掲載:2015年11月16日
20151116-01_s.jpg20151116-02_s.jpg20151116-03_s.jpg

 飛騨小坂の宿、下島温泉・「仙游館」を10時24分出発、「富士神社」と道の駅「はなもも」に寄り12時半、飛騨小坂の国道41号線に乗った。

 国道41号線にはJR飛騨高山線が平行に走る場所が何ヶ所も有り、其処で今回・特急〔ワイドビュー・ひだ〕に初めて会った。〔ワイドビュー・ひだ〕、JR東海所有の車両で、名古屋〜高山・富山を結ぶが、一部は大阪から直通している。運行区間は大阪・名古屋〜高山・飛騨古川・富山。大阪から電車で飛騨高山に来るならこの電車。

 この国道41号線、今まで幾度と無くこの道を走ったが、電車に出会うのは初めてと相方が写真を撮っていた。

20151116-04_s.jpg20151116-05_s.jpg20151116-06_s.jpg

 国道41号線・飛騨金山から国道256号線分岐、郡上方向に入り10分、13時18分「道の駅飛騨金山・ぬく森の里温泉駅」に到着。駐車場に入ろうとしたが地元イベントが有り入れず。ゆったり館の駐車場に入れ、先ずはゆったり館の店内を覗く。

 「道の駅飛騨金山・ぬく森の里温泉駅」と「飛騨金山温泉・湯ったり館」、以前は同じ施設と思ったが、聞けば今は分かれて別施設とのこと。

 「飛騨金山温泉・湯ったり館」には、道の駅と同様に土産物販売、食事処、露地野菜販売、温泉施設が有り、食堂には普通の「鶏ちゃん定食(700円)」が有った。自分の目に留まる物無く、次に「道の駅飛騨金山・ぬく森の里温泉駅」の露地野菜販売所「朝取横丁」に行く。

20151116-07_s.jpg20151116-08_s.jpg20151116-09_s.jpg

 露地野菜、南飛騨小坂「はなもも」で野菜は買って来たが、足らずの野菜が有ればと覗いた。此処の営業時間はAM09:00〜17:00、未だ車に直射日光が当たっているので後で買う事にして「お食事処かれん」に行く。満員少し時間待ち、しかし、直ぐに案内された。テーブルは2人の2人席。

 此処で食べるなら「鶏ちゃん定食」、「鶏ちゃん定食・1,000円(税込1,080円)」には3種類の味が有る。(赤)醤油風味・(黒)にんにく味噌味・(黄)カレー風味の3種、今回も前回と同じく(赤)と(黒)を注文した。

 此処の鶏ちゃんは、一般的な鶏肉とキヤベツの鶏ちゃんでは無く、「もも肉・むね肉・レバー・皮・さらに腹玉(キンカン)」を自家製タレにからめて焼いて有る。定食は「鶏チャン・小鉢・サラダ・味噌汁・ご飯・漬物・フルーツ」のセット、単品(700円)でも注文出来る。単品は酒の肴に最適だろうが、泊まらないと呑めない(爆)。

 10分程で「鶏ちゃん定食」が出て来る。

 店員さんが、「鉄板が熱いので、御注意下さい」と言って定食の盆をテーブルに置かれた。しかし、2人テーブルは狭く、定食盆を2つ置けばテーブルが満杯。相方が物を取ろうとして鉄板の持ち手に触れ火傷した。店員さんに落ち度は無いが、この「鶏ちゃん定食」を2人席で食べるのは危険、小さな子供さん同伴なら尚更、以前は4人掛け席(机)に2人で机が広かったので問題は起きなかった。

 「鶏ちゃん定食」、以前に同じく美味、納得の味で有る。食事後外のレジで支払い、支払いすれば此処の温泉の「入浴割引券」を貰った。聞けば、小さいが畳の休憩所が有るとの事で時間も時間、此処の温泉に入る事に決めた。

20151116-10_s.jpg20151116-11_s.jpg20151116-12_s.jpg

 飛騨金山『ぬくもりの里温泉』、内湯1・露天1の小さな温泉施設、元は宿泊者・宴会者用の施設だろう。温泉施設は地下1階、1階の売店と同じレジで支払いすれば受付も無い。是なら無賃入浴の者も居るだろうと思えば、階段に無賃入浴取締中の表示が有った(爆)。ロッカーは10円必要なリターン式。

 また、支払いをすれば再び入浴割引券を貰った。有効期間1年間。

 脱衣場に入ればロッカー数が30余り、きちんと法律の通り見やすい場所に温泉分析表も貼って有る。次々に入浴客が入り帰る。皆さんの滞在時間は短い。

 温泉の効能、自分達には本当に効くか効かないかは10分入れば、二人共に良く判る。自分も相方も、感じたのは普通の温泉、直ぐに肩こりや腰痛に効く効能は感じられなかった。温もり方も下島温泉の効果に及ばなかった。

 入浴後に休憩所、テーブル2つの1つが開いていたので其処に座る。

20151116-13_s.jpg20151116-14_s.jpg 温泉に入り上がれば何時も「フルーツ牛乳(今はフルーツ飲料と云う)」だが、1階の売店に販売は有るが此処には無く、自販機に「キリン・ソルティライチ」が有ったので其れにした。

 このライチ、今年インド奇病の原因として有名に成った果物、自分はこのライチとレイシ、東南アジアで一杯食べた。

----------
※ インドの奇病、原因は果物のライチ?:
 http://www.afpbb.com/articles/-/3038238
 2015年01月30日 14:19 発信地:マイアミ/米国

