掲載:2015年09月30日
20150930-01_s.jpg20150930-02_s.jpg 2015年09月26日(土):「AFTERNOON JAZZ LIVE」谷垣明子(Vo)松田忠信(p)石橋周三(b)乾いくじ(d)さん:JAZZ Cafe・きょん:PM15:00〜を聞いて来ました。

 谷垣明子さんが此処・きょんで最初のライブをされてから、早3年余り、他の場所では色々なお方とライブをされているみたいだが、自分がライブを聴視するのは是で2回目。

20150930-03_s.jpg20150930-04_s.jpg 今回のバックバンドも錚々たる面々、しかもドラムは自分が聞いて10分でファンに成った、此処きょんのセッション常連でも有る乾いくじさん、其れに関西の大御所、松田忠信さんのピアノと石橋周三さんのベースの揃い踏み。

 谷垣明子さん・乾いくじさん、此処きょんでのセッションの常連組なので毎度良く聞かせて頂くが、セッションとライブは違う。言えばコンサートも違う。

20150930-05_s.jpg20150930-06_s.jpg20150930-07_s.jpg20150930-08_s.jpg

 今回も錚々たるメンバーの揃い踏み、演奏者も聴視者も年齢層は高く、95%が昭和組。何故何時もこうなんだろう?(爆)。

20150930-09_s.jpg20150930-10_s.jpg 松田忠信さんのMCから始まり、このMCが又も昭和。自分は昭和のキヤバレーのMCを思い出した。そして、インスト2曲、その後ボーカルを含め4曲、是の2セット、後のアンコール。

20150930-11_s.jpg20150930-12_s.jpg そんなライブにカメラ片手に行って来た。最近はカメラ鞄を持つ事も無く、レンズは暗い標準ズーム1本、写ればいいわい。ライブ写真、聴視者が居られるので制限が多いが、モデル良ければ写り善し。ライブ写真、其の方の実力が写る。音の出た写真、写って居れば幸い。

20150930-13_s.jpg20150930-14_s.jpg 最後に、写真に写っていい方だけの記念写真を撮り、だべり、散会。

 そう、今回の演奏者の皆さんの演奏を聞いて、一つ確信を持った事が有る。演奏の善し悪しは最初の1音で判る。今迄、1小節だったのだが。

20150930-15_s.jpg20150930-16_s.jpg20150930-17_s.jpg

 演奏終了後に皆さんとお話をしていて、ベースの石橋周三さんがドラムに「寸止め」と云う言葉を使われた。音楽業界の方から是を聞くのは初めてかも知れ無い。元来「寸止め」とは剣道用語?、でもドラムには是が要る。

20150930-18_s.jpg20150930-19_s.jpg ドラムに必要な事は、「リズム・寸止め・歌心」。因みにベースに必要な事は、「押え・弾き・タイミング」。この言葉が出来なかったのが箱の中の見えないピアノ、全て写真を写す聴視から学んだ小生の、楽器演奏に必要なこと。

※ 山口朱美(Vo)・谷垣明子(Vo)・竹田一彦(G)・安次嶺悟(P)・神田芳郎(B)・田中ヒロシ(D) in JAZZ Cafe・きょん:
 http://m-jun.seesaa.net/article/281437047.html
※ 当該ブログ掲載のミュージシャン写真の取り扱いについて:
 http://m-jun.seesaa.net/article/215654873.html
※ ジャズカフェきょん・スケジュール:
 http://db.zaq.ne.jp/asp/bbs/hcn_cahaj908_1

    (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。