掲載:2013年12月14日
20131214-01_s.jpg20131214-02_s.jpg 先日、以下の記事を書いた。

※ 人の気分を害した女性客の言葉・「是って高いよね!(はまぐりプラザ)」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/381688474.html

 そんな矢先、友人の事務所に居ると、後輩が、ネットに「桑名産・はまぐり食べ放題」が有りますよ!と言った。値段は幾ら?と聞くと、数千円。友人も自分も自信が有った。そんなのは絶対に無い。多分、日本産ハマグリでも今の価格から有りえない。

「そんなの今まで調べた物では絶対に無い!。HP良く見ないと!」
「いえ、産地直送と書いています!、三重県なら桑名でしょ!」
「本当に桑名産はまぐりと書いてる?、蓄養とか書いてない?」
「あ!、最後の方に桑名産の別メニュが有ります!」
「やはりそうでしょ!」
「是って、紛らわしいHPですよね!」
「本物の価格を知れば、数千円で食べ放題が無いのは直ぐに判る」
「5Kg2000円で三田産1等品の今年のこしひかりが市販では売って無い様に・・・。」
「売っていれば、絶対に裏が有る。其れは今年のJA兵庫六甲さんだの1等品の仮渡金が30Kg(1袋)あたり7000円で有る事からも明らか。」

 そのHPを疑いを持って見ていけば、やはり蓄養品。蓄養とは輸入(多くは中国産)したはまぐりを市場に出荷する前、一旦日本の海水で休ませることです(爆)。養殖では有りません。

 そう、このお店、紛らわしい事は紛らわしいが、何処にも食べ放題の蛤が桑名産とも書いてない。読み手が勝手にそう理解するだけ(爆)。日本海に行って蟹を食べて、地元産と理解するに等しい。

 ただ、昨今の現状から、この様な表現は止めなければ成らないのは当然、食べ放題は蓄養品なら中国産蛤と明記するべきだろう。

 皆さん、HPは冷静に読みましょう!三重県桑名産(赤須賀産)・「はまぐり食べ放題」も「国産蛤食べ放題」も今の所、何処にも有りません。当然、其れなりのお金を出せば何処のお店でも受けて貰えるでしょう。其れには、少なくても2万円以上、日本海の本物の大きな蟹1匹の価格に近い物に成るでしょう(爆)。

 皆さん、有れば是非お教え下さい!。日本産”蛤(ハマグリ)”の食べ放題、5000円以下。

※ 桑名で桑名産「はまぐり」を食べられるお店一覧!?
 http://m-jun.seesaa.net/article/366855167.html
※ 【三重の里レポート】「この値段でホントに『赤須賀産はまぐり』なんですか?」〜はまぐりプラザ〜:
 http://www.sato.pref.mie.lg.jp/member/index.php?id=576

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事