome)、停止したflash跡が大きく表示されている。

 この様なHP、後は誰も見ようと誰も思わない。人任せの結果である。

 因みに、androidは悪く見積もっても40%以上の保有率が有るだろう。そのブラウザはGoogle chrome、つまりandroidでは既にflashのHPは見えないと言う事で早期対処が必要である。因みに、PC用のブラウザchrome使用率も40%を超えるとされる。

 今の時代、Google先生の評価と方針を無視することを避けては通れない。

 しかも、他のAI先生の評価は、一刀両断。改善の方法も教えてくれるが、是も概要のみである。

 宿の下手なHP、他社に販売委託もしているなら、この様な見られないHP、無い方がましである。クライアントはネットには素人、今の時代是では済まされない。

※ 御自身の・自分の(お店の/会社の)HP/Blog評価を見てみましたか!?:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471134874.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 小生も数日前SEESAAブログがSSLに対応した事を知り、直ちに「常時SSL化」しました。「常時SSL化」しないと「Google検索」と「Yahoo!検索」の相手にされません。そう、嫌われてしまいます。それでも良い方は対応の必要は有りませんが、検索に嫌われれば検索結果は悲惨です。

 ----------

 小生の現状はブログランク落ち、このブログのSSL関連記事をお読み下さい。此処数日の記載です。

 ----------

 「Yahoo!」の検索エンジンは「Google検索」と同じ物を使っています。従って、Google検索に相手にされない物はYahoo!検索にも相手にされません。

 「常時SSL化」しないと、一所懸命に記事を書かれても、検索ランクが低い位置に置かれます。

 貴方がご自分のブログを閲覧して、ご自分のURLの前に鍵のアイコンが常時付いている事が「常時SSL化」している証明です。また貴方の「URL」は「http」では無く「https」に成ります。

 URLが「https」であっても、URLの前に〇の中にiの文字は「注意」サイトの扱いに成ります。「http」は「保護されていないサイト」表示、危険サイトと言う扱いに成ります。

 Google先生は厳しい扱いをします。

※ SEESAAブログ「HTTPS 配信化(SSL 化)機能をリリースしました」:
 http://info.seesaa.net/article/469227392.html

★ SeesaaブログがSSLに対応しましたが、SSL化は自動では有りません。貴方が設定、作業する必要が有ります。
 
※ Seesaaが満を持して(?)SSL化を開始:
 https://janedoe1471.blog.fc2.com/blog-entry-162.html
※ ついにChrome68の「非SSL化ブログ警告」開始!【回避法をプロが解説】:
 https://nakanono.com/chrome-not-ssl-blog/

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
Q:本日「現在のHP/Blogで人が嫌がる物はマルウエア(曰くウイルス)だけではありません!」を書いたら、簡易変更では内部に残ってしまう初期設定のユーザー名、変更は簡単ですか?と知り合いから質問が来た!。

「以下の通り返答した」

A:簡単では有りません。触れば危険なレジストリとタスクスケジューラ―を修正します。自分も初期はWindowsが立ち上がらなくなりOSを再インストールする羽目に成りました(此方の方が素人的には早いのかも知れません)。

「OSをクリーンインストールするなら失敗覚悟でやって見ると言う手はあります。」

 と追記したら、「アルバイト代を払うからやって!」と返信が来た。

「めっちや面倒だから嫌です。中のソフトが必要なので自分の物は2台変更しましたが、もう嫌です」と答えた。方法は以下です。

 聞けば、子供のPCに何か問題が有るのだとか・・・。自分は「新しいユーザー」を作る方法を試した事は有りませんのでその有用性は不明です。是で出来れば簡単です。残渣が有るか否かは下の「RegScanner」やWindowsの「一般検索」で確認は可能と思います。

 Windowsの「regedit」での検索確認では現れない残渣が「RegScanner」で見る事が出来ます。

★ LENOVOのプログラムアイコンを消す時に上記の違いを知りました。

※ 「LENOVO 顧客エンゲージメントサービス(32ビット)」プログラムとアイコンの消去!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/470899901.html

 ----------

 新しいユーザー(ご自分の付ける名前)を作り、旧のユーザー名・フォルダを消す事で上手く切り替えが効くとの方法の記載も有りますが、自分は試した事が有りません。従って、レジストリ/タスクスケジューラ―内部の残渣の有無は不明です(残渣が有れば、何処かに現れます)。

