掲載:2018年01月11日
20180111-01_s.jpg20180111-02_s.jpg 関西の松の内は15日、小豆粥を食べる。そして、とんど、鏡開きは20日。ウェザーニュースに以下の懐かしい行事が載っていた。懐かしい干し餅の「揚げおかき」も。

 今のこの寒波の中ではカビが来ず、干し餅が出来るかも知れない・・・。

 ----------

※ 鏡開きはなぜ11日? 意外に知られていないルールも紹介:
 http://weathernews.jp/s/topics/201801/050065/?fm=tp_index
 提供:ウェザーニュース

【記事引用】

年神様の力をいただくために

 今日は鏡開きの日というところが多いかと思います。今では本物のお餅で作られた鏡餅というのは少なくなったので、鏡開きというもの自体知らない方も増えているかもしれませんね。

 鏡開きとは、お正月の間飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事です。鏡餅には年神様の魂が宿っているので、食べてその力を授かり、1年の無病息災を願います。

 鏡餅を食べるのは松の内(年神様が各家々にいらっしゃる期間)が過ぎた後。多くの地域では松の内が7日までとなっており、11日に鏡開きを行います。

家光の月命日を避けた結果
 そもそもなんで11日…?なんて疑問が湧いてきますが、昔は全国的に松の内は15日までで、鏡開きは20日に行われていました。

しかし、徳川幕府3代将軍の家光が4月20日に亡くなったことを受け、月命日である20日は避けるようになりました。

 代わりに11日に鏡開きを行うことなり、それに伴って松の内の期間も今のように7日までに変更になったのです。

刃物はNG!

 そんな鏡開きには一つルールがあります。それは、刃物を使って切り分けてはいけいないということ。

 最初にも説明した通り、鏡餅には神様の魂が宿っています。そのため、刃物を使うことは縁起が悪いとされているのです。

 乾燥したお餅は硬くてなかなか大変ですが、手や木槌で開くのが昔から良いと言われています。

 鏡餅は開いて食べるからこそ意味があるもの。ぜひ家族みんなで食べて今年1年の無病息災を願ってみてはいかがでしょうか。

 ----------

※ 冬の乾燥を上手に活用! 残ったお餅で絶品「干し餅」:
 http://weathernews.jp/s/topics/201801/090135/?fm=tp_index
 2018/01/11 10:35 ウェザーニュース

【記事引用】

 首都圏の湿度は、10月から徐々に低下。12月に入ると平均湿度(2016年)は60%を切り、1月はさらに低くなる傾向にあります。日本列島全体でみても空気の乾燥状態が続く時季でもあります。

 乾燥状態が続くと肌の荒れに始まり、インフルエンザ、ノロウィルスが猛威をふるう、火事が起きやすいとあまり良いことがないようにも思えます。しかしこの気候を逆に利用して、お正月で余った餅の有効活用をしてみませんか。

 1月11日は鏡開きですが、保存がきき、食べたい時においしくいただけるとっておきの方法、それが「干し餅」です。「干し餅」は干せば干すほどおいしくなるので、この時季の乾燥状態を利用してカラッカラに干し上げましょう。

 簡単、ただ干すだけ!

 餅は、乾燥するとひび割れてきます。これを利用してひびに沿って大雑把に割ったら、あとはザルなどに入れて天日干しするだけ。1ヵ月ぐらい干すと水分が完全に抜けてカチカチになり、さらにひび割れて細かくなります。

 干し上がると石のように固くなる

 いったん乾燥させると常温でもカビないので、非常食にもなります。餅は鏡餅、のし餅など何でもOK。揚げたり、焼いたりするには2cm四方ぐらいのかけらになった方が火が通りやすくなります。また、保存すればするほど水分が完全に抜けて、サックサクのおかきになります。

 干し餅の「揚げおかき」の作り方

 よく乾いた干し餅は揚げると驚くほどふくらんで、軽いおかきになります。揚がったら味噌と味醂、醤油と七味などで味をつければ、手が止まらない美味しさに大変身!

 プロ顔負けの「揚げおかき」

 作り方は低温の油で10分ほど「干し餅」がふくらみ、きつね色になるまでじっくり揚げるだけ。あとはみりんで溶いた味噌をかけたり、醤油と七味をふったりと好みの味付けをします。自宅でできるプロ顔負けの「揚げおかき」に感激するはずです。

★画像はウェザーニュースHP。

 ----------

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事