掲載:2018年08月27日
20180827-01_s.jpg 煙草、自分は愛煙家だし若い時には日に100本ほど吸う愛煙家だった。当然、車は喫煙車だったが、現在の車を買った時に灰皿が附いて無くて、オプション価格4000円だったので馬鹿らしく成って禁煙車にした。この車を買って未だかって車の中では1本の煙草を吸った事も無く、窓のガラスも内側は一切汚れない。

 ヘビースモーカーの自分が車内禁煙にしたと言ったら、その後の友人達の車は新車から家族の要望で禁煙車に成った(爆)。

 ただ、全く車内で煙草の臭いがしないかと言えばそうでは無いらしい。何故かと言えば、車を止めて外で吸った吸殻が殆ど何時も車内に数本置いてある(爆)。ただ、家庭用の大型消臭剤を車に積んで有るのでかなりマシらしい。

 最近は煙草を売っているコンビニでも外に灰皿が置いていない所が有る。自分はこの様なコンビニでは一切煙草を買わないが、ただ、灰皿が有るか無いかの表示が看板に無いので面倒である。

 最近外国から帰った友人の息子に言わせれば、世界中で日本が一番愛煙家に不親切だそうだ。確かに外国では一般的に室内禁煙だが、室外、つまり外では一切の規制が無いらしく、ビルの外で普通に煙草を吸っているらしい。其れはアメリカ・ヨーロッパ・アジアの殆ど全てらく、道には日本以上に吸殻が一杯落ちていると言うか、普通に捨てているとの事であった。この様な事は一切日本では報道されない。

 その様な愛煙家には世界一不親切な国、日本のJTがこの10月たばこの値上げ発表との報道が有った。

 自分は家で煙草が切れた場合、最近は家を出て買いに行くと言う事をしない。以前以上に近い場所に煙草を販売するコンビニが出来、灰皿も完備している事を確認しているがである。

 その様な煙草切れの場合、何処からか1本の煙草・1箱の煙草が見つかれば本当に嬉しい!。。。愛煙家には煙草、その様な物である。

 今回の煙草の値上げ、自分の吸うホープ(10本入)230円 → 250円に成り20本入りなら500円時代に突入。。。

 昔、若い時代に吸っていた様に、パイプ煙草にするかな!。パイプ煙草は置けば消え、再び火を付けても普通に吸える。紙巻煙草の様にシケモクの味と香りには成らない。

 外国では昔から日本以上に紙巻きたばこは高価、なので若い人間がパイプ煙草を吸う。是は、自分が若いころインドネシアで仕事をした時に若いパイプ煙草を吸うイギリス人に聞いた。そして、帰りシンガポールの日本のデパートでパイプと煙草を初めて買った。

 最初は直ぐに火が消えてしまい上手く吸えなかったが、何でも練習(爆)。値上げになれば是にするしか無いかな・・・(爆)。

 この様に高価な煙草に成れば、奥さんは旦那さんに禁煙を促すのも一手です。一般的に年間の煙草代は18万円、一回以上贅沢な国内旅行に行ける金額です!(爆)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事