掲載:2013年03月27日
20130327-01_s.jpg20130327-02_s.jpg20130327-03_s.jpg

 先月、寿がきや「名古屋流カレーうどん」をお友達から貰った。中々美味しいカレーうどん、小生の思うカレーうどんに近いインスタント麺だった。

 小生は今まで数多くのカレーうどんの試作実験をしたが、完成せず、諦めた。しかし、是が美味しいと言うものは口の中に残っている。それでは!と愛知県の有名店、「若鯱家」に行って来た。

 カレーの美味しい物とカレーうどんの美味しい物は異なる。一般的カレーうどんは多くの場合、その店の特徴を出すのは本当に難しい。其れは。何十杯も試作してカレーうどんを出汁から作って食べて見れば判る。

 平均点のカレーうどんを作るのはいとも簡単。適当に家庭で作っても、ほどほど美味しい物は直ぐに出来るし、即席で作ってもそこそこ出来る。

 今回の「若鯱家」、ネットで読めば色々な意味で話題のお店、皆さんの口コミは普通、そんな物を食べて来た。

 今まで愛知・岐阜で食べたカレーうどんは、是もご当地発祥のお店の「サガミ」。

20130327-04_s.jpg20130327-05_s.jpg 店舗は近辺に行けば必ず立ち寄るアピタ桑名店3階にある「若鯱家」アピタ桑名店、注文をネットで見て決めて来たので早速店内に入る。

 入口には先日発売になった日清食品の「若鯱家カレーうどんカップ麺」が3個入りで置いて有った。

 小生の注文は「カレーうどん定食」トッピングは4種より選べ、名古屋では是と「味噌串カツ」にした。2本の1本なら食べられるだろう。相方は「カレーうどんとご飯のセット」、味噌カツを1本ずつ食べた。当然、八丁味噌に30%程度の砂糖の入った甘味噌が掛かっており甘い。でも、少しでも食べておかねば傾向も判らない。

 これ等を注文、10分少しして注文の品が運ばれた来た。先ずはうどんの太さに驚いた。うどんは太麺、小生は伊勢うどんを思い出した。ただ、伊勢で食べた伊勢うどんはもっと太く、小生の小指以上の太さで、汁と言うか出汁は甘く小生の好みに合う物では無かった。それ以来、伊勢うどんは食べた事が無い。

 そんな「若鯱家」のうどん、充分に腰の有る太麺、昨今良くある讃岐うどんチェーンに遜色の無いうどんであった。

 そして、問題のカレーあん、是は、最も普通の味。でも、不味くも美味しくもこの店の特徴の有る物でも無く、極々普通のカレーうどんで有った。

 でも、是で良いのだろう。カレーうどん、特徴の出すのは本当に難しいが、特徴を作れば好き嫌いも大きく附いて回る。究極を作れば味の維持が本当に難しい。其れからすれば、誰にでも食べられる普通を維持する事が誤りの無い事なのかも知れ無い。是は、カレーのココイチにも通ずる所がある。

 合えて特長を作らない、其れが特徴と言えば言えなくも無い。ただ、特徴が無いだけに「レジ」横に有ったインスタント麺は買わなかった。そう、CP値が悪い。スガキヤの「名古屋流カレーうどん」なら100円以下、それで美味しい。

 名物カレーうどんの「若鯱家」、チェーン店のカレーうどんとしては充分に美味しい。因みに、横に座られた家族、普通に蕎麦・うどん・丼を注文、カレーうどん以外の物を好きに食べて居られた。近隣の方には、普通のうどんと蕎麦のお店。

 ただ、1点気に成った事は、材料の薄揚げ、材料そのままの利用なのだろう、カレーにも負けない冷蔵庫臭がした。

※ 初めて食べた・寿がきや「名古屋流カレーうどん」(乾麺):
 http://m-jun.seesaa.net/article/321918668.html
※ カレーうどんの必須条件:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816015.html
※ 寿がきや食品株式会社:
 http://www.sugakiya.co.jp/
※ 若鯱家 アピタ桑名店:
 http://www.wakashachiya.co.jp/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事