掲載:2019年11月08日
※ Apple、「iOS 13.2.2」「iPadOS 13.2.2」を公開 〜モバイル通信が切れる欠陥に対処:
 https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1217314.html
・ バックグラウンドアプリが予期せずに終了する問題も解決

【記事引用】

 米Appleは11月7日(現地時間)、「iOS 13.2.2」および「iPadOS 13.2.2」を公開した。10日足らずでのマイナーアップデートとなる。「iOS 13.2.1」「iPadOS 13.2.1」はスキップされたようだ。

 本バージョンには、以下の修正が含まれている。CVE番号の割り当てられた脆弱性の修正はない。

Appがバックグラウンドで実行中に予期せずに終了する場合がある問題を修正
iPhoneで通話後にモバイル通信サービスを一時的に利用できなくなる場合がある問題を解決(iOSのみ)

モバイルデータ通信を一時的に利用できなくなる場合がある問題に対処(iOSのみ)

Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題を修正

SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題に対処

YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題を解決

 「iOS 13」はiPhone 6s以降で利用可能。「iPadOS 13.1」はiOSをベースにしたタブレット向けのOSで、iPad Air 2以降、iPad Proの全モデル、iPad 5世代以降、iPad mini 4以降に対応する。現在、[設定]アプリの[一般]−[ソフトウェアアップデート]画面から無償でアップデート可能だ。

※ iOS 13.2.2公開。モバイルデータ通信できなくなる問題の解決など:
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000036-impress-sci
※ 「iOS 13.2.2」リリース モバイルデータ通信の不具合などを修正:
 https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1911/08/news064.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


掲載:2019年11月06日
20191106-10_s.jpg 検索からの訪問で、今回初めて以下(画像)の表示を見ました!

 ----------
このURLは、すでに有効期限が切れています
Yahoo! JAPANでは、フィッシング防止の観点から、URLに期限付きの署名をつける機能を導入しています。
この署名の期限が切れたり、ネットワークの状況でURLが変わってしまった場合などにこの画面が表示されます。

この画面が表示されたら
いずれかの方法をお試しください。

Yahoo! JAPANトップページまたはYahoo!検索トップページへ戻る
Yahoo!サービス一覧ページより、ページを探す
Yahoo!検索でページを探す
Yahoo!ツールバーを使おう!
Yahoo!ツールバーを使えばすぐにサイトを登録できて便利です。
 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年11月06日
20191106-01_s.jpg 先日からこのブログに記事の有る様に、購入後5年程度経ったPCのHDDクローン換装を勧めている。其れは、現在までの皆さんの経験、自分の経験から、PC新規購入の殆どはHDDが飛んでWindowsが立ち上がらなく成って・・・と言うのが一番多い。

 その程度はどの程度かと言えば、5〜6年、自分のPCは以前の物も友人から貰っての10年選手、やはり使用途中でHDDだけは何度か交換している。其れなら、

@ HDDが正常に動作している間のクローン換装は素人でも簡単に出来る。
A 取り外したHDDは検査ソフトでも未だ正常と出るだろうから、買ったUSBケースに入れれば、データー用のHDDとして使える(常時電源を入れているHDD ⇒ 間欠使用HDD)。

 今回、是を皆に勧めるのは、6年前同じPCを数台まとめて買った内の1台のHDDが可搬無しの卓上PCなのに突然HDDが飛んだ。「そういえば6年も経ってる」と言う事で、これ等を同時に買った人間は全てHDDのクローン交換を実施した。

★ 素人でもHDDのクローン交換が簡単に出来た!。

 是を聞いた他の人間も、メモリ増設、HDD換装、PC内部(ファン周辺)掃除を行っている。殆ど全ての方は、今迄メモリ増設もしたことの無いズブの素人、そんなHDDをクローン換装した一人から、交換したらHDDの音が大きく成った様に思うとの発言。