 友人・知人から譲って貰ったPC内部のユーザー名を変更したい、一度付けたユーザー名を変更したい事は判りますが、素人的には表面上のユーザー名の書き換えに留めた方が良いのでは?。ただ、其処に個人が特定できる情報が有れば問題です。

@ 新しいユーザー名を作り、旧ユーザーを消す方法は以下に説明が有ります。

※ Windows 10 ユーザー アカウントの名前を変更する:
 https://www.tipsfound.com/windows10/02015
※ [Windows 10] ユーザーアカウント名(ローカルアカウント)を変更する方法を教えてください。:
 https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=0310-9702
※ Windows 10 ユーザーアカウント名を変更できない:
 https://www.pasoble.jp/windows/10/user-name-henkoudekinai.html

 ----------

※ Windows10 - ユーザーアカウントの削除:
 https://pc-karuma.net/windows10-delete-user-account/
※ [Windows 10] ユーザーアカウントを削除する方法を教えてください。:
 https://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=5510-9320
※ 【Windows 10】不要なユーザープロファイル削除でディスク容量を節約:
 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0402/07/news007.html

A @で変更した物のレジストリ残渣は下の「RegScanner」に旧ユーザー名を入れて検索すれば分かります。残渣が無ければ完成です。

 是で残渣が残る場合、どうしても其れも変更したいと考えられる方は、Windowsの再インストールをお勧めします。

B レジストリの書き換え方法は以下に画像付きの説明が有ります。是を説明順に実施すれば書き換えは可能です。

※ Windows 10 - C:\Users\ユーザー名とユーザーフォルダ名を変更する《1/2》:
 https://www.billionwallet.com/windows10/win10-user-name-change.html
※ Windows 10 ユーザーフォルダ名とC:\Users\ユーザー名を変更する《2/2》:
 https://www.billionwallet.com/windows10/win10-username-folder-change.html

C BのURLで方法と手順が理解できれば、レジストリの全バックアップを取り作業しますが、是を一発で書き換えるツールが有ります。以下の「RegScanner」です。

※ RegScanner 2.40の概要・ダウンロード・使用法:
・ 目的のレジストリをすばやく見つけ出すレジストリ検索ツール:
 https://www.nirsoft.net/
 https://softaro.net/regscanner/

D 是で多くの物の書き換えが一発で出来ますが、完璧では有りません。何故なら、保護されたレジストリがあり、多分10個以上残ります。Aで書き換え後、再検索をすれば出現します。

E 残った保護されたレジストリは以下の方法で所有者を変更、内容を変更します。

※ 【Tips】Windowsの保護されたレジストリエントリを変更する方法 _ ソフトアンテナブログ:
 https://www.softantenna.com/wp/tips/windows-protected-registry-entry/
※ 【Windows10】ファイルやフォルダーの所有者を変更、追加する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト:
 https://usedoor.jp/howto/digital/pc/windows10-file-folder-shoyuusha-henkou/

F レジストリを全て変更してもタスクスケジューラ―内にも初期の名前が残った項目が有ります。是はタスクスケジューラ―を立ち上げれば変更が可能です。ただ、是にも書き換えられない保護された項目が存在します。其れも権限を変え変更します。

※ 「タスクスケジューラ」タスクを変更/削除する方法:
 https://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/007774.htm
※ Windows タスクスケジューラ タスクの変更でアクセス許可が無いと言われたら:
 http://datyotosanpo.blog.fc2.com/blog-entry-159.html
※ タスクスケジューラのタスク条件の変更について:
 https://social.technet.microsoft.com/Forums/ja-JP/a57b8336-1b6f-402d-8378-68b6622e7f4c/12479124731246312473124651247212517125401252112398124791247312?forum=win10itprogeneralJP

★ レジストリ変更での変更方法は多分、書き換え箇所は150箇所以上は存在します。「、」1つ「スペース」1つ間違えばWindowsが立ち上がらない、一部動作が可笑しいという様な現象に成ります。

 問題が無ければ、素人的には、Windowsのクリーンインストールの方が簡単です。多分休日1日で終わります。

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 昔、ブログが登場した初期、ブログを書く人間はミラーサイトを持ちました。理由は、何時借用ブログが消滅するか知れなかった為です。

 現在、ミラーサイトを持つ物としては、ダウンロードサイトが有ります。1つのソフトをダウンロードしようとした時、fastサイト・secondサイトと言う風に幾つものサイトが有り、fastサイトでダウンロードできなければ、secondサイトでどうぞ!と言う意味です。

