掲載:2012年09月06日
20120906-01.jpg 昨今、小生は郡上市明宝に有る「めいほうベルグコテージ」に嵌っている。何故此処なのかと問われれば、我々の思考に合ってると言う他は無い。

 温泉・グルメに大自然、そんな物が揃っている。その一番が上高地だがキャンプ・ケビン地に温泉が無い。結果的に昨年秋に見つけたのが此処「めいほうベルグコテージ」。

 そんなコテージ、何故いいのかを同行者と話して居ると、「めいほうベルグコテージ」の有る旅行サイトに次の様な記載が有った。

----------
【めいほうベルグコテージ】パペよさん・ [40代/男性] クチコミ

 私がこのコテージを気に入っている理由としては、

@ 周りに何にもない事。
A トコトン静かである事。
B 私自身が料理の腕に自信がある為、温泉宿等の出されるメニューに少々圧迫感を感じる昨今、自分自身で好きなものを好きな分だけ好きなように美味しく食べられる事。
C めいほうの魅力は冬期のスキーだけではありません。年間通しての自然の楽しみもあるのです。それらを堪能できる拠点としてこのコテージは最適である。
D 部屋から徒歩6分の露天風呂と部屋内の温泉の湯を堪能できる事。
---略---
要するに、何やかやお金でサービスを求める人達には不向きなのかもしれません。ご自分で楽しみをつくり出す事ができ、その時間そのものを楽しめる人達にとっては最高な場所です。ここは完璧にそーゆーベクトルでつくられてます。
----------

 小生は、料理の腕に自信は無いが、書いてある事はそのとうり。この@〜Dが全て。

 そんな「めいほうベルグコテージ」に対じする「上高地」、小生が以前に書いた上高地の良さの概要は以下。

-----------
 昨今の旅は、温泉・グルメに大自然と言われ、旅の三大要素の様に言われる。其れに、大自然への挑戦の懐かしさが有れば最高!と言う筋書きの様に思う。そんな場所に静けさが有る。其れが最高の様に思う。

 上高地、一番いい時間は一般の観光客の去った午後5時を回った時間、そして夜明け。従って、上高地の良さを本当に知ろうとすれば、釜トンネル内の上高地に泊まるのが一番で有る。何も温泉の有る旅館に泊まる必要は無い。ハイカーズベッドでも充分。自然は誰にでも平等。

 朝、日の出前に起きれば、縛れる空気の中に自然が目覚める。其れを見ながらの朝食。自然がご馳走なので、御飯に梅干し、目玉焼きが有れば充分に美味しい。

 昨年、こんな上高地の旅を友人R君も家族と供にしたが、上高地に居るだけで充分に満足との言葉を残す。お友達のM子さん、今までの上高地は2回。先日の記載のとうり、今年夏は上高地から涸沢に登るらしい。大自然、近くに居るだけで素晴らしい。

 上高地、行った事の無い人には全くの良さは判らないだろう。でも、行けば必ず嵌る。その理由とは・・・。

@ 雄大な大自然がまじかにある。
A 空気が綺麗。
B 時間を忘れる空間がある。
C 自然がご馳走だが、グルメも必要なら有る。
D 歩きたければ、遊歩道も整備されている。
E 交通の便がいい。
F 必要なら温泉も有る。
G 水を出せば天然水が出る。
H 高級ホテルからテント泊まで自由に選べる。
I 女性でも男性でも一人旅が出来る(宿により、ハイカーズベッドが有る)。

 結果的に、温泉・グルメ・大自然が揃い、交通の便も良く、自分の志向・計画に合わせた旅行バターンが選べる点が、他に追従を許さない観光地に成って居る様に思う。上高地、本当にいい所です。
-----------

 この上高地、先日お友達が滞在、MIXIに書き込みが有った。河童橋からの写真、何時見ても綺麗、誰もが感動する。何れの場所でも、粗末な物でも何を食べても美味しい。

 そんな今年の秋、今から計画を練っている。温泉とグルメと自然、そして地の利がいい。毎年、秋には温泉と新蕎麦に落ち鮎と茸、其れが有れば我々にはこれ以上の物は無い。

 そんなグルメな話を同行者としていると、民宿・旅館で一番美味しくない物は何かと言う話に成った。その結果は、

「陶板焼き」

 是、2人意見は見事に一致した。宿で多く出る「陶板焼き」、本当に焼ければいいのだが、殆んどの場合は蒸し焼きと成る。肉・魚を蒸し焼きにして美味しいか、考えれば一目瞭然。蒸し物にして美味しい物は他に有る。

 また、蒸し物としても中途半端、具材の汁は下に落ちないし、具材に残る。あの民宿・旅館の「陶板焼き」の装置を使い、美味しい物が提供されたという物が有れば、是非お教え願いたい。焼くなら溶岩プレートがいいし、炊くなら普通の鉄鍋がいい。本当に中途半端で使い物に成っていない「陶板焼き」の陶板である。

 具材が新鮮・高級、是に陶板は勿体無いし何処も同じ内容、独自性が何処にも無い。宿としては手間も掛からず、煙も出ず、便利な代物の様に見えるが、誰も食事中に陶板の物が美味しいと言う声を聞いた事が無い。せいぜい聞いた事は、肉の話題、肉が美味しい。それとて、肉は鉄板で焼き100%焼き目が附いた方が美味しい!。

 今の宿、温泉街、一番に考える事の様に思う。今の温泉街、情緒も全て作られた物、作るのは宿の人達なのだから客の立場に成り考えれば何れの事も直ぐに判る。自分本位な宿、温泉街、衰退は目に見えてる。

【以前書いただらだら】

※ 衰退する温泉街・「だらだら書いたらこうなった・・・」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/211585704.html
※ 衰退する温泉街・「もてなしの心・・・」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/211586185.html
※ 衰退する温泉街・「落しどころの無い文章(爆)・・・」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/212238968.html
※ 衰退する温泉街・「下呂市の観光HPと対応」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/212626304.html
※ 衰退する温泉街・「下呂温泉での馬鹿話・・・」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/212703884.html

【資料】

※ そうだ!旅に出よう!!!何故?飛騨・奥飛騨・上高地なのか・・・:
 http://m-jun.seesaa.net/article/147932615.html
※ 1.ホテル・旅館業についての概観 1.ホテル・旅館業についての概観:
 http://www.gpc-gifu.or.jp/chousa/keikyou/h12/04_06/hotel.pdf
※ 鳥羽市観光基本計画:
 http://www.city.toba.mie.jp/kanko/kihonnkeikaku/kihonkeikakuhyoujunn.pdf

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。