 其れは大変、とHDDの異音とはこんなのですよ!とURLを送った。是で無ければ、HDD検査ソフトで内部に書き込まれた内容を見れば大凡の判断が付きます。CrystalDiskInfo:をダウンロードして調べて下さい。と送った。

 結果は、

@ URLに有る異音の様な大きな音では無い。
A CrystalDiskInfo:でも可笑しい数値は無い。

 と言う事で、”固体差?”、当面は様子見と言う結果に成った。

● 因みに、サーバーはHDD自体も一般PC用HDDとは型番も違い、データー保持の信頼性を計るためHDD2台を使ったRAID構成されています。このHDDは2年で問題が無くとも交換と言うのが一般的です。但し、サーバーは24時間連続通電、休むと言う事は有りません。

 連続通電と間欠通電、何れが機器に取って厳しいかと言うのは、両方の説が有り一概には何とも言えません。

 ----------

★ HDDの異音とは。。。。:

★以下に、HDD異音の録音版が有りました。。。

 HDDは機能部品です。機械ものなので運送途中で故障と言う物も有り得ます。 HDDの故障と思われる物は、交換の必要が有ります。

 ----------

★ HDD異音とはこの様な音です。この音が長く続く場合、故障の可能性があります。

@ 外付けハードディスク(HDD)から変な音が?焦る前にまずは一度確認を!:
 https://www.buffalo.jp/topics/trouble/detail/recovery_0002.html

A HDDの異音ってどんな音?:
 https://www.buffalo.jp/contents/service/recovery/contents/detail41.html

★ 実際の異音の録音版です。

「カチカチ」「カラカラ」「チリチリ」「カタカタ」「カンカン」など、実際に故障したHDDを集めて録音した異音サンプルを集めました。
このような異音が発生している場合、できる限り速やかにハードディスクを修理に出すかデータ復旧サービスのご利用をおすすめいたします。

★ 【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】:
 https://3adata.jp/blog/hdd-16

 異音のするHDDの例、動画有り。
 ----------

※ CrystalDiskInfo:
 https://crystalmark.info/ja/software/crystaldiskinfo/
・ HDD/SSDの健康状態をチェック:
 https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/
 ----------

● パソコンから出るこの音は異常?正常?故障の前兆?:
・ 第1回「CPUファン等」:
 https://mbp-japan.com/saga/pc-pro/column/4005769/
・ 第2回「HDDの音」:
 https://mbp-japan.com/saga/pc-pro/column/4005781/
・ 第3回「ファン類の音について」:
 https://mbp-japan.com/saga/pc-pro/column/4005805
・ 4回(最終回)「ビープ音、その他」:
 https://mbp-japan.com/saga/pc-pro/column/4005819/
 ----------

   ま(*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年11月04日
20191104-01_s.jpg 最近、このブログで毎日閲覧の有る記事は、「PCメモリのデュアルチャネル動作にメモリ設定など有りません!」

 このデュアルチャネル動作、自分考えるに、

★ かなりの高速動作を求めるゲーム用PCをお使いの方以外にメリットは有りません。ただ、気分的問題から、

@ 現在、2GB×2(DUAL)から4GB×2への変更(ノートPC/ソケット2)

 の方がメモリを購入する場合、”価格的には変わらない”DUALを求めるのは当然と言えば当然かも知れません。

 この友人のメモリ購入はご自分のメモリ無料増量の時です(爆)。そう、普通のPC使用方にメモリがSingle動作/DUAL動作は余り関係が有りません。普通の方には、Single/DUALより、メモリが多い方がメリットが有ります。

★ 以下の方にはDUAL対応メモリを買われ使われるメリットは有りません。

@ DUAL対応機種では無い

A HDDを使用している(SSDも感じは同じで変わらない)

