掲載:2015年09月28日
20150928-01_s.jpg 先週土曜、青い柚子を20個ばかり取らせて貰って、再度露地野菜販売所に行くと、其処に毬栗(いがぐり)を満載した軽トラが有った。普通、毬栗は栗畑で中の栗だけを取出し、毬は虫が居るので畑で燃やす物と思っていたが、家で取りだすとの事。

 話を聞くと、家には燃料が缶ジュースで動く栗取出し装置が3台、能々聞けばお孫さんの事、準備期間5年、耐用年数4〜5年、それ以降は燃料は現金でしか動かない(爆)。

 その様な触れば長靴でも刺すと言う毬栗、自転車は踏めば完全にパンクする。結構な大きさ、是は面白いので写真に撮りお友達の子供に見せようと、上から栗の覗いた毬栗1個を貰うと、是の方が栗が大きいので是も持って帰りと2個の毬栗を貰った。

 ただ、注意を受けた。綺麗に枯らそうと置いて置いたら、虫が出てえらいことに成る。写真を撮って見せたら、直ぐに栗を剥いて水に漬け、虫を出さないと・・・と。

 聞けば、是が栗の先ずは簡単な選別方法らしい。販売の栗は、先ずはこうして虫選別し、拭いて乾かし販売される。

 なら、教えの通り一度やって見ようと持ち帰った。大きい方の毬栗はテニスや野球ボール2個分の大きさが有った。上から見える栗でも一般的に言われる3L、1粒50g程度、写真を撮り毬栗を剥いで見た。

20150928-02_s.jpg@ 毬栗小さい方。

20150928-03_s.jpgB 毬栗大きい方。

20150928-04_s.jpgB 横に直径70mmの柚子を置いて見た。

20150928-05_s.jpgC 中の栗を取り出して見た。大きさ比較のため、横に置いたショートホープの箱(72mm x 44mm x 17mm)と柚子(直径約70mm)。一番大きな栗は。長径70mm、栗饅頭程の大きさが有り、重さは1個で50g以上有る

20150928-06_s.jpgD その栗を能々見れば、栗の中身の果肉が出た物(赤丸)が1個有った。後の同様の白い物は、笹の葉、もみ殻等で有った。

20150928-07_s.jpgE 其れを水に浸した所、先ずさきに果肉が見られた栗(赤丸)の物が浮いた!。

20150928-08_s.jpgF 先ず虫1匹浮上。

20150928-09_s.jpgG 虫、2匹目浮上。

20150928-10_s.jpgH そうしてる内に、浮いた栗の穴から大きい虫出現!。他の栗からも虫穴が明確に見える様になり、中から大き目の虫出現(赤丸に虫や穴)。最終的に、穴が見つかった栗は3個、曰く虫入りの選別不良品。良品らしき物3個、この栗は無農薬。

 最終的に水に沈んだ小さい虫も含め、1時間程で出た虫は10匹。お尻のうぶ毛?の部分に附く虫も有ると云う。小さな初期に水に浮く虫は是かも知れない。(因みに、この栗は栗ご飯用にお友達に上げた。この量で充分3合の栗ご飯は作れる。)

 虫は、毬栗が落ちると3日で栗に入ると言われ、農家では毎日採取、選別、出荷(販売所に並ぶ。)。直販以外に、JAのパスカル出荷は毎日有る。

 つまり、生栗、如何に早くとも採取した次の日、落ちた2日目の購入と成る。自然の摂理で、虫は毬栗が落ちてから活動を開始すると云うが、虫の卵は昨年のネット調べと、農家の方に聞いた所に寄れば、栗の中に既に卵が産み付けられた物も有る、其れを栗の色目から判断、不良品を弾くというが、今回の栗、能々見れば、全数に虫が入っていても可笑しく無い様な・・・(爆)。

 その様な事で、以前以下の「栗を買うなら早く買うか熱処理した栗を買うのが一番!」を書いた。栗は、品種に限らず、早く買うが一番。

 今年、栗を買ったお友達に寄れば、今年最初(8月末)に買った早生の栗数キロは小さかったが、虫の入った栗は0個(宅急便は普通便)。2回目(9月中)に買った栗は丹波栗で5キロ以上買って幾つかに虫は見られたが、未だ活動しはじめの状態だったとか(宅急便はクール宅急便)。最近、生栗の送付にはクール宅急便が常識らしい。3日で虫が活動を開始するなら、クール宅急便の利用は常識と云えば常識かも知れ無い。

★ 生栗を買うなら早く買うか熱処理した栗を買うのが一番!、そして何処かに送るなら、クール宅急便の使用、購入時期で、冷蔵・冷凍の選択が必要。因みに、昨年買った栗の最終時期、10月中に買った丹波栗は、半数以上虫入りで活動も大きかった。

 是の虫が嫌で、栗を食べ無い自分の友人も居る。栗は貰えば、間髪入れずに蒸すか冷凍する事が重要。栗の保管には、下の「栗の保管方法と栗を甘くする方法(丹波篠山)」をご覧下さい(冷蔵はビニール袋で密閉不可、−25℃の完全冷凍はポリエチレン袋で可能)。

