掲載:2013年10月30日
20131030-01_s.jpg20131030-02_s.jpg 5月の旅でも、今回の旅でも買った郡上八幡の大黒屋さんの「大黒屋 自家製 地溜まり」、曰く「溜まり醤油」である。ただ、醤油メーカーの所謂「たまり醤油」では無い。

 この郡上八幡の溜まり醤油は、紀州湯浅などで言う「濁醤(生醤油)」です。何かといえば、醤油の一番搾り前の雫を笊で集めた物と同様で、醤油メーカー品は料亭などに出荷され、限定品とされるのが一般的な超一級品。

 この郡上八幡の大黒屋さんの「自家製 地溜まり」の作り方はHPを見られれば写真により作り方が良く判る。

 -----------
★ たまり醤油の誕生「たまり」: 文献上に初出したのは1603年(慶長8年)に刊行された『日葡辞書』で、同書には「Tamari. Miso(味噌)から取る、非常においしい液体で、食物の調理に用いられるもの」とある。
 -----------

20131030-03_s.jpg 今回、是としみす味噌を「平氏ヶ原」へのお土産としたが、其処で娘さんが、「このたまり醤油はどろっとしていない!?」と言われた。多分、醤油屋さんの「たまり」の事を言われているのだろうが、醤油の溜まりとは是が本物。

 醤油屋さんの「たまり」醤油は、余りにも商品名として色々有りすぎ、明確に是だと言う物が無い様に思う。商品名で言う「たまり」で自分が知る物は、

@ 醤油を容器に絞り、その底に溜まったどろっとした醤油(泥ソースの様な物)。
A 醤油に中双糖・味醂等を加え、甘みを添加した味付け醤油。
B 醤油に味付けし、刺身醤油とした物。

 多くの醤油メーカーの商品名「たまり醤油」の原材料名を確認されればお判りと思う。醤油の詳細には附いては、醤油 - Wikipediaの「日本における様々な醤油」をご覧下さい。基本的に醤油の原材料は大豆・小麦・塩。

 今回、同様な「溜まり醤油」を美濃・郡上・飛騨小坂の道の駅での販売を見ました。奥美濃・飛騨で同様な味噌がある事から、同様な醤油生産が有ると思います。見つけられれば、是非1度「溜まり」を試してみて下さい。昔の醤油味です。

 ただ、あくまで何れも嗜好品、口に合わなければ御免なさい。また、生ものなので保存悪ければ花が咲くかも知れませんが、昔醤油は減塩など無く、味噌と同じで味は落ちても、腐りません。

※ 丸大豆無添加・郡上の味噌と郡上の醤油(2013年05月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/364655195.html
※ 醤油 - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%A4%E6%B2%B9
※ たまり醤油:
 http://www.ccom.or.jp/imokei/syouyu.html
※ 郡上八幡の地味噌・郡上地みそ【大黒屋】:
 http://kaneko-daikokuya.com/index.html
※ 愛知県味噌溜醤油工業協同組合|愛知県の味噌、醤油の製造メーカー:
 http://www.aichimisotamari.or.jp/
※ しょうゆの種類と特徴 | キッコーマン:
 http://www.kikkoman.co.jp/type.html

★ 今回の旅の詳細:

@ 秋だ!茸に落ち鮎に新蕎麦だ!そして山の宿は亀虫の季節だ(爆)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/378264540.html
A めいほう「ベルグコテージ」と飛騨小坂「平氏ヶ原」の旅(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378370752.html
B 食材調達・美濃「にわか茶屋」・郡上「美並」郡上市街と「明宝」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378373190.html
C めいほう「ベルグコテージ」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378408920.html
D 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378546671.html
E 一宮「ピアゴ妙興寺店」とコメダ珈琲「一宮花池店」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378625061.html
F 名神高速での早朝/深夜のコンボイ走行・名神吹田⇔一宮JCT(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378705735.html
G 郡上・明宝での「美味しいもの」と「本物味鶏ちゃんの作りかた」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378816689.html
H 味噌メーカーの「溜まり」と醤油メーカーの「溜まり」の違い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378841725.html 
I 寒い冬がやってくる亀虫と雪虫の話(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378842101.html
J 旅での美味しいとの出会い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378992848.html


   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。