 ただ、是にはメインの説明ページが存在し、単にプログラム等のダウンロード(保管)するサイトが異なるだけです。

 ただ、昔のHPやブログのミラーサイトは全く内容の同じ物が有りました。そして、このミラーサイトは検索エンジンには困りものでした。従って検索エンジンは一時ミラーサイトを拒否、ミラーサイトを持つサイトは検索に掛からないとまで言われました。

 今で言う同じURLでアクセスすれば、PCでアクセスすればPC用ページ、モバイルでアクセスすればモバイルページ、ただ、借用サイトは名前内容が同じで、無料HP/やブログでは広告ページが付加されます。この事は言い方を変えればミラーサイトに他なりません。

 是を表示方法のみを変えて同じ内容を表示する方法が「レスポンシブデザイン」と言われる物です。例えば、内容の右にメニュが有り、PCで閲覧した場合は2カラム、モバイル(横幅の狭いブラウザを持つもの)で見ればこの”メニュ”が下に落ち1カラム表示となる物で、是をご自分の持つHPに採用した場合は、全ての内容が同じページがPCとモバイルに表示されます。

 つまり、検索に掛けても、全く同じ物が検索内容に表示される物と成ります。

 因みに、無料HP/blogはそうは行きません。でも、一応はと言う物が小生のこのブログです。でも、小生のこのブログはPCページから1カラムにしました。是は、小生の技術力不足でこの様な形態に成りました(爆)。

 レスポンシブデザインのブログも作りましたが、PCには2カラム、モバイルには1カラム、是は見よう見真似で簡単に達成できたのですが、「使いたい機能が使えない」、「表示が重い」事が判明、現在の形に成ってしまいました。

 本来、自分がサーバを持つHP/blogで有れば、内容が全く同じ物が必要な筈です。検索に掛かるURLも同じと言う事に成る筈です。

 例えば、「A社HP」が有ったとします。このHPのURLが〇〇〇〇.netで有ったとします。閲覧者はURL欄に

@ https://www.〇〇〇〇.net/ と入力する人
A https://www.〇〇〇〇.net と入力する人
B https://www.〇〇〇〇.net/index.html と入力する人
C https://www.〇〇〇〇.net/index.htm と入力する人

 SSL化前の http:// と入力する人もおられるでしょう。

D www.〇〇〇〇.net と入力する人
E 〇〇〇〇.net と入力する人

F A社HP と入力する人(検索)

 が居られる事でしょう。素人が間違い表現をするなら、URL欄の是の何れを入れても全く同じページ(検索に掛かるページが同じ表紙)が表示されなければ成りません。

 乱暴に書きましたが、本当のURLの正規化をお知りに成りたい方は、以下のGoogle先生の指針をお読みください。

※ 重複した URL を統合する・類似ページや重複ページについて正規ページを設定する:
 https://support.google.com/webmasters/answer/139066?hl=ja

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 PCやmobileを使っている人間、嫌がる一番はウイルスです。

 ウイルスにはPCが全く使えなく成る物、詐欺的行為をするもの、色々で直接的に使用者に害を与えます。

 次に嫌なのはトラッキングです。

 例えば、貴方が某サイトで買い物をしたとします。例えば、自分が最近話題にしたHDD、此処でトラッキングされれば次はこのサイトや他の方のブログを見た時にHDDに関連した広告が表示されます。是をトラッキングと言います。

 この広告運営会社は、是はその方の利便性を増して居る。親切心からと言います。以前問題と成ったLENOVOのPCのトラッキングソフトへの言い訳がそうでした。

 広告、其れが何時までも続く場合も有ります。もううんざり、既に其れは買ったと言う物まで表示されます。

 一般的にこのトラッキングはクッキーとして貴方のPCに元ネタが保存されています。最近、大手の会社のHPを閲覧するとこのクッキーを受け入れるか、拒否するかの表示がブラウザ上に表示される物が有ります。

 大手の場合は、是を拒否してもHP内容の閲覧を拒否される事は先ず有りません。が、拒否すればその内容の閲覧までも拒否されるHP/blogが有ります。

 貴方は、既にこの拒否された時点で、”可笑しいHP/Blog”と理解しなければ成りません。

 貴方は本当にそう思っていますか?。自分は何時も「完全に拒否」です。

 しかも、小生のネット閲覧はchrome、PCの電源を落とせば、chromeの閲覧ファイルとcookieとtempファイルは全て消去されます。

 確かに、この方法にはデメリットが有ります。何れかのページを閲覧すれば、全て一からページを読み込む必要が有ります。従って表示されるまでに時間が掛かり遅いです。

 当然、このブログへの書入れには毎回「メールアドレス」と「パスワード」を入れないと入れません。Gメールも同じです。

 貴方がもしブログやHP管理をされている場合、そのお使いのPCの電源を入れれば、パスを入れる事も無くその管理画面に入れていませんか?。其れを便利とお思いでは有りませんか?。

