掲載:2015年06月18日
20150618-01_s.jpg 自分、昔はこの甘酒と言う物が嫌いだった。良く田舎のおばーちゃんが作っていたし、御袋も時々作っていた。しかし、温まると言う事から自分が覚えが有るのは冬、温かくして生姜が入った飲み物だった。しかも、直ぐに酸っぱく成った。

 最近は夏の飲み物として注目を浴びている甘酒、栄養豊富な甘酒は体力回復に効果的。いわば「夏の栄養ドリンク」として、江戸時代には現代の氷旗と同様、甘酒旗は夏の風物詩だったらしい。俳句の夏の季語、何故いつから冬の飲み物に成ったのか。

 原材料は米麹と米、米麹を触れば手はつるつるだし、酸っぱく成る原因は植物性乳酸菌だし、考えれば良い事ずくめ。そんな事で、米麹を買って来た。自分の住む街中地域は湿度も高く、甘酒を作っても雑菌が入るが、温度の高い内にペットボトルに詰め発酵させれば、結構上手く行く事が分かった。甘酒が出来れば、小さなペットボトルに小分け、冷凍すれば持つらしい。

 因みに、どぶろくと甘酒の違いは、アルコール分の有無。以下の「甘酒」のURLに以下の様に有った。

 ----------

 糖がアルコールと二酸化炭素になることが醗酵であるが、それをつかさどるのは酵母である。麹の中には酵母は含まれていない。したがって酒を作る時はコウジカビの他に酵母を導入しなければならない。

 簡単にいえば酵母を導入するとどぶろくになり導入しないと甘酒になる。酵母は大気中にあって自然と糖分があれば醗酵が始まるものである。

 ----------

 確かに、どぶろぐを作るには酵母菌か酒母を入れる。一度どぶろくを作った容器には酵母菌が住むらしく、二度目は酵母菌を入れなくても米麹とご飯と水を入れればどぶろくに成ってしまう。

 友人達は、麹菌は生きており、アルコール分1%超えないで飲めば甘く甘酒、酵母を入れれば雑菌が入らず、安定して甘酒が常温で作れると思っている人間ばかり、でも全て甘酒の時期を過ぎて呑んでいると思う(爆)。

※ 甘酒:
 http://www002.upp.so-net.ne.jp/hidemi-k/thought/t074.html
※ 甘酒 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E9%85%92
※ 甘酒横丁.com:
 http://amazakeyokochou.com/category/%E7%94%98%E9%85%92%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9

    (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事