掲載:2013年10月27日
20131027-01_s.jpg20131027-02_s.jpg 今回、飛騨小坂・手打ちそば「平氏ヶ原」の滞在時間は昨今に無く短く(爆)。そう、11時30分〜15時、其れでも3時間半程度過ごさせて貰った。

 今回の旅は1泊2日、結構慌しい。其処で、「平氏ヶ原」からの帰りの予定も行き当たりばったり。でも、体調から早い時間に店を出る事だけは決めていた。この季節、日々夜の日が落ちるのも早くなる。日が落ちれば当然の事として道が走りにくい。特に暗い山道はそうである。

 飛騨小坂には「ひめしゃがの湯」と言う炭酸泉の心地よい日帰り温泉も有る。亀虫を車内に入れない様に車に乗り、国道41号線方面に、向かう。出発から下島温泉分岐までは10分余り、その間に相方と相談、今回は明るい内に南下する事にした。其方の方が温泉に浸かるよりゆっくり楽に帰阪できるとの考えからだった。

 国道41号線を明るい内に南下、何時もの下呂温泉横「宇佐美」でガソリンを補給、大阪で満タンから此処で25L、163円/Lで大阪より10円高かったが、此処は何時もこの程度。そして、窓には亀虫の当った後の白い白線が何十本も有り拭いて貰った。今の時期に窓にカチンと当る音は殆んどが亀虫(爆)。

 飛騨金山、何時もの目印、「中国料理・吉林」の看板を過ぎて「平成こぶし街道」に入り角のコンビニで煙草休憩、序に煙草も買う。やはり明るい時間は走り易い。此処から東海北陸自動車道路「富加関」までのせせらぎ街道、暗くなれば本当に走りずらいが明るい時間に走って今回は正解。

 順調に走り道の駅「平成」、此処で時間も有るので「足湯」。この足湯、相当な前(多分5年前)に入った事が有るが、今回入れば、部屋自体が塩素の臭いで長く足を浸けていられる物でも無かった。外で煙草休憩の後出発。

 其処から10分、富加関インターから高速に入り、分岐を間違わずに岐阜・高山方面に、再び分岐でで東海北陸自動車道路に入り名古屋方面に向かう。富加関インターに入った頃から曰く夜、一般道と違い楽。

 此処から車中では夕飯の話に成るが、今まで計画して食べて無い木曽川アピタの「ちゃんぽん」や一宮のオムライス、何れも街の食事、二人凄い興味と言うほどの物でも無いので何時もお流れと成る(爆)。

 本日朝のおにぎりも有り、関SAで煙草休憩とナビセットとりあえず、目的地をスーパーにセットした。しかし、そのセットしたスーパーが少し間違った。セットは「ピアゴの妙興寺店」。

 東海北陸自動車道路一宮西、南下方向には、降り口が無くジャンクションも渋滞、其処で手前で降りたが、下の道路も予想以上の混雑。悪い事に、高速下道路は一宮西上り口以南は1車線で踏み切りも有り何時もの混雑場所、その渋滞に巻き込まれた。

 行こうとしたスーパーを間違ったみたい。そう、この一宮付近、アピタ・ピアゴも多く、小さな地図ではほぼ近辺に見える(爆)。同じ所に2度行くと言う事が、ナビセットのまま次に行かないと地元の人間以外、中々難しい場所でもある。他の飲食店やコメダに行くにも難しい。タブレットでネットにつないでも、2度行く事は難しい。イオンモールにアピタにピアゴ、全ての店舗で品揃えに特異性があり、何時も此処!という店舗を決めるのが中々難しい。何処も同じといえば同じ、違うといえば違う(爆)。

 とにかく到着して、買い物。今回も寿がきやの味噌煮こみうどん、序に大阪より何時も30円安い368円のチキンラーメンに他の即席麺、普段使いのイチビキの味噌、箱入りではないので少し安いソルティクラッカーに美味しい天然水1本88円、自分の行くスーパーでは中々見かけない「サクマドロップ缶」、涼しく成ったので1缶買った。