B ネットやメール・オフィスの使用程度しかPCを使わない。

C ゲームをしない。そのそもゲームPCでは無い。

 曰く、高速処理を必要とする操作はしない、CPU(i3/動作周波数が低い等)能力自体が低い。

 その様な物にDUAL対応 Memoryを搭載しても体感できる効果は有りません。

 それより、メモリは少しでも多い方がネット閲覧でも多くのページが開けられて便利と言えば便利、少ないとソフト自体が立ち上がらないと言う事も有ります。

 メモリ、PCを触るお友達の多い方は多分、机の引き出しには何かしらの物が入っています。

 自分にも先日4GBから8GBへ変更する場合に外した4GBのメモリが1枚、是と同様な事を以前した友人から貰った同規格のメモリが1枚、合計2枚のメモリ(共にDDR3L-1600/PC3-12800)を持っています。

 メモリ規格は一世代前のDDR3ですが、間違えれば動かない物を買ってしまうDDR3L。DDR3とDDR3L、何が違うかと言えば動作電圧が違います。1.5Vと1.35V(3L)。

 自己責任ではDDR3Lは両方に使えますが、DDR3は1.35Vでは動作しません。また、DDR3とDDR3Lの混在した使用法も出来ません。メモリは上位互換です。

 その様な片割れメモリ、ソケットを2つ持つDUAL対応CPU搭載のノートPCを持つ方にはシングル動作なれば不要メモリを貰って来るのも一つのメモリ入手方法です。

 友人がメモリを換装する。貴方に取っては無料メモリ増量の時かも知れません。

「取り外したメモリ余ってない?」、とにかく声を上げる事です(爆)。

 誰かがメモリを購入すれば、その外したメモリを使える方は必ずいます。

 因みに、この今の自分のPC、4GB×2(DUAL)に初期搭載されていたメモリは友人2人の所に行き、其々2GB×2(Single動作)に現在でも使用されています。

★ 写真は自分の引き出しに有るメモリ2本。6年前、お友達のPC購入時に自分が追加したメモリも他の友人のPCから外したメモリだったです。

※ PCメモリのデュアルチャネル動作にメモリ設定など有りません!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/377130709.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年11月03日
 先日、自分は当該ブログの常時SSL化をした。其処でも「忘れられた記憶」での検索は燦々たる状況、SSL化後の最高ランクは50位以下だったが、その後、記事を毎日更新しても、この日曜日、とうとう100位まで確認しても確認出来無い完全圏外に成った。

 因みに、アクセス解析でのGoogle・Yahoo!からの閲覧者数は何と5%以下。以前なら毎日の90%以上の閲覧者が検索エンジンからの閲覧者だった。

 数年前のseesaaブログ検索除外問題、その時も自分のブログは結構大丈夫だったのだが、今回ばかりは完全に無視(除外)されている。。。

 そう、全文検索に置いても昔の記事でも、今回投稿の新しい記事でも、素直に検索に掛かる物は少なく、検索に掛かればラッキー程度にしか掛からない。

 seesaaブログがまたGoogleの逆鱗に触れる事をしたのか?、以前からの因縁で今回少しで嫌われたのか?、SSL化の無視から段々の除外か?、暫くは様子見をしたいと思うが、毎日が消滅の危機の様に思う。

 現在の自分はブログの記載を止めた人間だが、記憶に留め置くために安定したブログを望みたい。現在のseesaaブログ、検索エンジンから全く無視/除外されている様子である。

 現在のseesaaブログは常時SSL化を実施してもこの状況であり、常時SSL化無しのseesaaブログは、多分完全無視。。

 現状、seesaaブログから皆が他のブログに変更するのも判らぬでも無い。結果的にGoogleのブログが一番の安定を示すのかも知れない。

 自分の引っ越し?、もう疲れた。”ブログ記事数5000越え、何度もの移設の力も既に失せ”。

 当該ブログ、常時SSL化しても論外、毎日が圏外、ネットから消滅の危機?。

 このまま行けば、SEESAAブログはもう少しすれば完全に検索に掛からない日が来るのかも知れない?。

 自分はネットには素人の門外漢だが、今回だけは素人でも明確にその現象が判る。。。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
掲載:2019年11月03日
20191103-01_s.jpg20191103-02_s.jpg 先日から自分が記事にしている”低能力PC”、つまりネットの閲覧等は普通に行えるが、Windows Update時にはタスクマネージャーのパフォーマンスのCPUを確認すれば、常時100%が長時間続き、挙句、失敗と言う表示の出るPC。

