掲載:2014年09月21日
20140921-01_s.jpg20140921-02_s.jpg 2014年09月20日(土)、本当に久しく三田に行った。この日の目的は今年の新米、三田産こしひかりの入手。悪い事に自分は未だ腰痛が直っていない。其処で、昨日深夜は友人と風呂屋に行き、土曜日の三田行きの準備。

 今年は本当に困った事に、長雨の湿度から腰痛、寝床から立つのにも苦労、歩けばかなりのびっこ。そして、湿度が下がったと思ったら、気温差から首のこりと肩こり、湿度低下から乾燥肌の痒み、ぼろぼろです。

【 ★ 写真はPCで見た場合、左が玄米・右が白米。スマートフォンで見た場合は、上(一番)が玄米で、下(二番)が白米。】

 本当に久しくの三田なので、金曜日に三田の農家の方に電話、土曜に行けば新米(三田産コシヒカリ)が入手出来るか聞いて、三田に行った。この土曜日か日曜日に三田に行って新米を入手しなければ、1週間分の旧米を街で購入する事に成るので自分には馬鹿馬鹿しい。

 今年、自分は余りにも上手くお米の在庫調整(玄米を1升ばかり友人に譲った)をしたので、金曜日の夕飯の分のお米が無く成り、金曜の夕飯は蒸し麺のラーメンに成った。

 三田市小野の路地野菜販売所に到着は午前6時過ぎで少し出遅れ、三田は時節遅く栗も無く、夏野菜も長けて終盤。幾つかの野菜を籠に入れた。

 何時もの常連さんに野菜を少し譲って貰った。何とか野菜は確保、其処で買い出しメインの新米、今の時期なら何方にも新米を譲って貰える。小野の路地野菜販売所の方の保管するお米は全て単一農家米。

 其処で、前回食べたお米農家の方に玄米1袋(30Kg)を譲って頂いた。その玄米を販売所横の精米機で10Kg程を精米、後は玄米で持ち帰った。後の玄米は自家精米。

 毎年、新米の一番初めに食べるお米は上白米に精米するのだが、今年は初めから白米にした。その写真が上の写真。(上白米の写真は、下のリンク、2012年度三田産「こしひかり」を参照)。精米度合を上げるほど美味しく感じるが、栄養分は低下する。江戸時代、一般的には玄米食だったが、江戸では白米を食べていた。そのため脚気が流行、地方に帰れば治るため、是を江戸患いと言った。

 以下のURLから写真を見て頂ければ判ると思うが、上白と白米は米の輝きが違う。以前もこのブログに書いた様に、今の精米機は以前の物より本当に白く上がる(市販品の精米度合は、「巷で噂の銘柄米」を参照)。

 因みに、土曜日の天候は曇り、自然光で撮影。是が一番良く判る。下のURLを御読みいただければ、お米の色々が想像・多少はご理解頂けると思う。

 一昨日だったか、友人の話ではTVで今年の米の出来は良く、政府買い取り価格は低下すると放送していたらしい。しかし、西日本は冷夏の長雨、日照時間不足。出来の良いのは東日本、日本全国では増量との意味。ただ、TVでのお米の説明、自分の知識では理解出来ない事が説明されていたらしい(爆)。量と食味は別物、美味しいコシヒカリは昼夜の気温差が必要。

 其処で、政府買い取り価格は日本平均なので当然、低下。お米が多少安く成る。自分は大まかの予想は判るが、農協の発表まで待ちましょう。

 農協発表の仮払い金とは、是以下には成らないと言う価格。最終的に農家が受け取る玄米の代金は、仮払い金+精算金(この言い回しは聞いた事が無いので不明)。ただ、この仮払い金の表示は、60Kgと30Kg(1袋と2袋)の物が混在するので注意。因みに、昨年のJA兵庫六甲さんだの仮払い金の発表(ネットでも見られる)は1袋30Kgの価格とフライヤー上部に記載。

