掲載:2013年09月28日
★ IPCC:「海面水位最大82センチ上昇」の予測報告書

 予測される海面水位と気温の変化

 地球温暖化に関する科学的分析や予測をまとめる国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第1作業部会は27日、有効な対策が取られなかった場合、今世紀末に地球の平均気温が最大4.8度、海面水位は同82センチ上昇すると予測した第5次報告書を発表した。人間の活動が温暖化の主要な原因である可能性を「極めて高い」(95%以上)とし、2007年の第4次報告書の「90%以上」より表現を強めた。

※ IPCC - Intergovernmental Panel on Climate Change:
 http://www.ipcc.ch/

★ 英大学で留学生ビザ無効、学生に動揺広がる
< 2012年8月31日 8:37 >

 キャメロン政権は、経済が悪化する中で国内の雇用などを守るためにビザの発給数を減らす政策を取っている。今回の措置は学生ビザでの不法就労を防ぐためのものだが留学生の間に動揺が広がっている。

※ 留学とは名ばかり、祖国に寄与とは名ばかり、そんな留学生が日本にはごまんと居る。

★ ランボルギーニに傷、市が200万円弁償 愛知・尾張旭(2013年9月28日0時12分)

  イタリアの高級自動車メーカー、ランボルギーニ社のスポーツカーが愛知県尾張旭市内の市道を走行中、道路のくぼみで車体に傷がついたため、市は修理費約200万円を支払うことになった。市が加入している損害保険から支払われる。

 ※ 昔は、車高は幾ら低くても150mm必要だったのだが・・・。

★ 冷凍ブルーベリーから基準超農薬

 千葉県銚子市の食品会社が製造した、冷凍のブルーベリーから、基準を超える農薬が検出されたとして、保健所は、この会社に1万6000パック余りの商品を回収するよう命じた。

回収の対象となっているのは、千葉県銚子市の食品会社「トーア産業」が、東京の食品会社「ライフフーズ」の委託で製造した袋詰めの冷凍食品「ブルーベリー」のうち、賞味期限が「2015年1月22日」になっている商品。

保健所が千葉県鴨川市のスーパーで売られていた製品を検査、農薬成分「ビフェントリン」が国の基準の9倍に当たる0.09ppmを検出。

このため保健所は、食品衛生法に基づき、「トーア産業」に対し同じ日に製造された商品1万6000パック余りを回収するよう命じた。

これらの商品は、毎日、大量に食べ続けないかぎり、健康に影響を与えるおそれはないとのこと。

 ※ この日の物が引っかかった。でも、何故この日の製造分だけと言い切れるのだろう?!。不思議!。

   (*ー‥ー*)」 イヨッ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。