掲載:2015年09月16日
 自分は何れの物も、嫌いでは無いが好んで食べるほど好きでも無い。自分の場合、食べればお腹が張ると云う事に大きく起因するが、年に一度の旬の季節には必ず何れもを買って食べて見る。

 先日このブログに書いた初物のカボチャ、口に入れた瞬間は本当に美味しいが、喉を通すのに苦労した(爆)。そして、其の後きっちりお腹が張った!。

 自分には何れもが甘い食べ物と云う感覚しか無いが、好きな人間はどのように考えるのか、相方に聞いてみた。聞けば納得の答えが返って来たが、自分にはこうは纏まらない。

 細かくは味は違うが、色は黄色、何れも喉の通りにくい甘い穀物や野菜としか考えが及ばず、一緒やないかい!!!(爆)。しかも、価格は甘さに丁度逆行するし・・・。

 甘さ: 栗 < サツマイモ < カボチャ(南瓜)
 価格: カボチャ(南瓜) < サツマイモ < 栗
 食べる手間: サツマイモ < カボチャ(南瓜) < 栗

 自分の思う一番美味しい食べ方:

・ サツマイモ: たき火(落ち葉やサラヌカ(籾殻))で焼いた焼き芋(レンジやオーブンで焼いた物とは全く違う)
・ カボチャ(南瓜): 塩水に漬けた後に蒸しに掛ける
・ 栗: 焼き栗=純栗羊羹=栗納豆 (手作り、着色の無い物)

 ----------

 相方の返答は、

20150916-01_s.jpg さつま芋は、一番穀物っぽく、一番繊維を感じられる。場所によって(端っこか中央か)食感が違うのもいい。焼いた時のあの香りの良さ、香ばしさは、栗、カボチャと比べても一番。

20150916-02_s.jpg カボチャ(南瓜)は、味の良さは勿論だけれど、際立つのは舌触り。ほっくり、ねっとり、裏ごしをしたかのような滑らかさには口が嬉しくなる。

20150916-03_s.jpg 栗は香りと食感。サツマイモやカボチャに比べたら、一番甘さは少ないかも知れ無いけれど、砂糖と合わせたときの、あの香りの品の良さ、あの甘さのおいしさは抜群。

 そして、あの食感は他には無く堪らない。あの砂糖で煮たときの色!自然の色ってこんなにも目にも優しく美しいのかと、惚れ惚れする。

 また、純栗羊羹や栗納豆の品の良さ、お茶菓子として何れにも代えがたい物が有る。

 純栗羊羹を手作りした場合、栗の実をどこまで崩すか、寒天や水分との割合をどれぐらいにするのか、によってだいぶ出来上がりが違いそうですが、手作りはそれはそれで美味しく出来る。栗100%だなんて、何とも贅沢、どんな大きさで作ろうかとわくわくする。

 それぞれに良さが有る事は違いが有る事なんですが、その違いを一言で表すのは難しい。

 ----------

 因みに、市販の純栗羊羹は1本2000円程度、しかも普通の羊羹より小さい!(爆)。栗納豆は1個100円〜150円。純栗羊羹とは100%栗餡で作った羊羹、栗の入った羊羹では有りません。高価なのは、何れも日本産栗での手間賃かも・・・・・。

 中国産栗(天津甘栗が是)や、外国産(ヨーロッパ)栗は剥くのに時間は掛からない。そう、渋皮がくるりと取れる。やって見れば、何れも直ぐに判る。なので、栗を剥いて乾燥させた物が売っている。ケーキ等に利用されるのは殆どが是、ただ味は薄い。

※ サツマイモ - Wikipedia;
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A2
※ さつまいもドットコム;
 http://www.satumaimo.com/index.html
※ 初物さつま芋を食べて見た!;
 http://m-jun.seesaa.net/article/424641279.html

※ 栗 - Wikipedia;
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA
※ 栗を買うなら早く買うか熱処理した栗を買うのが一番!;
 http://m-jun.seesaa.net/article/425303718.html
※ 栗の保管方法と栗を甘くする方法(丹波篠山);
 http://m-jun.seesaa.net/article/298398479.html
※ 丹波栗の一番栗と選別品等のいろいろ・と栗に入る虫!;
 http://m-jun.seesaa.net/article/407198375.html
※ 栗は好きだがむく(剥く)のが面倒という方に:
 http://m-jun.seesaa.net/article/166990131.html
※ 『栗屋西垣』・『梅角堂』 R君家の純栗羊羹食べ比べ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816666.html
【2015年09月28日追記】
※ 毬栗・「栗の虫の選別方法と栗の大きさの大小基準(虫嫌いは!閲覧注意!)」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/426822629.html
※ 煉り羊羹の作り方(和菓子の老舗・宇治駿河屋):
 http://www.surugaya.co.jp/school/recipe/neriyohkan/neriyohkan.html

※ カボチャ(南瓜) - Wikipedia;
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%81%E3%83%A3
※ 初物南瓜(かぼちゃ)を蒸して見た!;
 http://m-jun.seesaa.net/article/422266988.html
※ やはり買うなら是でしょう「先の尖った黒皮栗かぼちゃ」!;
 http://m-jun.seesaa.net/article/423604447.html

    (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事