掲載:2014年08月26日
20140826-01_s.jpg 先ずは、本日の話題の前に、以下の対処は実施しましたか?。自分の友人はこの事自体を知りませんでした!。

※ ウィンドウズ、更新でパソコンに不具合の恐れ(2014年08月19日):
 http://m-jun.seesaa.net/article/403967508.html
※ 2014年8月の月例Windows Updateでの問題プログラム「KB2982791」と「KB2970228」の消去方法!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/403974104.html

 ----------

 先日は、JAVAアップデート時に「ASK」の検索バーがIEにセットされてしまう事の注意喚起をした。今回は、Adobe Flash Player。このAdobe Flash Playerをアップデートしようとすれば、JAVAアップデートと同様、そのままだとIEにGoogle Chromeが結合されてしまう!。

★ 画像の様に、最初から□にチエックが入っているので、これを”外さないと”IEとChromeは結合されます!。

 自分もPCにはIEとGoogle Chromeの両方がインストールされているが、IEとは結合はしていない。結合している人は色々と不具合が発生することは知られるところである。

 そう、なんやかやと、IEよりGoogle Chromeをメインに成る様に則されるし、ヤフー検索が知らぬ間にグーグル検索に切り替わっていたりする。

 そんな結合がこのAdobe Flash Playerのアップデートで起こる。何故なら、提供オプションに最初からチエックが入っている。知らず「OK」とかを押していれば、Google Chromeを必要としない人、入っていても結合していない人が自分の意に反し、結合の方向に導かれる。

 是を悪意と言わず何と言おう。

 最近は、何れのソフトやアップデートでも同様な事が多々有る。有名ソフトだからそんな事は無いだろうと言う事も無く。フリーソフトに至っては、ダウンロードにも手を焼く(そのソフトだけをダウンロード・インストールするのにも注意しなければならない)物まで存在する。

 ダウンロードしたら違うソフトをダウンロードしたと言う事が報告されている。最近は、近くに有る「Download(ダウンロード)」と言うボタンを押せば、おおまか違うソフトがダウンロードされたり、何か判らない「ダウンローダー」とか言うソフトがダウインロードされ、ダウンロードするのにこの「ダウンローダー」が必要なのかと、インストールした人間まで居る。

 最近は本当にPCに素人だけで無く、少しPCを知った人間まで簡単に騙される様なシステム、誰か始めたか知らないが、最近は全て疑って掛からないと下手をする結果と成る。

★ 何れのソフトでも、有料ソフトで有っても、インストール・アップデートには他のソフトがインストールされないか、良く読んで”次へ”や”OK”のボタンを押す様にしましょう!。

 皆さんもご自分のPCを重くしない為、充分にご注意下さい!。

※ JAVAアップデート時の悪意あるプログラムインストールに注意!(2014年08月):
 http://m-jun.seesaa.net/category/6238772-1.html
※ 【2014年11月追記】Java アップデートと共にサードパーティーのツールバーも同梱している Oracle 社の対応について:
 http://www.sophos.com/ja-jp/press-office/press-releases/2013/01/ns-oracle-foisting-third-party-toolbars.aspx

   (*−‥ー*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。