 その様なPCの使い方として、自分の先日の実験ではメモリを初期搭載の4GBから8GBへの換装により是が改善されるとした。確かに是は有用では有るが、自分は是を勧めない。

 何故かと言えば、根本原因はCPUの能力不足、このメモリ換装のデメリットはWindows更新に合わせ再び同様エラーに成る可能性大。

 其れなら、例え3000円(通常使用PC購入ならPC購入費の1/20程度)でも、新規PC購入への貯金である。PC遊び以外、PCの改装/換装にはPC能力に合わせた掛けても良い金額を見極める事が大切です。

 昔、JAVA自動インストールに失敗、この失敗のエラー対処法がネットに無く、自分は苦労の末、対処、以降のアップデートで見つけた回避方法は、”オフラインインストール”で有った。

 是と同様に、Windows Updateや使用するデバイスドライバーの更新は一度覚えれば本当に簡単にインストールを行え、自動アップデートの様に失敗する事も、CPUパフォーマンスが100%を示す事も殆ど無い。

 何れにCPUパフォーマンスを必要としているのかは定かでは無いが、自分でKBファイルをダウンロード、インストールは以下の方法で自分は失敗を見た事が無い。しかも、インストールの時間も早い。

※ Microsoft Update カタログのサイト:
・ 下URL説明に初回”アドオン”のインストールと有りますが、自分はこの覚えが有りません。自分の既定ブラウザはchromeで、予備のPC 2台でもchromeでダウンロードしています(間違いだったらすみません)。
 https://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx
※ Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法:
 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/323166/how-to-download-updates-that-include-drivers-and-hotfixes-from-the-win
※ Windows 10 - Microsoft Update カタログから更新プログラムを手動でインストールする方法:
 https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/all/windows-10-microsoft-update/244791a1-a157-4b0e-88e3-2e20a3ac235a

 ----------
※ 更新プログラムの適用が必須のWindows OS:
 https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1509/07/news030.html
※ 【Windows10】特定のKBをWebから個別ダウンロードする方法【更新用プログラム】:
 https://tipstour.net/windows/21414

★ 画像はダウンロードしたKBファイル(Wクリックでインストール)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年11月02日
 メモリ増設、HDDの交換(換装)、SSDへの換装をお考えの皆さんへの参考資料・問題点と実際!。実際、何処までお金を掛けられるPCで有るのか、見極める事も大切です。

 例えば、今年(2019年10月)自分がテストしたLenovo ideapad300-15IBRには現時点では、テストの結果お金を掛ける合理的理由は見つかりません。問題点はWindows更新時の更新ミスが問題で、是は頭を使いオフラインUpdateで対処するべきで、このためだけにしか使わないメモリ増設は、換装が安くても実施の意味が有りません。其れなら次回のPCの購入用に貯金すべきです。

 今回テストのLENOVO、テスト後の処遇は、もしもの時の予備として既にお蔵入りです(爆)。

 秋の夜長の読み物として時間が有ればお読み下さい。一話完結順不同。

※ PCメモリのデュアルチャネル動作にメモリ設定など有りません!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/377130709.html
※ PCのメモリ増設・購入時の注意点(シングル動作とデュアル動作):
 https://m-jun.seesaa.net/article/248141974.html
※ 拡張メモリスロット2・DDR3−メモリ1搭載のメモリ増設の考え方(シングル?デュアル?):
 https://m-jun.seesaa.net/article/371317767.html

※ メーカー製PC(FMV-BIBLO-NF/G50)のHDD故障交換方法!
 http://m-jun.seesaa.net/article/410761846.html
※ 長く使うPC(FMV-BIBLO-NF/G50)で自分が保管しているもの!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471090512.html
※ ネット情報に振舞わされないために秋の夜長のネットサーフィンURL!:
・ HDD/SSDの種類とフォーマット
 https://m-jun.seesaa.net/article/471037184.html

