掲載:2016年08月27日
20160827-01_s.jpg 自分は赤飯が好き、コンビニのおにぎりを良く買っていた時はこの赤飯おにぎりも良く買った。しかし、一度味の可笑しい赤飯に当たってしまうと買うのを躊躇、買わなく成った。

 其れでは赤飯を食べなく成ったかと言えばそうでは無く、家で赤飯を炊く事が余計に多く成っただけ。ただ、糯米と小豆、スーパーでは殆ど買わない。買えば殆ど失敗、糯米と小豆に古米臭や古小豆臭がするので食べられた物では無い。

 一番間違いが無い購入法はやはり三田、餅つきの季節の糯米の農家直販か農協販売、小豆も同様時期に出てくる。

 この時期の気温は10℃を割っており、翌年の桜の咲く頃まで糯米も小豆もペットボトルに入れた室温保管でも変質もせずに充分に持つが、如何なる物も気温15℃を超えれば変質が始まる。なので余裕があれば冷蔵庫の野菜室保管。

 これが出来なければ、都度、間違いの無い場所での購入と成る。多くは道の駅だが、結構失敗もする。なので、やはり赤飯も寒い季節、お米の刈り入れの季節の季節ものなのかも知れない。

 そして、可笑しな物でこの赤飯に入れる小豆量、以前にも書いた事が有ると思うが、適量と言うものが有り、多く入れても少な過ぎても美味しくは炊けない。多少は好みの問題も有るとは思うが、面白い物でこれもバランスである。小豆小豆も本当に美味しくなく、餡子とは違う。

 その様な小豆量、自分の最大量は、

★ 糯米3合に対し小豆1合。

 自分の最適量は、

★ 糯米4合に対し小豆1合である。

 自分には最大量の小豆を入れた赤飯、本当に小豆小豆していると思う。

 因みに、自分は最近殆どの場合、蒸すのでは無く手軽な糯米100%で水加減(小豆茹で汁)0.8で浸け時間1時間、炊飯器で普通に炊く。炊いて15分ほど蒸らし、しゃもじで混ぜて水分を飛ばす。是で蒸した様に美味しく出来る。

 写真の物は糯米3合に対し小豆1合の割合。

※ 邪気払いにも赤飯:
 http://m-jun.seesaa.net/article/344126002.html
※ 【小豆】小豆の効果:
 http://www.slow-beauty.net/post-518/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事