掲載:2014年06月03日
20140603-01_s.jpg あるJAZZのライブ音源を聞かせて頂いた。感動し、最後の曲が終わって、思わずPCに向かって拍手してしまった(爆)。それほど良く出来た音源だった。

 この音源、ミュージシャンの皆さんが良くライブ会場で持たれて録音されているあの小さなMP3レコーダーで取った音源である。確かにこのMP3と言うもの、CD音質で取ってもCD以下の音質でしか取れない。

 しかし、高級機材で取って編集、CDを作った物より良く出来ていた。CD音質はレコードより劣るが、そんな事をも感じさせない一発取りのライブ音源だった。

 本当に素晴らしい音源を聞かせて頂いた。

 多分、この音源から余計な雑音・音声などを排除すれば、充分な機材とミクサーが介在した音源と聞き違えるだろう。それほど良く出来ていた。

 そう、それほどこのライブのミュージシャンの皆さんの演奏が素晴らしかったと言う事、誰もが誰もを殺さない演奏だったと言う事だろう。

 是は、小さな箱で取られた音源、しかも小さな箱にも関わらずドラムの入った編成、其れがミクサーが入って各パートを操作したかの様に一発取りで録音されている。これがミクサーも介在しない一発取りで取られたとは、それにこの日は感動した。

 そして、耳を澄ませば聞きたい楽器が何時も全て聞こえる。

 当然、ボーカルが居られるバンドなのでボーカルが歌いだせばボーカルが前に出る。演奏のソロが始まれば、当然その楽器が前に出る。でも、当然他の楽器の皆さんのバッキングも有るし、何方も手を休めてはいない。そして、バックバンドも必要な時には前に出る。

 それがあたかも上手いミクサーが操作したかの様に録音されている。本当に素晴らしい。最近、TVの音楽番組であれだけの機材を使ってあの音源である。本当に聞くに耐えない音源も一杯有る。何処まで操作してるの?と言う音源も一杯有る。

 何か、大きい音を出せばそれがライブと思って居られる節もあり、大きな会場で高価な機材を持ち込み何人もの関係者がいても、

「何!この音、お前ら何を聞かせたいんや!」
「貴方ら居ない方がいい音が出るのと違う?」

 と言うものが良く有る。

 何もしなくても、いい録音ができる。先ずは、ボーカルを含めたミュージシャンの演奏実力、井野アキヲさんの名言、

「何故こんなに心地よい演奏ができるのですか?」
「其れは、程よい自己主張と程よい思いやり」

 の言葉を久しく思い出した演奏音源。

 皆さんの演奏、録音すれば何時もこうなっていますか?(爆)。

 そうそう、自分が昔愛用していた全段直結A級DCアンプはボリュームコントロールしか附いていなかった。いい音源なら音の操作不要との考えからだった。

 10W×2の出力アンプなのに、消費電力250W以上、点ければ冬はストーブ変わり、部屋の電気が暗く成った(爆)。

 そんな事を思い出し、想い、JAZZ音源を聞いた夜。

★ 写真はこの文に関係が有りません。

※ JAZZ・「飛び道具」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816341.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。