※ とことん躓いたPCのSSD換装と軽量化/Memory(か)信仰とSSD(か)信仰/使い方!
 https://m-jun.seesaa.net/article/471032434.html
※ とことん躓いたノートPCのHDD(500GB)をSSD(120GB)へ換装の概要と対処!
 https://m-jun.seesaa.net/article/470899859.html

※ PCのWindows更新が失敗する対策は「メモリ増量」だった(爆)!
 https://m-jun.seesaa.net/article/470899884.html
※ Lenovo ideapad300-15IBR の光学ドライブをHDDに換装!
 https://m-jun.seesaa.net/article/470993112.html

※ 未だ正常動作中PCのHDDクローン換装の勧め!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471255582.html
※ HDDケース UNITCOM UNI-HAL300使用時の注意点(HDD/SSDが認識しない)!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471074105.html
※ 未だ正常に使える状態でのPCのHDD交換手順:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471112007.html

★ 素人が買ってはいけないPC、意味の分からない方が買ってはいけないPCは、「販売店仕様/代理店仕様」のPC、これ等のPCの多くは一世代前のCPUを積んでいます。結果的には安くは有りません。

 BTO PCは情報が少なく購入に心配と思われる方は、メーカー製アウトレットPC(多くは業務用PC)をお買い下さい。BTO PCに内容的には近い物ですが、提供される情報は確実にBTO PCに比べ多く長いサポートが有ります。但し、インストールソフトはOSとオフィス程度と少ないです。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年11月01日
 是は個々個人の考え方だが、既に使用後(購入後)5〜6年が経過し、未だ正常動作のPCをお使いの方で、CPUがIntel i3以上の機種をお使いなら、HDDクローン換装!を勧めます。

★ お勧めの理由:先ずは素人にも換装が容易!

@ SSDと異なり、HDDに寿命は無いが、自分の今迄の経験から10年以上使い続けているPCは途中1回以上はHDDを故障交換している。

A 普通、皆さんのPC購入はWindowsが立ち上がらない(HDDが飛んだ・HDDクラッシュとの一般表現)での購入が多い、其れが大凡5年程度である。

B 現在まで、5年程度でOSの新規更新も有り、新規PC購入の価値は有った。現状、Windos10の更新方法は今迄の更新に異なり、PCの動作が遅く感じられるか、PCが再起不能の故障をするか、2025年のOS更新まで、更新さえ怠らなければ使える。

C 正常動作のHDDクローン換装は素人でも容易である。必要部品はUSB接続HDDケースとHDDで、500GBHDDなら5000〜6000円程度でHDDが新品に交換可能である(トラブル後の更新は出来なくは無いが、厄介)。

 是で、唯一のPC上の可動電子部品のHDDが新品に成ったため、未だPCの動作を遅く感じないPCなら、新規PC入手と変わらない(手慣れたキーボードも有る)。他の電子部品は5年間の通電エージングテスト済(爆)。

 皆さんも、長く使えるPCをお持ちなら、是非お考えを!。

※ HDDケース UNITCOM UNI-HAL300使用時の注意点(HDD/SSDが認識しない)!:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471074105.html
※ 未だ正常に使える状態でのPCのHDD交換手順:
 https://m-jun.seesaa.net/article/471112007.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月31日
 確か、GoogleがSSL化を言いだしたのは数年前、お店のHPをお持ちの方は多分皆さん安易に考えて居られたと思う。

 其れが、今に成っては無償借用するブログで有っても、常時SSL化を要求される様に成った。常時SSL化されていないんブログは、Google(Yahoo!)の検索から除外迄とは言わないが、相当な圏外ランク落ちに成った事は言うまでも無い。

 小生のこのブログ「忘れられた記憶」をこの通りの「忘れられた記憶」として検索を掛けて下さい。昨日見たランクは「60位(6枚目の一番下)」直接「忘れられた記憶」と入れて是で有る。20年近く1枚目トップを保持していたこのブログ、先日常時SSL化に対応したが、時既に遅しである。

