掲載:2014年08月28日
20140828-01_s.jpg※ 無線LANのメール丸見えですよ…利便性考慮し暗号化せず 成田、関西、神戸の3空港:
 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140826/waf14082614050021-n1.htm
 2014.8.26 14:05 [MSN産経west]
 ----------
 成田、関西、神戸の3空港が提供する無料の公衆無線LANサービスでインターネットを利用した場合、送信したメールの宛先や中身、閲覧中のウェブサイトのURLを他人がのぞき見できる状態になることが26日、神戸大大学院の森井昌克教授(情報通信工学)の実地調査で確認された。

 無線LANを暗号化すればのぞき見を防止できるが、パスワードの入力などが必要となり、3空港は利便性を考慮し暗号化していないという。

 現在、全国の公共施設やコンビニなど約90万カ所で公衆無線LANが利用できるが、暗号化されていないものも多いといい、森井教授は「利用者はリスクがあることを理解し、クレジットカード番号など大事な情報のやりとりは避けるべきだ」と話している。

 実地調査は7月下旬に行われた。
 ----------
★ 検索すれば、覗き見ソフトは直ぐに見つかります!。それほど危険と言う事です!。

 この現象は、以前問題と成った某コーヒーチェーンの公衆無線LANの現象に同じものです。

※ 森井昌克(現在、神戸大学大学院工学研究科教授):
 http://srv.prof-morii.net/~morii/

   (*ー‥ー*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。