 既に、貴方はネットの使用に「スキ」が有ると言う事を示しています。

 何回も書いた様に、この自分のPCは何れも友人からの貰い物です。以前のPCにこんな事が有り”びっくりした事”が有ります。

 この貰ったPC、先ずはHDDを80GBから500GBへ換装、勿論500GBへのWindowsOSはリカバリーデスクからクリーンインストールしました。その後、Memoryの換装、CPUを換装、この3つを換装。此処まですれば、MicrosoftのプロダクトキーNO,が効かないのでは?と当時心配しましたが、何とか認証され安心した覚えが有ります。

 その後、このPCで某大手日本の通販サイトを閲覧しました。其処でびっくり!!!。

 「〇〇〇〇さん、こんにちは」と”友人のフルネーム”が出て来ました!!!。

 既にWindowsOSはクリーンインストール、cookie等も有る筈は有りません。CPUも換装したのでCPU NO,も変わっています。HDDも換装しているのでNO,も違います。

 この時、この友人とも話しましたが、元から変わっていない物と言えば、PC基盤しか有りません。二人でネットの恐ろしさを知った瞬間でした。

 貴方は、PCの個人フォルダに個人名を付けていませんか?。もし其処にフルネームなどを使っていれば最悪です。

 色々な登録に個人名は有りませんか?。貴方のPC内部何処かに個人名は保管されていませんか?。一度是を試して見て下さい。

@ 「プログラムとファイルの検索」に貴方の名前を入れて見て下さい。
A 「レジストリ検索」に貴方の名前を入れてみて下さい。
B 「cookie内」検索に貴方の名前を入れてみて下さい。

 是で名前が検索に掛かる様なら、貴方には既に「スキ」が有ると言う事です。

 @はファイルの検索ですから、ファイル名や内容に其れが存在すると言う事なので、テキストファイルや住所録も有り、一概に何処が危険かとは言えません。

 ただ、住所録が平文で有ると言う事は、会社であればHDD自体が暗号化されなければ、管理ミスと言うことです。

 ----------

 @AB、@以外は全くのPC素人には見えない事ですが、PCに少しの造詣/知恵が有れば、容易な事です。Windows10 HOMEのPC自体にパスワードを掛けている、云われる方もいるでしょう。でも、パスはWindowsの立ち上げの問題のみ、HDD内部は平文なので、HDDを外せば内部を確認出来ます。

 ----------

 少し話は外れた感が有りますが、話を戻して、ネット上のトラッキング、一度以下のソフトをダウンロードして立ち上げて「解析」ボタンを押して見て下さい。

★ クリーナーソフト:portable版をダウンロード:
 https://www.ccleaner.com/ccleaner/builds

 PCの解析、ここにトラッカーの解析と表示される物が有ります。ここにインターネットブラウザ「explorer」「edge」「chrome」のトラッキングファイル数が出て来ます。知らぬ間にこの数のトラッキングファイルが貴方のPC上に存在すると言う事です。

 是が「知らぬ間」と思うより、ネットとはこの様な物と知って使うべき物なのです。因みに、このソフトの解析後に「全てクリーン」を押せば、一応、「explorer」「edge」「chrome」のトラッキングファイルは消えます。

 ただ、素人的に消えただけで、以前「LENOVO」PC レジストリ内部の検索でも書いた様に、全て消えたとは言えないかも知れません。

 そう、他のソフトを使い調べれば、また違った値が出るます。

 ”くわばらくわばら”。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 是(🔓)を自分が使ってているのは駄洒落です。

 其れをお判り頂けた方は洒落の判るお方ですが、環境依存で”表示が別の場合も有るよ”とお判りの方は、かなりのお方です。

 この文字、WindowsPC、ブラウザchromeで見られている方は、一応自分の意図した鍵のかかった状態の様に見えると思います。

 しかし、しかしです。他のモバイル(apple PCではどう見えるのか?、自分はIphoneでしか見た事が有りません)で見れば、完全に開いた鍵に見える物も有ります(爆)。