 先日も書いたが、一度此処まで落ちれば、初めてブログ「忘れられた記憶」として作った人間に変わらない。曰く上位に持って行くためにはまたそれなりの努力が必要である。

 そう、見て貰えば分かるが、「忘れ・られた・記憶」と分割したフレーズ以下の順位が現在の位置である。

 自分は、飛騨が好き。応援する町も有る。その様な町の観光協会のHP、以前は手作りな様相だったが、先日見ればウエブデザイナーが作った様なHPに成っていた。当然、https://だろうと思ったが、URLの前には「保護されていない通信」との文字が有った。

 此処までお金を掛けて勿体ない。そう、常時SSL化されていない、

 検索エンジン、GoogleとYahoo!検索に相手にされない嫌われるHPとして存在していた。

 近隣の宿のHP等を見れば、相変わらず放置されていた。何が放置かと言えば、「フラッシュの使用のHPの宿」、以前なら未だフラッシュも動いてスキップや停止も出来た「フラッシュ」だが、現在のGoogle chromeは「フラッシュの停止」。

 スプリクト跡の白い表示が残るだけである。アドビがサポート停止を宣言しているので何れフラッシュは消えるが、その前に、既に表示されないのである。

 もし、サーバーメンテやHPの管理を幾ばくかの管理料を払って管理を依頼している方も居られるだろう。もし、管理を依頼しているHPがこの様な状況では、金額の問題では無く、無管理状態と言わざるを得ない。

 個人の趣味のHPならいざ知らず、お店のHP、其れなりのお金と管理料を払って運用しているなら、

@ 先ずはHPは動いて、見られる状態にある事

A 常時SSL化(金銭を扱わないとしても必要・この様な自分の無料ブログでも必要)して、最低限検索エンジンに嫌われない仕様である事

B 昔は、PCメインのHPで良かったが、現在はモバイル(スマホ)時代、PCメインよりモバイルメインのHPで無くては意味が無い(スマホページが重い)。自己ドメインを持つHPなら、最低限同一点数。多くのページの現状はPCの半分以下の点数がmobileである。

C これ等全ての評価は、素人(クライアント・依頼者(商店主))判断の付くGoogleAI先生や他のAI先生が無料で教えてくれる。ただ、100点が決して一番のHPに成るとは思えないが、良否判定の指針や目標には成る。

 先日からWEB上を確認すれば、上の傾向が観光協会や商工会、お店や宿のHPに多々見られる。多くはPCのページが重要視されているが、これをモバイルメイン且、モバイルの点数がPCページより上で無ければ成らない。

 面白い事に、スピードだけを追求、内容の無いページを作りテストしたが、其れでは点数をくれないAI先生も居た(爆)。どうなっているのか?、ワード数を見ている事から、何れもバランスと言う事だろう。

 PCページとmobileページのバランス、点数対効果、バランスと言う物は本当に難しい。

 「人間、何でも過ぎれば病気」とは自分の言葉で有るが、「プログラムに考えすぎと云う物は無い。」、有るとすれば、「費用対効果」。ただ、HPを持つなら、「HTTPS」、「常時SSL通信」の鍵マーク、今後は有無を言わず必要である。

 クライアントも馬鹿なればウエブデザイナーに騙される。各地道路に有る一部不要箱ものに等しい、儲けたのは利権を貪る人間とコンサルタント。

   (*^‥^*)」 イヨッ
掲載:2019年10月30日
 皆さんは自分のURLが「http」⇒「https」に成れば、「常時SSL化」されたと思われていませんか?。

 自分には、皆さんがそう思われていると思えて成らないのです。

 HTTPS配信に切り替えたから大丈夫、そう思われていると思えて成らないのです。

 ブラウザのGoogle chromeで確認、貴方のURLに前に「鍵」マークは点いていますか?。其れが貴方のブログのどのページに行っても点いている事を「常時SSL化」と言います(多分)。自分も未だ良く分かってないのです。此処1週間の事なので。

