掲載:2013年09月05日
20130905-01_s.jpg 自分だけかも知れませんが、皆さんもご注意下さい。先日、USB3.0のUSBメモリを入手した。容量は8GB、価格は880円だった。

 このUSB3.0のメモリをUSB3.0仕様のPCに使いWindows8の復旧メモリを作れば、20数ギガの物でも3分程で作成出来たという優れもの。ただ、小生のPCの仕様の様に、USB2.0の物に使うと、作動はするが速度はUSB2.0仕様のスピードしか出ずに凡そのスピードは1/10以下になる。

 そう、USBメモリには互換性がある。そんな事でプレゼントして貰ったのだが・・・。

 何と、USB2.0のPCに使い、タブレットで使いをしていれば、データーが消えた!!!。何故かと思いコネクターに挿したメモリを触ると、アクセスランプが点滅したりしなかったりする。そう、接触不良。

 小生のPCには幾つもの端子が有るが、何れも同じ現象に成る。タブレットも同じ、他のPCでも同じだった。挿してメモリを動かすとアクセスランプの点滅が可笑しい。

 実際互換性が有る筈なのだが、今までの経験では初めて。自分だけかどうかは不明だが、皆さんもご注意下さい。この状態で壊れたデーターは復元できません。重要データーなら大問題。

 今のところ、USB2.0のPCにはUSB2.0のUSBメモリの対応の方が良い様に思う。実験しないと何とも言えないが、、USB3.0のPCにUSB2.0を挿しても多分問題は無い様に思う。是が他でも起これば、HDDにも同様に起こるので注意が必要である。

★ 写真は、右USB3.0・左2.0の端子部分。
※ 知っておきたいUSB3.0まとめ (1/2):
 http://ednjapan.com/edn/articles/1207/31/news060.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。