 自分は是を洒落、誰か友人が指摘しないかな?と思っても誰も指摘してくれません(爆)。

 そう、一般的に「環境依存文字や環境依存絵文字」は本当は使用しては成らない文字なのです。最低限、どう表示されるか、判って使わなければ成らない物なのです。

 この様な環境で変化する物を、お店や会社のHPは勿論のこと、ブログにも使っては成らない物なのです。そう、相手の取り方が全く変わってしまう可能性が有ります。

 mobileスマホやPC、環境依存はスマホの違い、PC OSの違い、androidとIphoneの違い、キャリアの違い、ブラウザの違い、多くの違いにより人に誤解を与える場合が有ります。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 貴方は、PCとモバイルの2種類のハードで本当に確認されていますか?

 其れは、シュミレーションだけの確認では無いですか?

 其れは、1つのブラウザ/1つのOSだけでは無いですか?

 是は、無料HP/Blogを使っていても同じです。

 URLの前に鍵マークが点いている、其れは糠喜びでは有りませんか?

 Google検索とYahoo!検索のエンジンは同じです。

 セキュリティーソフト・サイト・評価は大丈夫ですか?

 ご自分のHP/Blog評価は、Google先生の

@ Google公式サイト評価ツール:
・ PageSpeed Insights:
 https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

A サイトの品質評価ツール:
・ Lighthouse(chrome):
 https://chrome.google.com/webstore/detail/lighthouse/blipmdconlkpinefehnmjammfjpmpbjk

 の2点です。この評価ツールで、本日先ほども書いた様に、モバイルもパソコンも共に評価が良く無ければ成りません。HPを作ったからモバイルのページは自動変換されるから大丈夫と云えるのでは有りません。

 自分のページには鍵マークが点いているので大丈夫と云うのは大丈夫では有りません。

 chromeに〇にiの(注意)が出ている物は是からは本当に注意すべきサイトと判断されてしまいます。

 面白い事に、自分は先日から絵文字(鍵マーク)を所々に使っていますが、この絵文字をモバイルで見れば、開いた鍵マークに成るモバイルが有ります(爆)。そう、「環境依存絵文字」なのです(爆)。其れを分かって洒落で使用しています(爆)。この洒落をお判り頂けた貴方は、先ずはPCとmobileを両方お持ちか確認出来るお方です。

 そして、是を洒落で使っているとお判り頂けるお方は、多分、かなりHP/blogやPC/スマホには素人以上に知恵/知識と洒落をお持ちの洒落たお方です。

 ただ、本日、先程の記事に書いた様に、現在はmobile基準にHP/Blogを作らないとGoogle先生の評価は上がらないと思われます。しかも、個人のブログと違い、お店のHP/blogと言うのは、検索して表紙が一番上位に掛からないと意味が有りません。

 検索にご自分のお店の名前が一杯出来ると喜ぶ方は、其れが糠喜びで有る事も有ると言う事に留意しなければ成りません。貴方のお店の名前は1つ、其れが一杯出て来ると言う事は本当は可笑しいと思わなければならないのです。そう、検索した方はどれを開いて見れば自分の見たいページかが分らないのです。

 Google先生の評価は今の世に無視して通れる物では有りません。他のセキュリティーの評価も当然、無視していてはHP/blogを作った意味が有りません。特にお店のHP/Blogを御作りのお方は・・・、個人の趣味の物では無いのです。

 例えば小生が使わせて貰っているSEESAA無料ブログ、パソコン用ページは使用者が殆どの場所を触る事が可能ですが、モバイルページは殆ど触れられません。なので、自分のこのページは、モバイル:38点、パソコン:99点でも仕方ないのです。

 後はSEESAAにお考え頂かないと、ネットに記事が散見されるSEESAA離れが今以上に加速する事は目に見えているのです。

※ Google先生はAI、基本・依怙贔屓(えこひいき)はしない!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471134220.html
※ 私のPCセキュリティーは強固で硬い!?:
・ この拡張機能に貴方のHP/blogは一つも引っ掛かりは有りませんか?
 https://m-jun.seesaa.net/article/471056753.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月27日
 Google先生の採点は、

★ あらゆるデバイスでウェブページの読み込み時間を短くしましょう:
 https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=JA

 このGoogle先生のページのURL欄に測定したいページのURLを入れて見ましょう!。ご自分のページを採点したい場合はご自分のURLを、他の方のページ採点をご覧に成りたい方はそのページのURLを。

