掲載:2016年08月24日
20160824-01_s.jpg サントリーウイスキー「響」貰って喜んだのだが・・・。帰りのんで見ると、不味くは無いが旨くも何とも無い。何か可笑しいと思い調べてみると、昔から知るサントリーウイスキー「響」とは別物のサントリーウイスキー「響 JAPANESE HARMONY」、価格は4000円。

 そりゃそうでしょう、一万円を超える物と実売三千数百円のウイスキー、違い当たり前、是ならハーパーの方が旨く感じる。

 この自分には値打ちの無い「響 JAPANESE HARMONY」、恵比寿ビール500mL3本と交換、お友達の所に行った。

 その恵比寿ビール3本、1日で無くなった(爆)。メーカーHPには以下の様に有る。

 ----------

★ サントリーウイスキー「響 JAPANESE HARMONY」新発売

― 日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集した「響」の新ラインナップが登場 ―

 サントリー酒類(株)※1は、サントリーウイスキー「響 JAPANESE HARMONY」を2015年3月10日(火)から全国で新発売します。

 サントリーウイスキー「響」は、1989年に創業90周年を記念して、「人と自然と響きあう」という企業理念から生まれたプレミアムブレンデッドウイスキーです。日本人の繊細な味覚に合うジャパニーズウイスキーづくりを追求し続けた創業者であり初代マスターブレンダーの鳥井信治郎の思いを継承し誕生しました。本年7月に開催された世界的な酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)」において、「響21年」がウイスキー部門におけるカテゴリー最高賞「トロフィー」を2年連続で受賞するなど、世界でも高い評価をいただいています。

 今回、国内外に向けて多くのお客様にジャパニーズウイスキーの魅力をお伝えするべく、サントリーウイスキーを象徴する「響」ブランドから、“日本の四季、日本人の繊細な感性、日本の匠の技を結集したウイスキー”をコンセプトにした「響 JAPANESE HARMONY」を発売します。従来の「響」らしい品格を持ちながらも、多彩な原酒のハーモニーによる華やかで洗練された飲みやすい味わいが特長です。

 なお、海外でも2015年内の発売を予定しており、グローバルブランドとしてジャパニーズウイスキーの魅力を世界にも訴求していきます。

●「響 JAPANESE HARMONY」の特長
熟成年数にこだわらず、当社のウイスキーづくりの歴史のなかで培ってきた多彩な原酒と匠の技でつくりあげられた、こだわりの逸品です。華やかな香りと、奥深くもやわらかな味わいが特長です。「響」ブランドならではの24節気※2を表した24面カットのボトルデザインを踏襲、生成(きな)りの越前和紙ラベルに「響」の文字を墨文字で施し、ジャパニーズウイスキーとしての洗練された世界観を表現しました。

▼商品名、容量、希望小売価格(税別)、アルコール度数および梱包
 サントリーウイスキー「響 JAPANESE HARMONY」
    700ml    4,000円    43%    12本
   ※価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。

▼発売期日    2015年3月10日(火)

▼発売地域    全国

▼「響」ホームページ
  http://suntory.jp/HIBIKI/

 ----------

   (*ー‥ー*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。