【記事引用】

 【1月30日 AFP】インド北東部で子どもたちを苦しめ、時に死にも至らせている原因不明の脳疾患について、米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)は29日、果物のライチに含まれる有害物質に関係がある可能性を指摘した。

 この脳疾患では、患者の3分の1以上に脳卒中や精神状態の異変がみられ、中には死亡するケースもある。調査チームは、この病気の原因特定にはさらなる調査が必要としている。

 CDCが発表した「週間疾病率死亡率報告(Morbidity and Mortality Weekly Report)」によると、印ビハール(Bihar)州ムザッファルプル(Muzaffarpur)県とその周辺では、1995年からライチの栽培が行われており、約1か月間にわたるライチの収穫時期と患者の増加時期が一致しているという。

 2013年には子ども133人が、地元の医療機関で脳卒中や神経症状と診断された。患者の大半は1〜5歳で、その半数近い44%が死亡。死亡した患者は、血糖値が下がる低血糖症と診断されるケースが他の患者に比べて2倍以上高かった。

 患者の髄液テストでは、日本脳炎や西ナイル熱など、この地域で過去に確認されている感染症のウイルスは陰性だった。また病気の子どもは健康な子どもに比べ、ライチの果樹園や農地で2倍以上の時間を過ごしていた。

 ムザッファルプルの2か所の委託病院では、2014年5月末から7月中旬にかけて、前年に使用された症例定義に当てはまる疾患と診断された小児患者が390人に上り、このうち31%が死亡した。

 研究チームは、動物実験で低血糖症の原因となることが知られているライチの種子で発見された成分、メチレンシクロプロピルグリシン(MCPG)化合物の詳細な調査を行っている。患者らの自宅近くで栽培されているライチの果実を使った実験の他、自宅や飲料水から採取した環境サンプルを使用した残留農薬の調査なども行われている。

 MCPGは、有毒成分ヒポグリシンA同様に重度の低血糖症などの症状の原因になると考えられている。CDCはヒポグリシンAについて、「西インド諸島と西アフリカでは、ライチと同じ科に属する果実、アキーを熟す前に食べた後に急性脳症を発症した例がある」と述べている。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

----------

 この「キリン・ソルティライチ」、読めば10%混合果汁入り飲料。記入はグレープフルーツ・ぶどう・ライチの順、多分入るライチは数%、しかしその様な味はせず、香料味の青葡萄。知らず飲めば青葡萄と言っても判らない。

 最近はこの混合○○と云う表示の物が多い。一番人気の目に附きそうな果物をメインに書くが実際入る%は少ないと云う代物、ジャムやジュースに多い。今回、他の道の駅で見た「ブルーベリージュース」も同様な表示のだった。「ブルーベリージュース」との大きな表示だが、実際入る「ブルーベリー」は一番少ないと云う代物、この表示如何なる物とも思う。皆さんもこの様な表示に騙されない様に御注意下さい。

 また、この道の駅の売店に今回は確認しなかったが、天領酒造のHPでは、予約ネット販売のみと成っている「どぶろく」の大瓶・小瓶の販売が有る。他の酒屋さんで見たのは小瓶のみ。

20151116-15_s.jpg そして、知らないと買わなと思われる本物栗100%の栗きんとんの販売も有る。純栗きんとん(茶巾絞り)を知らない人が純栗6個入り1400円には中々手が出ないだろうと相方と話す。

 芋で栗の形に作った偽栗きんとんが甘く幅を利かせ、それしか知らない人には、先ず安価製品と一緒の土産物売り場に純栗製品が一緒に並ぶ環境、其れが本物栗100%の栗味製品とも、日本の伝統和菓子とも、知らない人は誰もそうは思わ無いと思われる。

 丹波篠山の銘菓、「栗屋西垣」の栗羊羹の食べログコメントに以下の様な物が有る。
 http://tabelog.com/hyogo/A2807/A280702/28031359/dtlrvwlst/3599047/

 本物栗100%の栗羊羹でもこの状況、栗好きで知る人は買うだろうが、興味だけの人には土産物としてのお勧めはしない。自分自身が栗好きなら旅の時の少し贅沢、買って損は無い。

※ 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」への旅行記目次(2015年秋):
 http://m-jun.seesaa.net/article/429947160.html

※ 飛騨金山ぬく森の里温泉 道の駅かれん:
 https://michinoeki-karen.jp/
 http://nukumorinosato.com/
・ 鶏ちゃん定食
 https://michinoeki-karen.jp/teishoku/teishoku/
 http://nukumorinosato.com/rest/teishoku/
※ 大阪から下呂への道の昼食は是・これが食べたいです!道の駅・かれん「鶏ちゃん定食」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/208234161.html
※ そうだ!旅に出よう!!!道の駅「かれん」・鶏ちゃん定食(2011年06月・梅雨):
 http://m-jun.seesaa.net/article/210351932.html
※ 郡上・明宝での「美味しいもの」と「本物味鶏ちゃんの作りかた」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378816689.html

※ 飛騨金山温泉 湯ったり館:
 http://www.yuttarikan.jp/
※ 金山町観光協会/岐阜県下呂市:
 http://www.seiryu.ne.jp/~kankou-kanayama/
※ 飛騨牛乳・飛騨酪農農業協同組合:
 http://www.hida.or.jp/
※ キリン・ソルティライチ:
 http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/kitchen/products/product_detail16.html

    (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。