 数日前、自分はこのブログを「常時SSL化」した。URLの前に常時鍵マークを点く様にした。

 其処で、昨日友人とこの事を話していて、話の流れでこの「忘れられた記憶」のURLを入れた。

 「常時SSL化」した当日の自分のブログの検索順位は45位(番目)だったが、昨日土曜日は更に順位が低下、何と67位。。。既に対処が遅い現象が現れていた。

 既に「忘れられた記憶」の文字が分割した(文中に文字が分散して有るもの)物にも負ける状態になっていた。この状態には驚いた。

 諸に「忘れられた記憶」の文字でも検索に掛からない状態が現れだした。是はseesaaブログ「SSL」対応が遅かったのが原因(当然常時SSL化は自分自身で切替しないといけないが・・・)。

 でも、自分の順位が「常時SSL化」しても依然毎日遅く成っている原因は何かを探ろうとした。当然、他の方も記事を毎日追加されるだろう。

 当然、順位上の方の記事投稿が順位の上に先ずは行く。

 其処から順位が上がるか下がるか、其れは記事が全くその方の記事と同じとした場合、多分Google先生のブログ/HPの点数に起因する事は多分まぎれも無い事実だろう。

 其処で、先ずは、Google先生の自分のブログ採点を見てみた。

??? 昔自分のこのブログの採点は、60点以上有ったと思ったが、URLを入れ採点を押すと!。

「38点」??? もう少し良かった筈なんだが・・・

しげしげ表示を確認すると・・・其処には「モバイル」と有った。其れを「パソコン」に切り替えて見ると、

「99点」 おお何と、昔はパソコンで「60台」だったのに・・・。

昔は、確か「パソコン」重視、現在は「モバイル」重視と言う事だろう。

ただ、このSEESAAブログ、モバイルページはパソコンページからの自動変換。ブログ記載者が大きく触る事が出来ない。当然、広告も出る。そんなページのGoogle先生の評価が、「38点」パソコンページより「61点」も低いのである。

学校では「60点を切れば欠点/追試確実」、「40点を切れば落第/留年確実」。

 「seesaaブログの常時SSL化」と検索に入れれば、seesaaブログがSSL化されないのでSSL化されたブログへ移設記事(数ヶ月前に記載の記事)が目につく。

 昨日検索を掛けた「seesaa/常時SSL化」記事数は少なく、自分の記事が其処に掛かった。SEESAAブログに居られる方が「常時SSL化」対応に余り興味を示されてない事の様に検索に掛からない。

 其れでは、Google先生の評価も下がる筈だ。現状は既にGoogle先生に見放されたseesaaブログかも知れない。

 因みに、SEESAAブログが名誉挽回するためには、個人努力ではどうにも成らず・・・。

 そう、何処が悪いかもGoogle先生が教えてくれる。

 一点、自分は当該ブログのCSSを改装時見ずらいと圧縮していないが、Google先生は自分には是を指摘。

 Google先生はAI、基本依怙贔屓(えこひいき)はしない。

 ページの間違いは、chrome/右上・・・(縦)設定?/その他のツール/デベロッパーツール/上の赤〇に×で教えてくれる。貴方の会社(お店)の点数は?。

 現在の検索エンジンは「モバイル」重視!

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2019年10月26日
 購入後の使用期間5〜6年、未だ使える性能のPCを長く使うには、PCが正常動作の間にHDDのクローン交換をお勧めします。素人さんにも容易です。

@ 先ずHDDの型番からHDDの厚みを調べます。HDDの厚みは多分ノートPCに一般的な9.5mmと思いますが、7mmの物も存在します。もし7mmなら9.5mmは入りません。

※ Speccy - Portableをダウンロード:
 https://www.ccleaner.com/speccy/builds

 解凍してSpeccy64.exe(64Bitなら)をクリックして立ち上げ、表示されるストレージの項目をコピーします。

 ファイルのテキストして保存で項目全てがテキストとして保存できます(このデーターが有れば色々役立ちます)。 ストレージだけなら画面からでもコピーできます。

★ 因みに、項目、オペレーティングシステムの「シリアル番号:」に表示される25桁の表示がそのWindows10のプロダクトキーです。是を無くさない様に何処かに保管してください。HDDを交換する時に紙の折ったメモをHDDの下に入れて置くのが無くさなくて一番安心です(爆)。初期Windows7や8から無料アップデートした物は、Windows10に更新した時点で変更になっています。

