掲載:2016年07月26日
20160726-01_s.jpg ----------

【2019年10月追記】

 私自身も先日のLENOVO PCの改装まで知らなかったですが、このフォルダの移設、Windows7とWindows10では仕様が変更されています。Window7からアップデートでWin10にした物はD:ドライブに自由にフォルダ名を付けたフォルダの中にドキメントフォルダやミュージックフォルダ(基本フォルダ?)を移設出来ましたが、初期からWindows10のPCはこの方法が取れません。

 何かネット記事を読めば、2018年頃のアップデートから仕様変更された様です。共にバージョンは1903の最新バージョンです。

 C:からD:へのフォルダ場所移転をお考えの皆さんは、方法に付いての参考をネットで求める場合、確かなメーカー情報(Windows10で移設しました)を参考に移設されることに注意を払って下さい。

 下手すれば、D:ドライブにフォルダが移設出来ないどころか、フォルダが消えてD:ドライブ自体が移設したドライブに成ったりします。本当にご注意下さい。

 レジストリ内部を書き換えれば同様な事が出来るとは思いますが、自分は未だ解決方法を知りません。

 現状、自分自分のテストでは、〇〇名のフォルダを作り(階層を幾ら深く作っても)その中に移設すれば、D:ドライブ直下に移設したフォルダ名で移設が出来るだけです。

 自分のWindows7時代に移設したフォルダは、自由に名前を付けた〇〇名のフォルダの中に「ドキメント」や「デスクトップ」フォルダが移設出来、今もそのまま使用出来ています。

 因みに、基本フォルダが消えてしまった方は、以下の方法で再生は可能でしたが、実行は自己責任でお願いします。
 ----------
※ Vista:基本フォルダ(?)を再度作成する:
 https://blog.goo.ne.jp/yonakijijy1791/e/3562196f01166f699151cee4d2401e4a

 ただ、Windows10でのこの方法での基本フォルダの再生は、記載の有る

★.一括して作成する クイック検索ボックスに「regsvr32 /i:U shell32.dll」と入力しEnterキーを押す
 (Windowsキー+「R」キー→「ファイル名を指定して実行」画面で入力しても可)
 確認画面が出たら「OK」を押す

 備考:存在するフォルダはそのままに残り、存在しない(削除された)フォルダが補完される。

 の「補完」方法でのみ再生は可能でした。

 他の方法の記載、「「〜」フォルダのみを再生する」では消滅したフォルダは再生出来ませんでした。上に記載の通り、「存在するフォルダはそのままに残り」内部の物も消える事は有りませんでした。ただ、実行はあくまで自己責任でお願いします。
 ----------

 ----------

 Windows10にして、UsersディレクトリをC:ドライブからD:ドライブに変更した。Usersディレクトリを開けて例えばダウンロード・フォルダを開くときちんとD:ドライブの移設先のフォルダが開き問題は無い。

 しかし、コンピューター(Windows10ではPCと表示)フォルダを開き、この中のダウンロード・デスクトップ等の6個のフォルダがリンクしない!。

【設定方法】

 設定/システム/ストレージ/保存場所でも設定は可能ですが、簡単な方法はPCフォルダを開き、例えばダウンロード・フォルダを右クリック/多分上から3段目、”クイックアクセスにピン止め”を押せばリンクされます。

 この様に移設、システムC:ドライブにデーターを残さずPCを使っていれば、PCの動作が可笑しく成った時、直ぐにC:ドライブ(システムドライブ)のリストアが出来ます

★ 画像のフォルダは自分のWindows10のPCフォルダのものですが、自分のWindows10には、スタートメニュ変更ソフト「Classic Shell」をメニュだけで無くフルバージョンでインストールしたため、「Classic Explorer」が作動しており、この様なExplorer表示に成ります。

※ Windows10のPCに実施した2つの施策!:
・ Windows10 UsersディレクトリのD:ドライブへの移設:
 http://m-jun.seesaa.net/article/439722214.html
※ スタートメニューをWindows 7風のデザインにする「Classic Shell」:
 http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/win10to7/755552.html
※ 「Classic Shell」の導入と日本語化:
 http://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-264.html
※ Classic Shell(公式サイト):
 http://www.classicshell.net/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事