 「サクマドロップ缶」、スカが幾つ有るか楽しみ(爆)。一般的には、80gで入り数25個若しくは26個とのネット情報、其れに入るスカの白は2個若しくは3個と有った。因みに今回は120g缶なのでスカ個数は3〜4個。

 買い物を終え、夕飯の予定も思いつかず、混雑に再び巻き込まれる事も嫌と言う事で、先ず近隣の「コメダ珈琲」にナビをセットした。其処で道路を10m走った反対車線にコメダの看板、セットした場所とは全く異なるが、何処も同じと此処にした。コメダ珈琲「一宮花池店」、此処は初めて。

20131027-03_s.jpg20131027-04_s.jpg20131027-05_s.jpg

 コメダ珈琲、店の作りも殆んど同じなので、自分には以前立ち寄りの店か間違う時が有るが、此処は自分でも始めてなのが判った。注文は、何時ものたっぷりレギュラー珈琲とたっぷりミルク珈琲、其れに抹茶ケーキ。

 早速コーヒー出て来たが、何か違う。そう、カップ!。カップにあの小父さんマークが無い!。形も少し違う。この店では以前からこのカップと言う。そして、多分お店の方の衣装も違う。コーヒー等の味は変わらないので余計妙に感じた(爆)。

 注文は、コメダ珈琲がチェーン店なので何処でも同じだろうと注文した物だが、相方が、メニュ自体も少し何時もと違うと言う。見ればそう、内容を見てみると、他店と「珈琲ジェリー」が違う。容器も形も、そして名称も普通に「コーヒーゼリー(480円)」。

 色々地域性と直営店とフランチャイズ店が有るみたいだが、岐阜・愛知・三重の今まで行った場所の全てが同じ、しかも一宮で以前行った場所も同じだったので今回は何か異質に感じた。

20131027-06_s.jpg20131027-07_s.jpg 其処で此処で夕飯にしようと言う。後は帰阪だけ、久しくサンドにした。ミックスサンドとミックストースト、一つずつにしたが、内容は、パンが焼いて有るか否かで内容は同じ、是はちょっと失敗。最初にケーキを食べた事もあり、最後にサンド1つが残った。やはり二人では同じ様な物を注文するのは失敗、知らねば倍失敗の感じがする(爆)。

 サンド、良くある卵サンド、自分には卵が喉に詰まり、食べるのがちと苦しかった。卵サンド、何故あれほど食べにくい物なのだろう。また当分、サンドイッチは食べないだろう。

 サンド、二人で注文するなら、「ミックスサンド」と「ポテサラサンド」ですよ!、これなら少しは内容が違う(爆)。

※ 巌立峡 ひめしゃがの湯:
 http://himesyagaspa.web.fc2.com/
※ ピアゴ「妙興寺店」:
 http://www.uny.co.jp/shop/78/
※ コメダ珈琲「一宮花池店」:(AM8〜PM12):
 http://www.komeda.co.jp/
 http://www.komeda.co.jp/shoplist/aichi/owari_seibu/TO0148.html?search=1

★ 今回の旅の詳細:

@ 秋だ!茸に落ち鮎に新蕎麦だ!そして山の宿は亀虫の季節だ(爆)!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/378264540.html
A めいほう「ベルグコテージ」と飛騨小坂「平氏ヶ原」の旅(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378370752.html
B 食材調達・美濃「にわか茶屋」・郡上「美並」郡上市街と「明宝」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378373190.html
C めいほう「ベルグコテージ」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378408920.html
D 飛騨小坂/手打ち蕎麦・郷土料理「平氏ヶ原」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378546671.html
E 一宮「ピアゴ妙興寺店」とコメダ珈琲「一宮花池店」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378625061.html
F 名神高速での早朝/深夜のコンボイ走行・名神吹田⇔一宮JCT(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378705735.html
G 郡上・明宝での「美味しいもの」と「本物味鶏ちゃんの作りかた」(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378816689.html
H 味噌メーカーの「溜まり」と醤油メーカーの「溜まり」の違い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378841725.html
I 寒い冬がやってくる亀虫と雪虫の話(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378842101.html
J 旅での美味しいとの出会い(2013年10月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/378992848.html 

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。