 是からJA(農協)が30Kgの玄米の袋を”全数”抜き取り検査、等級を決め農家に仮払い金が支払われる。以前もお米のあれこれに書いた様に、政府等級は1〜3等級、でも世の中に3等級が有ると小生が知ったのは確か昨年。三田では、今まで1〜2等級までしか聞いた事が無い。この等級の違いが何かと言えば、米粒の揃い具合。

 米は全て通し(振るい)に掛けてあるので米粒は揃っていて当たり前。是は上の写真の米粒の大きさの揃い具合を御覧頂ければ判る。是が一般的な三田米1等級の米。是が揃って居なければ、2等級か3等級か何処かで誰かが混ぜたと思われる物である。

 色々有るのが米。探せば、日本のそこかしこに自分に合った美味しいお米は必ず存在する。人間の好みは違う。

 土曜は時間が有ったので、篠山の青空市「丹波旬の市・南部店」にも寄ってみた。此処は、丹波篠山の南入り口道路横に有る露地野菜販売所、この日は栗が一杯有ったが此処も既に一番栗(一番初めに収穫される栗が一番大きい)は無かった。既に次節外れ。

 そして、此処には年中農家のお米の販売が有る。30Kgの玄米も有るが、少量包みも販売されている。

 ここでの此処数年の玄米30Kgの価格は、11500円だった。昨日土曜日が新米の初売り、価格は10500円だった。因みに、白米5Kgは2200円、白米10Kgは4300円。これが丹波篠山産コシヒカリのここでの農家直販価格。此処から小生が推測する○A直販の丹波篠山コシヒカリの白米価格は、10Kg5400円から5500円程度。

 この価格に近いものがこの近辺地域の○A直販価格で、三田米もこの程度と思われる。そして、是から三田も篠山もJAの検査が始ると思われるので、未だ市場に出回りは無い。以前このブログにも書いた事が有るが、この検査日前にスーパーで新米が販売されていた事が有る。例年良く有る話で、毎年農家の方との笑い話に成る(爆)。

 お米のあれこれを知りたい方は以下のリンクをどうぞ!。皆さんもこの時期に各地の路地販売所に行かれれば、その地域の本物の新米と言われる物に出合う事が出来る。食べられれば、多分すがすがしいお米の味に出会える。ただ、美味しいと白米を食べすぎれば、必ず太る。太りたく無ければ、玄米食がお勧め。玄米には玄米の美味しさが有る。

 そうそう、例年の如く、三田産山田錦の刈り入れは未だ、例年の通り、10月半ば。今、三田では山田錦の田んぼには、山田錦の旗が立っている。

※ 2014年度産・「三田産コシヒカリ」の4立て米で卵掛けご飯をして大失敗!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/405894773.html
※ 2014年度産・新米「三田産コシヒカリ」を炊いて食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/405830502.html
※ 新米の季節・単一農家のお米とは?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/290593043.html
※ 市販米・JA米と農家から直接入手した米の話あれこれ・「古米の行方」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/238913223.html
※ 三田の農家から直接お米を買っても適正価格でしかお米は買えません!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/399554566.html
※ もうすぐ新米の季節!市販の本物三田産米は何処で買える?:
 http://m-jun.seesaa.net/article/404233669.html
※ 市販米では美味しいと巷で噂の銘柄米を食べて見た!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/358598603.html
※ 今・兵庫県三田市小野・2012年度三田産「こしひかり」!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/296403578.html
※ 毎年この時期不思議に思うこと(新米)・・・:
 http://m-jun.seesaa.net/article/163368391.html
※ 稲の様相・害獣対策の電気柵設置(兵庫県三田市小野地区):
 http://m-jun.seesaa.net/article/218908731.html
※ 篠山の青空市の場所・観光交流マップ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/296734097.html
※ 米穀検査:
 http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E7%B1%B3%E7%A9%80%E6%A4%9C%E6%9F%BB_%E7%B1%B3%E7%A9%80%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81
※ こんな物が有ります・新米と古米の判定キット:
 http://m-jun.seesaa.net/article/162112380.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。