 このキーが有れば、HDDが最悪の事態になっても、MicrosoftのHPからWindows10の最新版を落として、新しいHDDを買えばPCの再生が可能です。キーが無ければ、新しくWindows10のOSを買う羽目になりますが、現行で安く買っても17000円程度はします。

A ストレージの型番をChromeに張り付け、ネットで厚みを調べます(9.5mmか7mmか?)。

B 販売店かネットでHDDとUSBケースを購入します。

・ この時、価格的に余り変わらずにHDD1GBとかSSDの500GBへの換装も可能ですが、HDD1TBは容量は大きくは成りますが、一般的には記録方式が異なるため、WindowsOS用には500GBより低速に成り向きません。動作が遅くなります。自分は換装後に知りました(爆)。

・ SSDの500GBも最近は安くなって7000〜8000円でも有りますが、SSDには読み書きの寿命というものが存在します。読み書きが早くなって良いのですが、故障すればHDDの様に素人には簡単にデーターが取り出せないと言うデメリットが有ります。

 そのため、一般的にはSSDを積んだノートPCは、データー用に2台目のHDDも積んで、データーは此方にと書かれています(爆)。安価な物はSSDだけです。SSDの5年保証とかの製品もありますが、データーは保証されません。是を知られない方が一杯います。

・ HDDは実績から東芝製を購入するのが一番安心です。

B 現在の東芝の製品カタログ(2019年版ノートPC用)には型番が以下の様に有ります。

・ 9.5mmなら: MQ01ABD050(パソコン工房3,869円(税別))
・ 7.0mmなら: MQ01ACF050(パソコン工房3,680円(税別))

 パソコン工房通販には、9.5mmなら同じ型番の物が有ります。7.0mmならMQ01ABF050が有りますが、多分同じ物です(税別3860円)ので是を購入して下さい。

 https://www.pc-koubou.jp/products/list.php?category_id=1912&pre=cmm_lpa_203

ただ、パソコン工房は本店で買えばこの価格と思いますが、他の店舗ではこの通販価格より多少高いと思います。価格は毎日の様に変わります。

C USB接続のHDDケースは、パソコン工房なら、
 https://www.pc-koubou.jp/products/list.php?category_id=1926&pre=cmm_lpa_209

UNITCOM
UNI-HAL300U3-BLUE/N
即日出荷対応
2.5インチ Serial ATA HDD/SSD用 USB3.0接続HDDケース ブルー

2.5[SATA] USB3.0
通常価格
974円(税別)
納期: 即納

- か -

UNITCOM
UNI-HAL300-RED2 (レッド マット調)
即日出荷対応
2.5インチ Serial ATA HDD用 アルミ製ツールレス USB2.0接続HDDケース

シリアルATA接続のSSD・2.5インチHDD(7mm厚/9.5mm厚対応) USB2.0(インターフェイス:USB2.0 miniBタイプ)
通常価格
980円(税別)
納期: 即納

の何れかを買って下さい。是は工具要らずでHDDの取り付け取り外しが便利です。。色違いも有ります。最近のPCには、USB2端子とUSB3の端子がついています。

USB3はUSB2の上位互換で同様に使えますが、USBコードが違います。USB3の物は硬いのでPCに挿しても余りHDD側の自由が効きませんが転送スピードは高速です。

USB2の物は今迄のもので、コードも柔らかく、他のUSBコードと互換性が有ります。自分は両方有りますが、何れが良いとも言い難いです。転送速度を考えれば、USB3を購入します。(自分のテストでは、本体からUSB HDDへの転送速度は1.5倍〜2倍違いました。)

★ ただ、HDDクローンを作る場合の接続は、USB HDDケースの如何を問わず、PC側の接続はUSB2端子に接続してクローンを作った方が上手く行く確率が高いと思います。最初はUSB3でクローン、上手く行かないで失敗すれば、USB2にしてクローンを作ってみて下さい。

 USB2とUSB3の本体PCからの転送速度は相当に違いますので、上手く行けば短い時間でクローンが作れます。

D 買ったHDDをHDDケースにセットします。上のケースなら簡単にセット出来ます。

E ベクターからフリーソフトのEaseUS TodoBacupをダウンロード、インストールして下さい。使い方はメーカーページに有りますが、メーカーページからダウンロードすれば、メルアド等が要求される場合が有ります。

※ EaseUS Todo Backup 無料版:
 https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se501336.html

F 以下の自分のブログを参照して、フォーマットを掛けて下さい。

※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換方法!
 http://m-jun.seesaa.net/article/410761846.html

