掲載:2015年06月16日
20150616-01_s.jpg 昔は何処の街にも豆腐屋さんが有って、普通に稲荷寿司用の四角い薄揚げが売っていたのだが、今は豆腐屋さん自体が街には少なくなり、殆どがスーパーだが、この稲荷寿司に使う薄揚げが売っていないスーパーが多く有る。

 以前近隣のスーパーで見た稲荷寿司用の薄揚げは、既に稲荷寿司用に煮て、味付けした物が真空パックされていた。今はきつねうどん用の薄揚げも煮た物が売っている時代、その様な物を買えば簡単だが、御袋の味と言うか、家の味は何処にも無い。

 この記事を書く為にネットを検索して見た。稲荷寿司のレシピは一杯有るが、材料として山椒が入った物はほんの少し見られ、京都の物にちりめん山椒を入れた物が有った程度、其処に一つだけ、大人用の稲荷寿司として山椒を入れた物が有った。

 でも、この山椒を入れた稲荷寿司、我が家では子供の時から、本当に時々だったが御袋が稲荷寿司を作った時には必ず山椒が入っていた。其れは、酢漬けの物が有る時はその物を、其れが過ぎて山椒の佃煮しか無い時には山椒の佃煮が入っていた。

 そんな事で、稲荷寿司を作ろうと思ったのだが、買った薄揚げを甘辛く煮て、中を開こうと思ったが、是が上手く開けない。うーん、面倒と刻んで酢飯に混ぜた(爆)。

 要は、稲荷寿司の中身ご飯。普通は黒胡麻かも知れないが、家には何時もの白胡麻、一応稲荷寿司の味だけはします(爆)。

 自分は毎年この様に山椒の話題を書くので、お友達もこの山椒の美味しさを知り、毎年山椒を買って調理に使うお友達も増えたが、この山椒の使い方で子供の居る家庭に人気なのが、ちりめん山椒と稲荷寿司、ちょっと大人の味でちょっとぴりぴりしーしー味がいいのかも知れない。

 山椒をお持ちの皆さん、子供さんが居られれば、是非に!。ま、面倒な時はこの様な「稲荷寿司の中身ご飯」もいいのかも知れない。因みに、薄揚げは油抜きもチン、材料全てをちと大きな容器に入れ、電子レンジに入れてチンすれば容易に出来る。

※ おとなのいなり寿司(山椒入り):
 http://cookpad.com/recipe/411879
※ 非常識?いなりずしを激ウマに変える裏ワザ(ためしてガッテン):
 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20080917.html
※ おいなりさん「土井 善晴」:
 http://www.kyounoryouri.jp/recipe/20405_%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%93.html
※ 京いなり寿司(ちりめん山椒入り):
 http://www.abc-cooking.co.jp/plus/recipe/detail/?id=3153
※ 美味しい稲荷揚げの煮方:
 http://allabout.co.jp/gm/gc/417370/
※ いなりずし:
 http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.html?numb=00003034

    (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事