掲載:2018年04月09日
20180409-01_s.jpg20180409-02_s.jpg この日の天気は、晴れ時々曇り時々雨、風強し、外気温12℃、そんな中、待つのが嫌いな大阪人3人が、1時間も待って創作らーめん【style林】のラーメンを食べた。

 最初の待機場所は外、晴れてはいたが風が強くとにかく寒い。其れから2階、合計1時間待って1階のカウンターに座った。

 自分の知り合いでは無いが、後の二人の知り合い。知り合いでも無ければ、待つ様な店には誰もいかない。それでも、「寒い」「近所に他にも店が有る」「言って帰ろ!」の言葉が3人から出る(爆)、曰く待つのが嫌いな大阪人。開店時から何時かは行こうと言う話に成っていたのだが、寄りにも寄ってこの寒い日に成った。でも、桜の咲く季節で未だ良かった。

 自分達3人に後1人で昼の部の打ち止め、前に10名余りの店内行列が有った。

20180409-03_s.jpg20180409-04_s.jpg 二人は、『北海道風味噌らーめん 1,000円』、自分は『無化調醤油 850円・中太麺』にした。お友達のお店なので、どう書こうと皆さんの読み方は違うと思うので、一言のみ。

★ 丁重に作られた他に無い味、ラーメン好きの皆さんは、一度は食べて見られても損は無い。

 ただ、今の時期、外で待つのは辛い。でも、店長に聞けば、平日でも並ぶ人は居られるらしい。

 他は、食べログ等に多くの皆さんの口コミが書かれている。読めばラーメン通の皆さんの賛否両論、何れもが的確な意見である。

 因みに、お店の案内ページには以下の様にある。

 ----------

『北海道風味噌らーめん 1,000円』

数十種類の味噌をブレンドし、作られる一杯。「鍋を振らないと出ない味わい!」と林店主が言うように、キャベツ、白菜などの野菜を炒めた中華鍋にスープを加えて作る北海道スタイルが特徴です。独特の香ばしさが加わったスープは、肉味噌を溶かしながら食べると旨さが倍増。薄切りのレアチャーシューやネギ&生姜の巾着などトッピング類も楽しく味わえます。

『無化調醤油 850円』

昆布、シイタケ、伊吹イリコ、アジなどを使用した和テイストのスープに中太もしくは細麺を選んで味わえます。また、豆腐やエノキの酒蒸しなどトッピングも個性的。ヘルシーな食材と動物系を極力抑えたあっさりとした口当たりから、女性に人気です。

★ ここが、こだわり!

<スープ>
「北海道風味噌らーめん」は、トンコツベースに鶏ネックや香味野菜を加えたスープが特徴。中華鍋で野菜と共に炒め煮することで、さらにコクのある味わいになる

<麺>
「みつか坊主」時代から、付き合いのある「池村製麺所」に特注した中太麺。低加水ながら伸びやかなコシを持つ。この麺のために専用機を買ってもらったという手もみの風合いも魅力

<味噌>
味噌は修業時代から、実際に味噌蔵に足を運ぶなど、何百種類もの味噌を味わってきたという店主。独自の合わせ味噌を用意し、メニューごとにグラム単位で味噌をさらにブレンドし、独自の一杯の味の決め手となっている

 ----------

 ただ、この『北海道風味噌らーめん 1,000円』、もうすぐ販売を終え、新しい創作ラーメンで勝負とのこと。

※ 創作らーめん【style林】:
 住所:大阪府大阪市淀川区塚本2-23-9

 https://twitter.com/stylehayashi
 https://www.krkjapan.com/2017/04/23/vol-%EF%BC%94%EF%BC%98-%E5%89%B5%E4%BD%9C%E3%82%89%E3%83%BC%E3%82%81%E3%82%93-style%E6%9E%97/
 https://eonet.jp/gourmet/scoop/3057753_2571.html
 https://eonet.jp/gourmet/data/3057755_1391.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。