掲載:2018年09月26日
20180402-01_s.jpg20180402-02_s.jpg 先日、appleストアーから消えたIphoneSE、持って居る人間、待っていた人間からすればIphoneSE2を期待したが、その噂も消えた。(写真 左:Iphone5s・右:IphoneSE。)

 そう、Iphone自体が大きく成った。でも、自分の周りは多くのIphone5sから最近ヤフオクで買った新古品IphoneSE持ちが多い。自分もこのブログでIphoneSEの事を何度も話題にしたが、当の本人は未だにIphone5sである(爆)。

 確かに自分も一度はIphoneSEを入手したが、譲った。自分の用途からして、Iphone5sでも未だ充分であり、何れIphoneSE2が発売されるだろうと踏んだ(爆)。

 でも、今も思っている。IphoneSE2は何れ復活する。でないと、Iphoneの良さは判ってもスマホの世界情勢に合わない。ひと時の売り上げに酔えば、其れはかって日本を独占したNECのPCの状況に等しい。今でものキャリア依存の日本の何処かのスマホに等しい。

 ----------

 手のでかい自分がIphone5sを操作してると、とある女性

「そんなに小っちゃいIphoneなんですか?」

 彼女のスマホはSONY Xperia(TM)ZS、
 自分も同じと友人がiPhone SEを出す。
 自分は横にSONY Xperia(TM)Z4が置いて有る。

「今この大きさのIphoneSEは販売終了したので市場で一部人気なんですよ!、新古品の価格も手が届くし」

 其処で渡して見る。

「ほんと、操作しやすいですね、カッター(女性)の胸ポケットにも入るし、でも〇さんの様にネックストラップが必須ですね、胸ポケットなら100%落としそうです」

「昨日、万博おゆばで、ネックストラップをIphoneに巻き付け、ズボンのポケットに入れ様として地面に落とした中年男性を見た(爆)。」

「それって何なんですか(爆)」

 ----------

 今回発売されたIphone、期待に反し皆でかく重く高価に成った。是には報道やニュースを見ていると皆さん賛否両論、一番の話題はその価格だった。

 自分達は、安価・小型・必要な性能と言う事に注目したIphone5s(程度の良い中古品・自分は2019年03月までY!mobileの支払い)やIphoneSE(ヤフオク新古品)だったが、今回の新製品はこれ等の殆どの者の予想に反した。高額・大型・必要な性能、残ったのは性能のみに成った。

 性能、そう信頼性、長く更新されるIphoneのアップデート、今回一部au系でIphone5sのiOS12更新で問題が起こっている。是を素人解析すれば、

@ Iphone5sだけに発生
A au系だけに発生
B 回避は3Gへの変更
C 機種としては古いIphone6にも起こらない

 つまり、auが他社と異なるのは電波形式、しかし、auの同様電波を使う筈のIphone6に問題が起きていない事から、未だiOS12への更新を控えるのはIphone5sのみと考えられる。

 しかし、IphoneのiOS12への更新には他の問題も散見される事、iOS12.1のテスト版が既に発表されている事からして、更新はキャリアの如何を問わず、自分達はもう少し待つ事にしている。ただ、Iphoneの以前のOSにセキュリティーホールが有る事も報告されているため、メーカーには早急な対処を望みたい物だ!。

 話戻して、大きく成ったIphone、特に手の小さな女性、最初androidのSONY Xperia(TM) Z1 から Iphone5sに持ち替えた女性の第一声が、

「小さくて持ちやすいのは良いのですが、重量がXperiaと然程変わらないのにびっくり!」

 と有った。因みに、Xperia(TM) Z1は171g、Iphone5sは112g(IphoneSEは113g)で実際は50g以上軽いのに、アルミの見えた筐体、小さくずっしりした感覚でそう思われたのだろう。

 でも、今回はどうだ、全てがでかくなって、重量も200gを超える物も出だした。200g。

 ----------

【機種名とサイズ】

・iPhone SE:4インチ|W58.6×H123.8×D7.6mm 113 g

・iPhone 7 Plus:5.5インチ|W77.9×H158.2×D7.3mm 188 g
・iPhone 8:4.7インチ|W67.3×H138.4×D7.3mm 148 g

・iPhone XS:5.8インチ|W70.9H143.6×D7.7mm 177g
・iPhone XS Max:6.5インチ|W77.4×H157.5×D7.7mm 208g
・iPhone XR:6.1インチ|W75.7mm×H150.9mm×D8.3mm 194g

 ----------

 今回の新機種、大きさは、インチ数は別にしても、高さが最低143mm、多分小さな女性の手よりでかい!。是を皆さん片手操作が出来るって凄いです。

 自分の手は人様より大きく、手のひらを含めた長さの最長部は190mm、バスケットのボールを上から持ち上げられる大きさが有るんですが、其れでもSONY Xperia(TM) Z1でもZ4でもでかいと思うんです。当然自分は片手操作は無理、両手の操作、曰くおっさん操作。

 でも、皆さん出来るんですね、この新製品の大きさと重さの物の片手操作、200gをずっと持って操作の電車、本当に皆さん是で疲れないんですか?。

 胸ポケットにも入らないIphoneと言うかスマホ、携帯と言う言葉から既に外れ、胸ポケットに携帯出来ない携帯電話、自分は少し違う感じがする。

 ゲシュタルト崩壊が起きたとの記事も有るIphone、製品のゲシュタルト崩壊とは迷走を意味するのか?。自分は、迷走では無く外れたと思う。

 自分は当分、この小さく可愛いIphone5sで未だ充分である。このiOS12の騒動が落ち着けば、OSも最新バージョンに成るし・・・。

 そうそう、以前程度の良い中古品のIphone5sをヤフオクで買った人間、最近新古品のIphoneSE(日本版SIMロック解除品32GB)をヤフオクで買った人間(殆ど中古5sからの乗り換え)、失敗だったと言う人間は誰もいない。

※ iPhone SEからMaxまでをずらりと並べて大きさを比較してみたら、iPhoneのゲシュタルト崩壊が起きた:
 https://www.gizmodo.jp/2018/09/iphone-xs-max-compare.html
 2018.09.20 14:20
※ ゲシュタルト崩壊 - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88%E5%B4%A9%E5%A3%8A

ゲシュタルト崩壊(ゲシュタルトほうかい、独: Gestaltzerfall)とは、知覚における現象のひとつ。 全体性を持ったまとまりのある構造(Gestalt, 形態)から全体性が失われてしまい、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。

 ------------

【2018年12月追記】

※ アップルの2018年最大の戦略ミスとなった「iPhone SEの廃止」
 https://forbesjapan.com/articles/detail/24419?internal=top_firstview_03#
 ビジネス 2018/12/15 12:0【12/15日追記】
※ IphoneSEはいつ消えた?:
※ IphoneSEはどんな機体?:
・ さようならiPhone SE。これで小型スマートフォンは絶滅した:
 https://wired.jp/2018/09/18/goodbye-iphone-se-small-phones/
※ 2018年10月の中古スマホ売上ランキング、iPhone SEが3カ月連続で1位:
  http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1811/01/news102.html
 11/1(木) 17:46配信
※「iPhone SE」が4カ月連続1位、auの「Galaxy S9」が急上昇 ムスビーの中古スマホランキング:
 http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1812/04/news137.html
 2018年12月04日 20時41分 公開

 ------------
※ スマホで文字が打てない人間が重宝するIphone音声入力の百貨店催場での使用感!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/461802117.html
※ JAZZ・「筈だ信仰・ゲシュタルト崩壊」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/291436873.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事