掲載:2013年07月01日
20130701-01_s.jpg20130701-02_s.jpg 昨今、食べるインスタント麺は寿がきや・イトメン・マルタイ。そう、愛知・岐阜・三重の旅で買った寿がきや製品と播州のイトメン製品が多い。

 しかし其れも現在家には品切れ。其処で昨今大阪で買うのは、味のマルタイ棒ラーメン、2食入り88円。何れの会社の製品も、昨今の複雑味の即席袋麺より素直に美味しい。

 そんな味のマルタイ棒ラーメン、今日家に無いと言うと、友人があっさり醤油ラーメン・あっさり豚骨ラーメン・あっさり醤油とんこつラーメンの3袋をくれた。

 この「あっさり」と名の附くマルタイ棒ラーメンを見るのは初めて、其処で調べるとメーカーのHPにはその詳細が無く、もっと調べると、マルタイ (企業) - Wikipedia に内容が載っていた。

 何が「あっさり」なのかは、普通にある棒ラーメンの廉価版で”調味油”を抜いた製品とある。と言う事は、普通の製品より数円でも安く無いと割りに合わないのだが・・・(爆)。何処で入手したかを聞くと、ローソン100、さもあらん。最近、ローソン100では普通の味のマルタイ棒ラーメンを見ない。

 普通の「味のマルタイ棒ラーメン」、大阪で自分の買う価格は88円、ローソン100は105円なので多分、安売りスーパーなら”あつさり”系は85円が販売価格。

・ あっさり醤油ラーメン
 (即席マルタイラーメンの廉価版。調味油を抜いただけの製品)
・ あっさり豚骨ラーメン
 (屋台九州味の廉価版。調味油を抜いただけの製品)
・ あっさり醤油とんこつラーメン
 (博多醤油とんこつラーメンの廉価版。調味油を抜いただけの製品)

☆ ただ、小生の見た所、麺のグラム数も小さいので廉価版と言うより麺の内容量が少ない(通常品:めん146g・あっさり:めん120g)製品。日清のカップヌードルとスープヌードルの違いに等しい。

 味のマルタイ、替玉ラーメン(博多ラーメンの基本的な食べ方である「替玉」専用。スープは添付されていない)が有ると言うもの面白い。ただ、間違って同じ値段で買うと、出汁が入ってないので馬鹿を見る(爆)。

 そんな棒ラーメンの自分の中のこの季節の流行は、先日までは「あっさり激辛ラーメ」、今は山椒の実の漬けた物が有る季節。其処で考えたのが「あっさり山椒ラーメン」、是が現在の自分の中の流行。

 作り方は、棒ラーメンを作った後に、”山椒の実・山椒オイル・酢”を好みの量(自分の場合は、全てスプーン一杯ずつ)入れた物。山椒の実、食欲増進作用が有るので、ダイエットの人間にこのレシピは絶対向かない(爆)。

※ 美味しい味のマルタイ棒ラーメンであっさり激辛ラーメンを作る!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/347047286.html
※ マルタイ (企業) - Wikipedia:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%A4_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)
※ 棒ラーメンでおなじみ、味のマルタイ:
 http://www.marutai.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。