掲載:2014年06月17日
 「大台ケ原 キャンプ」のフレーズで良くこのブログに閲覧者が有るが、大台ケ原の国立公園内はキャンプは禁止です。

 このキャンプの本来の意味、野営からすれば夜をどんな形でも過ごして生活を営めばキャンプ、是なら何をしてもダメと言う事に成る。

 一応、テントを張って、食事を作る事をキャンプとするのなら、煮炊きせずにテントを張らずに夜仮眠出来れば良い訳で、そんな方は是からの季節、昔から結構居られる。

 食事は売店もしくは山荘の食堂、寝るのはビジターセンター軒下、屋外休憩所軒下である。確かに屋根も扉も有るバス停横の休憩所が有るが、泊まった人の話に寄れば、先ず電気が消えないので明るい。トイレ開け閉めの音が煩く、是なら囲いは無いが、ビジターセンター軒下の方が仮眠しやすいとのことだった。但し、寝袋は無いと寒くて仮眠も出来ない。

 車の方は、車で仮眠しておられるが、是も寝袋か上下毛布が無いと寒くて仮眠も出来ない。駐車場はアイドリング禁止です。決まり事とマナーは必ず守りましょう。他の仮眠の方にも大迷惑です。

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。