掲載:2014年12月23日
20141223-01_s.jpg20141223-02_s.jpg 貴方のWindows7/8.1はこの様な使い方(症状)が有りませんでしたか?。以下の様な症状が残っていると、何れ症状は増加し、最悪はPCが立ち上がらなく成ります。症状は小さな内に対処しておく必要が有ります。

 Windowsの使用トラブル症状の多くは、フリーズ(通称:PCが固まる)。

@ PCが固まって、Ctrl+Alt+Deleteを押して、電源を切った。

A HDDのアクセスランプが点灯したまま固まった。その後、電源ボタンを押して、強制的に電源を切った。

B ○シャットダウンをしています...で固まってCtrl+Alt+Deleteを押してから電源ボタンを押して電源を切った。

 是が、「時々起る」・「良く起こる」・「何時も起こる」と言うものが有ります。

 其々に原因は異なる様ですが、何れも原因ははっきりしません。ネット上に有る解決策は1つの其れを回避する方法でしかありません。是を称した言葉が有り、「相性」と言いますが、これはPCのハードとソフト、ソフトとソフトの相性と言う2つが有り、何れの場合も原因ははっきりしませんが、出る症状ははっきりしています。

 其れは、HDDが飛ぶ(データー破損)、HDDが破損してしまう。曰く、最悪の場合は、Windowsが立ち上がらなく成ります。

 自分は先日、自分の操作(上の操作)無く普通に使用していた状態でHDDが飛ぶ(データー破損)と言う症状が起こり、結果としてはHDDに「注意」が出て、自分でHDDを交換しました。そして、自分は上の症状すべて経験済です。

 上の様な症状を経験した場合、一応HDDの状態を確認しておく必要が有ります。

 この確認ソフトは、CrystalDiskInfo。そして、もう少し現実的にHDDの健康をチエックしておくソフトが、「HDD-SCAN」です。「CrystalDiskInfo」は、HDD内部に記憶されたHDDの生データーからHDDの健康状態を表示する物で、「HDD-SCAN」はHDDの実際のデーター読み取り時間からHDDの健康状態を表示する物です。

 上の症状が起こり電源を切った場合、次にPCを立ち上げた時、HDDチエックを是非実施して下さい。データーを失わないために。

 ただ、是をしても突如としてHDDの故障やデーター飛びは起こります(爆)。

※ CrystalDiskInfo:
・ ダウンロードから(通常版/ポータブル版(zip))をダウンロードして下さい。
 http://crystalmark.info/software/CrystalDiskInfo/
※ データ診断ソフトHDD-Scan:
 http://hdd-data.jp/software/hdd-scan/harddisk-technologies.html
※ HDDの健康確認:
 http://m-jun.seesaa.net/article/315537739.html

    (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。