掲載:2016年09月23日
20160923-01_s.jpg20160923-02_s.jpg この様に比べた写真、田んぼを持たない自分の様な街の人間が撮れること自体珍しい。何故なら、同じ生産者(農家)の同じ田んぼで同じ品種のこしひかりの新米と旧米の写真である。ま、何方も撮ろうと思われないだろうが(爆)。

 此処数年の同じ方の玄米写真は毎年新米の出た時に撮って載せているが、炊飯した白米の写真など撮って比べ様と思った事も無い。毎年、あ〜あ、やはり新米に成って美味しいなーと思って新米を食べる程度で有った。

20160923-03_s.jpg20160923-04_s.jpg 今回、新米を買った時点で今年も上手く食べて、旧米は大凡3合程残っていた。そして、新米を入手する一週間程前から、しげしげと旧米を見て食べていた。

 今年の新米を食べた感想は数日前に以下のブログに記載、写真も載せた。

※ 兵庫県三田市小野・平成28年度産こしひかり(新米)を早速炊いて食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/442072481.html

20160923-05_s.jpg20160923-06_s.jpg その後、最後の旧米を炊いて見た。鍋を開けた時の感覚から既に違い、炊飯表面状態が明らかに違う。茶碗によそった状態のお米も粒の輝き方も透明感も明らかに違う。是なら写真に写るんでは無いか?と撮って見た(炊飯後の蒸らし15分の同一条件)。

 それを新米を食べてブログにアップした写真と比べて見た。やはり、新米を食べた時の感想を表現する様な新米と旧米の違いが写った様な写真が撮れた。同じ白米でも新米は輝きが明らかに違う。

20160923-07_s.jpg20160923-08_s.jpg 「新米、一点の曇りも無いご飯の味と香りと食感、すがすがしい。」

 そして、新米は新米たる所以「自分は新米と輝き踊っている。そう、新米と旧米、透明感が明らかに違う。」其れが写真に写っている。

 因みに、自分は三田の露地野菜販売所横の精米機で白米に精米して来たが、此処で見ていると、半数の方は白米、半数の方は8分搗き、市販のお米はこの8分搗きに近いし、お米の味が濃い。販売店は当然、玄米からの収量が多い(爆)。

※ 市販米・JA米と農家から直接入手した米の話あれこれ・「古米の行方」:
・ (お米の精米具合:5分・8分・白米):
 http://m-jun.seesaa.net/article/238913223.html
※ 市販米では美味しいと巷で噂の銘柄米を食べて見た!:
・ (市販銘柄米の精米具合と露地野菜販売所横の精米機の白米):
 http://m-jun.seesaa.net/article/358598603.html

★ 写真は、左(上)が新米、右(下)が旧米。SONY Xperia(TM)Z3 全AUTO撮影。

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事