20150928-12_s.jpg20150928-13_s.jpg 因みに、ネットに表示の有る栗の大きさ、MとかLとかに何か定義が有るのかと調べれば、「農林水産省農産園芸局編・果実の全国標準規格くりの規格」と言う電子書籍が見つかった。

 其れに寄れば、栗の全国統一「大小基準」は、

 ----------

20150928-14_s.jpg 大きさの呼称基準・果の長径(ミリメートル)

・ 3L 39以上
・ 2L 35以上 39未満
・ L  32以上 35未満
・ M  29以上 32未満

(注)1. 果の長径が26ミリメートル以上、29ミリメートル未満のものは、Sとする事ができる。

 ★ 写真は友人の買った2種類の栗の大きさと重量。

 ----------

 との基準で有る。ただ、是を見れば、栗の果の長径のみを言っており、厚みや高さ重さは規定されていない。従って、販売単位を1Kg入り袋とすれば、栗個数や1個の重量には大きな差が現れる。因みに、今年の栗は天候不順で大きな栗は少なく、市販価格は高騰。

 因みに、今はHPが消滅(無料HPサービス終了のため)した兵庫県丹波市の前田栗園には以前この様に参考値が記されていた。

★ 栗の大きさの呼称基準による個数の参考;

・ 3L〜2L迄  約30粒〜50粒
・ L     約40粒〜69粒
・ 45粒〜65粒  普通スーパーで売られています
・ М〜S   76粒以上

 また、ネット販売のページには、以下の様な個数参考値も有る。

 栗の粒数:大35・中45・小55(おおよそです)。栗の大きさ「大・中・小」はあくまでも農園でのランク付です。

 ネットには以下の記述も見られた。

・ 3L 約35g
・ 2L 約20g
・ L 約15g
・ M 約10g

 これ等と色々今迄見た栗から、1Kg入り袋に入る栗の個数を仮にMを70個・Lを50個・2Lを30個・3Lを20個と仮定した場合、栗1個の重量は、

・ 3L 1000÷25=45g
・ 2L 1000÷35≒29g
・  L 1000÷50=20g
・  M 1000÷70≒14g

 通常はこの重さが最大に近く、これ以下の栗1個の重量と思われる。

 生栗の廃棄率(鬼皮・渋皮の重量)は大凡30%。茹で栗20%。

 因みに、栗のカロリー(calorie.slismより)は13g(1個)で21kcalのカロリー。栗は100g換算で164kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は48.78g。炭水化物が多く4.8g、たんぱく質が0.36g、脂質が0.07gとなっており、ビタミン・ミネラルではマンガンと銅の成分が高い。と有る。

★ 新品種???・・・:

 土曜に毬栗を貰った方と話した中で、栗の新品種(日本の何処かの農業試験場が開発)の栗を試しに植えたと言う。其の栗は、渋皮が綺麗に剥けると言う。

 其処で自分はこう言った。その栗は、「中国栗かヨーロッパ栗を掛け合わせた物、食べれば味が薄い」。と言うと、農家の方は、「味はその通り!やねん」。中国栗やヨーロッパ栗は、日本の栗とは全くの別物。

 しかし、どこぞの農業試験場は外国品?と掛け合わせた事が嫌らしく、この品種は3種類掛けて有り、日本の品種2種類(品種名表示)と後の1種は品種名無く、数字らしい(爆)。

★ 結果: 剥きやすく食べやすいが、味は薄く別物!。多分、自分の想定の通り。外国品?との掛け合わせ。何処かの饂飩粉の様に、ASWに何か日本の小麦を掛けた様な物。現代の開発の類、先日話題に成ったエンブレムに考えは近いのかも。中国栗は天津甘栗、ヨーロッパ栗はケーキ材料として、中の実だけ乾燥した物が売っている。

※ 栗を買うなら早く買うか熱処理した栗を買うのが一番!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/425303718.html
※ 丹波栗の一番栗と選別品等のいろいろ・と栗に入る虫!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/407198375.html
※ 栗の保管方法と栗を甘くする方法(丹波篠山):
 http://m-jun.seesaa.net/article/298398479.html

★ その他にもこんな物が有ります。

※ サツマイモ・栗・カボチャ(南瓜)好きの云う3種の違い!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/426051169.html
※ 栗は好きだがむく(剥く)のが面倒という方に:
 http://m-jun.seesaa.net/article/166990131.html
※ 篠山の路地野菜販売所は此処:篠山の青空市の場所・観光交流マップ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/296734097.html
※ ためしてガッテン「栗をメロン並みに甘くする方法」:
 http://neta8.com/29.html
※ 栗の栄養価(食品の栄養素が一目でわかる・カロリー計算できる:カロリーSlism):
 http://calorie.slism.jp/105010/
※ 栗の廃棄率(栗の可食率):
 http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/konomi/kuri.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事