 時期も時期、未だ切替期間中なのかも知れませんが、「seesaa Blog 常時SSL化」や「seesaa Blog 常時SSL化方法」と検索に入れれば、殆ど検索に掛からない。

 そして、皆さんのブログを見て思います。

 皆さんのブログを見せて頂くと、〇にiなのでURLが「http」かと言えば、そうでは無く既に「https」への切り替えが済んでいるブログなのです。

★ 管理>HTTPS配信 からHTTPS配信の設定をされたブログなのです。

 しかし、少しは触られたブログ?は、この切替だけでは「常時SSL」配信には既になりません(多分)。

 確かに、seesaaブログの管理画面の「HTTPS配信」の切り替えスイッチのページには「注意書き」として以下の記載が有ります。

 ----------

HTTPS配信

配信しないから配信する設定にした場合にはブログへのアクセスにSSL通信を利用するようになり、URLが変わります(http→https)ので、以下に例示するような影響が想定されます。ご利用の際は予めご了承ください。

<影響例>
・以前に設定したサーチコンソールは、機能しなくなるため再登録が必要となります。
・FB等のイイネは、既存のカウントがクリアされ0からとなります。
・記事などの内容によってはmixed content(混在コンテンツ)警告が表示されます。またCSSやHTMLをカスタマイズしている場合にも、同様に警告が表示される可能性があります。
・その他、httpを前提としている外部サービスとの連携を主として、予期せぬ影響が生ずる可能性があります。


HTTPS配信

配信する 配信しない

 ----------

 seesaaブログでも以下の様な「常時SSL化」を無視した(〇にiの表示が点く)ページが存在します。

※ Seesaaブログとは | Seesaaブログ:
 https://blog.seesaa.jp/pr/

 確かに、ブログ内部の「CSS」や「HTML」を触る事は使用者の自己責任です。

 でも、知らずに単に切替スイッチをHTTPS配信>配信するにされた方も居られるかも知れません。その切り替えで上手く行く方も居られる様に思いますが、少なくとも、スキンをセットし、何かを変えられた方は「常時SSL化」から外れた?と思って間違いは無いと思います。

 そして、確認は少なくとも、「ブラウザ」を「Edge」のみでは無く「Google chrome」での確認をされてみる事をお勧めします(自分は現在、chromeやFirefoxしか使わないのでEdgeは無いのです)。

 何故、この様な不明確な言い方しか出来ないのかと言えば、自分のこのブログはご覧の通り、旧のスキンからの「大改造品」なのです。Java scriptも追加しています。

 単に「HTTPS配信>配信する」にしても、「〇にiの注意マーク」が出る「安全でないサイト」にしか成らないサイトだったのです。従って、管理画面からの「HTTPS配信」の切り替えと、ブログ内部のCSS/HTML/script(js)の全てを触らないと「常時SSL化」には成らなかったのです。

 自分が見るseesaaブログのお使いの方に「常時SSL化」した(鍵マークだ出ている)方が余りにも少ないのです。折角のURLの「https」、余にも「〇にi」の「注意サイト表示が多いんです。

 しかし、何故「非常時SSL化の注意に成るのか」の内容は個々の状況に寄る為、何とも言えないのです・・・。

 ただ、「常時SSL化」でない以上、「Google検索AI」には大変嫌われている事だけは確か、検索ランクは日を追う毎にランクダウンしていきます。自分のこのブログの様に・・・。

※【Seesaaブログ】seesaa.netドメインのHTTPS配信化(SSL化)機能をリリースしました:
(posted by シーサー at 2019年08月27日 13:58)
https://info.seesaa.net/article/469227392.html
※【Seesaaブログ】HTTPS配信化(SSL化)機能がシーサー提供ドメインでも利用できるようになりました:
(posted by シーサー at 2019年09月10日 16:10)
 https://info.seesaa.net/article/469987739.html

   (*ー‥ー*)」 イヨッ

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。