掲載:2014年08月31日
20140831-01_s.jpg 玄米、1度美味しい玄米ご飯を食べるとまた食べたく成る。そんな玄米ご飯、最近は1週間に1度は食べている。

 自分の場合、何も健康を考えての玄米食では無い。自分の場合は味と食感、精白米とは違う草の実味、一度嵌ると暫くは旨く、また忘れた頃に食べたく成る代物。

 今回はクーラー病防止のため、温かい食べ物として玄米粥にした。是は精白米粥には無い美味しさが有る。

 今回は、1度レンジで普通に玄米を炊き、再び水を足して粥にしているので実際は「おじや」と言うのかも知れない。しかし、白米では無いので、米粒が溶ける訳でも無く、食感だけ言えば蕎麦の剥き実粥に近い。

 今回は水と塩(少しの七味唐辛子)しか入って居ないが、この味と食感なら茶粥の方が美味しいかも知れない。

 最新レンジで作る玄米食に嵌った友人がネットで調べた所、昔から秋田地方にある玄米を柔らかく炊く方法、「びっくり炊き」と言う方法が有ると言って来た。

 「玄米 びっくり炊き」と検索すれば一杯の物が出て来る。炊いてる途中に「びっくり水」を入れ、硬いヌカ層を破壊すると言う。

 何れも、玄米を幾らまで柔らかく炊くかと言う事、レンジでも条件出しをすれば同様な事が出来る。何れまで炊いても、ヌカ層成分が有るので消化の程はご自分で試して知る必要が有る。

 何れまで炊いても玄米、白米の様な消化には多分成らない。ただ、玄米は精白米に違う美味しさ、お米の違う食べ方、違うお米グルメと言えば言えなくも無い(爆)。

 お米好きな方で未だ玄米を食べた事の無い方は1度是非どうぞ、同じお米で違った味と食感が得られる。

 因みに、レンジで玄米を炊く場合の最初の水分量は玄米の1.5〜6倍、粥の場合は後で是に玄米と適量の水を足し、再びレンジ強で沸騰させている。

※ 玄米 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%84%E7%B1%B3
※ 茶粥 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E7%B2%A5
※ 玄米が直ぐに炊ける「びっくり炊き」:
 http://benstars.fc2web.com/genmai/

※ 電子レンジで漬け置き無しで直ぐに炊ける玄米ごはん!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/401917694.html
※ 玄米は電子レンジで簡単に炊けると知って再び玄米食!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/402431411.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。