掲載:2018年11月01日
20181101-01_s.jpg20181101-02_s.jpg 2018年10月31日(水):高谷直子(Fl)・鷲尾一夫(G)・渡部春雄(B)+道下克己(Tp):JKcafe:19:00 〜 21:00を聞いて来ました!。

 高谷直子(Fl)・鷲尾一夫(G)・渡部春雄(B)さんの演奏を聞くのは是で3度目、最初の演奏はこのブログに有るが、2014年10月30日(木)、本当に丁度1年後に3度目の演奏を聞いた。

 そう、以前からこのブログに書く様に、自分のジャズの最初はフルートで無類のフルート好き、以前はメーカー聞き分けも出来たほど。そのフルートが入るトリオを聞いた。

 其処に、道下克己(Fh/Tp)が2回目と同様に楽器を持って来店、2回目は何時もお聞きしていたFhだったが、今回はTp、実は自分はこの当日まで道下克己さんの演奏を何度もお聞きしたが、何時もFhをお持ちで自分はFh奏者だと思っていた。本来はTp奏者、Fhは持ち替えだった。

 当日、トリオ演奏を心地よく聞いて居た。2018年10月31日(水)の演奏で高谷さんはアルトフルートを自分へのご褒美として購入と言われており、其の事と高谷さんの感想が当時のブログに書いて有る。

 フルート好きの自分は、当日の事も良く覚えている。当時、高谷さん、LIVEでの演奏は浅いと思われたが、一音一音音を大切に演奏された。2度目はそのコンサート感は消えLIVE、コンサートとLIVEは少し違うと自分は思う。

 そして、この日最後の演奏に道下克己さんが招待でTpを持って1曲だけ入られた。曲は、On a Slow boat to China、其々の演奏家が其々のハーモニー感を持って見事なハーモニーのOn a Slow boat to Chinaを演奏された。お見事。自分には道下克己さんの見事で枯れた演奏に自然に微笑みが出た(爆)。そして、その演奏にOTO屋のマスターの演奏に似た物を見ていた。

20181101-03_s.jpg この日、多分2度目も来られていたと思うが、紳士が帰り際、皆さんに会釈、道下克己さんに一言「お見事でした」と言って帰られた。ジャズファン、その様なものです。1曲の内に所々に数分間、各々が其々見事な演奏をされれば其れでその日のライブは納得。

 自分はこの日、演奏家の皆さんが帰られた後も一人珈琲を飲んで余韻を楽しんでいた。渡部春雄さんの自分への第一声が「腰痛そうですね」、自分には最近皆さんのこの声しか有りません(爆)。そうそう、道下克己さんTpを吹いて36年とか。この日は電車、JKcafeは駅から近いのが有難い。

 次回このお三方の演奏は2019年01月04日(金)、お時間が有れば是非お聞き下さい。また道下克己さんが楽器を持って1曲と言う事が有るのかも知れないが、何せ正月。

※ 高谷直子(Fl)・鷲尾一夫(G)・渡部春雄(B) in JKcafe:
 http://m-jun.seesaa.net/article/408106708.html
※ 鷲尾一夫さんHP:
 http://jazzpanda.main.jp/wp/
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab
※ 『みちしたの音楽』・道下克己(Tp/Fh):
 https://ja-jp.facebook.com/pg/michi0n/about/
 https://justhy.net/michion

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事