掲載:2013年03月16日
20130316-01_s.jpg 数年前、20台前半から30台前半の女性に質問した事がある。

「温泉で夕飯は非常に美味しいが、お風呂のシャワーの温度調節の難しい宿と、夕飯はそこそこだがお風呂のシャワーの温度調整が簡単な宿、どちらに泊まる?」

 聞いた女性の全てが、「シャワーの温度調整の簡単な宿」と言う回答だった。この解答、若い時の山男の小生には全く理解出来なかった。

 昔の山小屋、来る者は拒まず、ただ遅ければ土間で寝る事もあった。そう、幾らの夏でも外で寝れば死ぬ事も有り得る。そんな人間、この回答には本当に合点が行かなかった。

 衣食足りて礼節を知ると言う問題でも無い。テントで寝ても、テントで石の上に寝ても、美味しい物が食べられるなら尚良いというのが山男の考えである。男性にこの質問をすれば、見事に分かれる結果と成った。女性の考えは判らないのいい例。

 そんな先日、後輩の嫁に会った。其処の話で八丁味噌の話しが出た。小生のこのブログを見て、カクキューの三河産大豆八丁味噌銀袋400gを買ったと言う。確かに美味しかったが、二度と買わないらしい。

 理由を聞けば、硬くて出しにくい!。八丁味噌は確かに普通の味噌と違い袋詰めは絞り出すと言う事は出来ない。容器入りなら使い易いと思うが、この物は外装はアルミ袋、内部にビニール袋の二重方包装である。光を嫌うと言う事なのだろう。

 アルミ袋を取るのは簡単だが、ビニール袋の端を切って絞り出そうと思えば本当に硬く最後まで絞り出しは出来ない。なので二度と買わないと言う。

 確かに最後まで出ず、ある程度に成ればこのビニール袋を切って、まな板の上で包丁ですくい味噌容器に移して使っている。女性は一般的な味噌容器、スプーンですくえ好ましいと言う。グルメ女性だが、考えも色々。

※ 八丁味噌 カクキュー:
 http://www.kakuq.jp/home/Default.asp

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。