掲載:2014年12月24日
20141224-01_s.jpg20141224-02_s.jpg HDD(ハードディスク)は機械部品で消耗品です。自分達がネットに接続している場合に使っているサーバーにもHDDが使われていますが、是にはRAIDと言う2重の安全策が一応取られています。

 機械部品であるHDD、機械部品で消耗品のため、聞いた話では故障しなくてもHDDの健康診断で「注意」と判定されれば交換、故障しなくても設定時間(聞いた所に寄れば、連続通電2年)で交換されています。

 そんなHDD,自分達一般は故障するまで交換は有りませんが、そんなHDDには注意すべき使用法が有ります。

★ Windows べからず集:

@ Windowsから終了をさせずに、電源ボタンを押して電源を切る。
A Windowsが固まったのに、そのまま電源ボタンを押して電源を切る。
B Windowsが完全に立ち上がっていないのに、Windowsを終了させる。
C Windowsに動いているソフトがあるにもかかわらず、Windowsを終了させる。

注記: 厳密に言えば、動いているソフト1例として、IEを開いて(縮小してタスクバーに有っても)ソフトは動いています。
注記: この強制終了とは、Ctrl+Alt+Deleteを押しての強制終了では有りません。終了操作をして、終了途中画面に有る「強制終了」の事ですが、Ctrl+Alt+Deleteを押しての強制終了とほぼ同様と考えられます。

D Windows Update・Windows Soft Update(Update AUTO)中にWindowsを強制終了して電源を切る。

注記: 是は、何かネットのモニターソフトが入って判断していなければ、通常Updateは分かりません。
注記: この強制終了とは、Ctrl+Alt+Deleteを押しての強制終了では有りません。終了操作をして、終了途中画面に有る「強制終了」の事ですが、Ctrl+Alt+Deleteを押しての強制終了とほぼ同様と考えられます。

F ソフトのインストール・アンインストール操作中にWindowsを強制終了させる。
G HDDのアクセスランプ点灯している時にWindowsを強制終了させる。
H PC使用中に電源プラグを抜いた。停電した。ノートPCの場合、バッテリーで動いています。

★ この様な操作をしてしまった時、次に上手くWindowsが立ち上がっても、HDDの健康診断をして、HDDの健康状態を一応確認しておく事をお勧めします。HDDの健康状態確認には、以下の様なソフトが有ります。

※ CrystalDiskInfo:
・ ダウンロードから(ポータブル版)をダウンロードして下さい。
 http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/
※ データ診断ソフトHDD-Scan:
 http://hdd-data.jp/software/hdd-scan/harddisk-technologies.html
※ HDDの健康確認:
 http://m-jun.seesaa.net/article/315537739.html

    (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。