掲載:2013年06月09日
20130609-01_s.jpg20130609-02_s.jpg 昨年も実山椒を摘ませて貰った方の所で今年も山椒を自摘んで、本当に先程軸取りが終了しました!(爆)。自分で摘んだ物と他の物とを合わせて実だけにして3Lほど有りました。しかし、軸取りに1週間を要しました。ちと遅れた感が有りますが、疲れた!。

 このブログに山椒の実の検索フレーズで多くの方の閲覧を頂いて降りますが、大阪近隣と南部の山椒は既に終了、岐阜の山の中も5月末の旅で美濃には既に実の販売が始まっていたので、この記事を見られて購入を考えられても既に山椒の実は無いか、長けて硬いと思います。

 今有るのはもっと気温の低い地域。其れも既に終了かも知れません。これからもし購入される場合、実を1粒食べて、口に何も残らない事を確認して納入して下さい。口に残れば、既にかなり長けています。実山椒の丁度いい期間というのは、1週間ほどしか有りません。

20130609-03_s.jpg20130609-04_s.jpg20130609-05_s.jpg

 昨年と今年、山椒の実を摘ませて貰った方は同じ、写真の小さな木で苗木を植えて3年、大きな木で苗木を植えて7年、苗木までに3年ほど要して居るので、山椒は実がほどほど取れるまで10年ほど掛かる勘定に成ります。この2本の木で、軸を外した実が2L〜2.5Lほど採取出来ます。。

 因みに、この2本の木とも棘(とげ)無し、本当に珍しく実も素手で取れるので簡単に採取出来ます。是は苗木を選んで来て植えたと言う。皆が探す棘の無い苗木、是は本当に中々無く珍しい。

 また、この棘の無い山椒の実を植えても、ほぼ100%棘の有る木に成ると言う。山椒の苗木、棘の無いのを見つけられれば、本当にめっけもの。実山椒を取る木、殆んどの物に棘があり、後も軸処理も含め、実山椒の加工品は高価なのは当たり前。でも、本当に疲れた・・・(爆)。

★ 写真の物で凡そ1L、この容器1杯で3L。
★ 本年は、以前の塩漬けを未だ持ってるので、醤油漬け・酢漬け・オイル漬けにしました。友人は酒(ホワイトリカー)にも漬けるらしい。塩漬けも使い勝手がいいです。茹でた冷凍品は、ちりめん山椒を作らない方には結構使い勝手が悪いです。

※ 粉山椒の作り方:
 http://m-jun.seesaa.net/article/282174994.html
※ 実山椒の季節(実山椒の保存品はこの様に使ってます!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/276107653.html
※ 実山椒の季節(和風ドレッシング):
 http://m-jun.seesaa.net/article/273906850.html
※ 実山椒の季節(今年はこうして保存しました!):
 http://m-jun.seesaa.net/article/273704287.html
※ 実山椒の季節(保存方法:塩漬け・佃煮・ちりめん山椒):
 http://m-jun.seesaa.net/article/273633111.html
※ サンショウ - Wikipedia:
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。