掲載:2019年11月01日
20190621-044518.JPG 昨日野、大阪のTV放送局の天気予報で大台ケ原の山の上は紅葉との発言が有った。自分の経験上、大阪と大台ケ原では大凡1ヶ月の季節差が有る。

 この連休には皆さん、大台ケ原に出かけようと予定される方も居られるだろう。そして、皆さんが見たいと思われるのが、

@ 満点の星空
A 日の出
B 富士山
C 雲海
D 紅葉
E ブロッケン現象
F 霧氷(11月末)

 だろうと思う。皆さんそうなんだが、この時期の大台ケ原は何せ寒い!、初めての方は是を知られない。従って、其れなりの準備をして大台ケ原散策にお出かけ下さい。大阪とは段違いの寒さです。

 そして、日の出、写真を写されるなら日の出の方位を知って待ち構える必要が有ります。コンパスが必要です。日の出を撮る場所は、大台ケ原山山頂からでも日の出は見えますが、地平線/水平線からの日の出を写しても何処から写したかが分かりません。富士山とて同じです。其処で、大台ケ原の風景が入り日の出が撮れる場所と言うのは限られて来ます。

 そう、三又辻展望台と正木峠、大台ケ原からはこの2箇所が有力です。

 富士山の方向は方位61度、三又辻から見た方向は写真に小さく写る太陽の下が富士山の位置(今年の夏至前日の写真)です。見えれば肉眼で見え、結構大きく見えます。

 余り大きく見えるので、是が富士山?と疑うほどの大きさに見えます。ただ、この富士山は日の出前、小鳥の鳴く時間に見える確率が最も高く、太陽が昇れば上昇気流が発生、水平線/地平線に靄や雲も出るので見えずらく成ります。。

 大台ケ原では、日の出写真を写してから山頂に登られる方が良いと思います。雲海が綺麗に見えるのは日の出後、上手く行けばブロッケン現象もご自分で出せます。

 何れにせよ11月の大台ケ原は寒いです。そして、雨への準備も必要です。多くは昼からが雨、侮るべからず。大台ケ原の雨は以前から順当な雨では有りません。今の時代なら尚更。

 万全の計画と準備で、楽しく美しい感動の出来る散策を!。お気をつけて。因みに、散策は準備さえ有れば三歳児からでも可能で、朝日に感動もします。ただ、自分で歩かない甘えん坊は論外です。

※ 10月・11月の大台ケ原で見られる風景と装備:
 https://m-jun.seesaa.net/article/163379833.html
※ 2014年度版:大台ケ原ハイキング情報・リンク・総集編:
 https://m-jun.seesaa.net/article/395808682.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。