 此処に

「必要なら、この初期にパーテーション分割などを行います。ボリューム名称等は後で変更が効きますが、初期はそのPCの順番に割り振られ決まります。」

 と有りますが、是はこれからHDDの完全クローンを作るので必要有りません。PCに接続したUSB HDDが認識(F:???と)されればOKです。この時、上に書いた様にUSB2の端子に接続して下さい。

G PCにHDDが認識されれば、EaseUS Todo Backupを立ち上げて、ブログを参照してクローンを作成して下さい。この時、他の作業をPCでしてはいけません。時間は掛かります。以前自分の場合は7時間とブログに有ります。

H クローン作製が完了すれば、PCの裏蓋を開け(ファンが蓋側に附く物はリードに注意です)、内部HDDと作成したHDDを交換、電源を入れれば今迄通り普通に立ち上がると思います。

是が正常にクローン作製が出来なければ、ちと厄介です。が、デスクチエック等で修正とかの記載がネットに有りますが、是をしてはいけません。是は本当に最後の手段で、是をすれば、HDD内部のデーターを壊してしまう可能性が有ります。

先ず、一回失敗すれば、再度のトライです。二回目で上手く行く場合も勿論有ります。

(先日、自分がHDDからSSDにクローンを作つた時のHDDは未だ使用100時間以下、この様な物でもセクターエラーと表示された事は先日の記事の通りです。が、ソフトでの調査では正常品です。)

二回目でも上手くいかない場合は、ソフトはそのままで、そのソフトから別の立ち上げソフト(DVD1枚か8GBのUSBメモリが必要です)を作りクローンを作りますが、HDDの場合はWindows版でも多分1〜2回で上手くクローンが出来ると思います。

I 完了すれば、このEaseUS Todo Backup 無料版:はそのままで自分自身のHDDのD:ドライブや他のHDDにそのPCのC:ドライブの完全クローンを作る事が可能です。Windowsアップデートの度にそのクローンを作って置けば、PCの動作不良に成った時にEaseUS Todo Backupを立ち上げれば、以前の状態に戻す事が可能です。

ただ、何度もバックアップを作れば、容量(1回で40〜50GB)を食います。バックアップは1〜2個にして、以前の物は消去します。

是は、Windowsが正常に立ち上がると言うのが条件ですがHDDが飛んで立ち上がらなくても上に書いたDVDかUSBメモリを作れば、読み出しが可能で、HDDを新規購入すればC:ドライブは再生出来ます。

I 交換した旧のHDDは未だ正常に使えるので、PCが正常に動いているのを確認する時点までそのまま置いて置き、その後、USBケースに入れて完全フォーマットを掛ければ、データーバックアップ用のHDDとして使えます(内臓品の様に常時電源は入れないので)。

 因みに、サーバー用のHDDは2年で異常なくても交換、政府の使うPCも是に準じています。自分の場合は、飛んで交換ですが、以前のXPもこのPCも10年で2台程度のHDD故障交換をしています。因みに、このメインPCのHDDも最近ちと可笑しいので近々交換しようと思っています。是も既に貰って10年、HDDは交換すれば3代目に成ります。

 他の方に聞いても、新規のPC購入は5〜6年、多くはWindowsが立ち上がらない。つまり殆どの場合、HDDのセクター故障やクラッシュが原因です。其れを回避しようとするのが今回の換装です。

 今迄ならPCの新規購入は、Windowsが新しくなるとかのメリットも有りましたが、Windows10は言われる通り、最新バージョン(現在ならVer.1903)にして置けば、18ヶ月のセキュリティー更新が保証されます。その後も更新は続きますが、新規バージョンが更新される限りそれにPCが対応出来れば、PCが他の要因で故障または遅くて使えなく成るまで使えます(現在言われるのは2025年まで)。

 ほんと、スマホもこうあればいいのですがね。。。

 所で、貴方のPC、以前の物の最後はどのように成って使用不能に成りましたか?。Windowsが立ち上がらない、HDDのクラッシュだったのですか?。その他なら遅く成り新規購入程度しか無いのでは有りませんか?。

※ HDDケース UNITCOM UNI-HAL300使用時の注意点(HDD/SSDが認識しない)!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471074105.html
※ 長く使うPC(FMV-BIBLO-NF/G50)で自分が保管しているもの!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471090512.html
※ ネット情報に振舞わされないために秋の夜長のネットサーフィンURL!:
・ HDD/SSDの種類とフォーマット
 https://m-jun.seesaa.net/article/471037184.html

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。