掲載:2019年12月04日
 大阪のTVでの報道で昨日、登山趣味の方が1千万人を超えたと言う報道。

 自分は過信者の安易な登山が増え、遭難者が増えるとしか思っていない。自分はこのブログで安易な登山の危険性を記載しているが、登山される方は、

「まさか、自分には起こらない・まさかこんな所では起こらない」

 と思って山に登られているのだろう。当事者意識とはその様な物です。

 でも、良いサービスが生まれています。街中での迷子・徘徊にも対応、年会費 (税別)\3,650と考えれば安価。

 其れが、遭難対策「ココヘリ」、専用GPS発信機を持ち歩けば、発信電波の検出は16Km、現在までの発見率は、今年22人遭難に対し、全員発見。ただ、亡くなって発見された方が幾人か居られる。

 そう、貴方が良くても、遺体が見つからないと、残された者には厄介な事も起こるのです。

 登山趣味には常に危険が付いて来る、それは低山であれ高山であれ、夏山であれ冬山であれ、変わらない。

 悲しむ方が居られれば、山には登るな、登らせるな、これ以外に本当の危険回避の対策は有りません。

※ COCOHELI ココヘリ | 会員制捜索ヘリサービス:
 https://hitococo.com/cocoheli/

   (*ー‥ー*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事