掲載:2011年12月02日
111202-01_s.jpg111202-02_s.jpg 昨日もライブを聴視、写真も撮らせて頂いた。

※ おしゃんぴ〜トリオ:藤川幸恵(P)・斎藤一郎(B)・塩入基弘(D) in 茨木 vaughan:
 http://m-jun.seesaa.net/article/238085668.html

 である。

111202-03_s.jpg111202-04_s.jpg そんな結構多量と成る写真、どのように処理しているかと言えば、

@ 先ずPCに転送する。
A ピント外れの写真を消去する。
B 原版を保管フォルダに保管、作業用フォルダにコピーを作る。
B コピーを全体写真・個別写真にフォルダ分類する。
 (昨日の写真では、全体・藤川さん・斉藤さん・塩入さん)
C 音が聞こえると思われる写真以外を消去、是を掲載予定枚数まで優劣判別し続ける。
D 掲載予定枚数まで消去したら、残った写真全てを1つのフォルダに入れ、時系列に並べる。
E 順列補正(縦・横順位など)をする。
F 一括リサイズ・ソフトで縮小する。
 (小生の場合、長辺640・縦横比維持)
G ファイル名称をブログの定めたファイル名変更ソフトで変更する。
H スライドショーを見ながら記載文を記入する。
I ブログにアップする。

 との手順を取っているが、写真選択を除いて殆んど一括処理なので其れほどの手間は無い。

111202-05_s.jpg111202-06_s.jpg そんな選択中途の写真を演奏者や友人に送る事が有るが、その時に使う方法がこのFastStone Image Viewerを使って作るスライドショー。EXEファイル(実行ファイル)が作成されるので、受け取った人間はそのまま実行すれば即スライドをフル画面で見る事が出来る便利な優れもの。

 しかも、設定により内部から縮小画面をそのままフォルダに出力できるため、そのままブログや他の物にも使え、音楽を一緒に入れる事も可能で、プレゼンテーションにも便利。

☆ 作成手順は、FastStone Image Viewerを立ち上げ、スライドショー作成写真を選択、タブの作成/スライドショーの作成で必要事項を設定、作成釦を押せばEXEファイルが作成される。

※ 昨日のライブからテスト作成したスライドショー;(サイズ:約3MB):
 https://m-jun.up.seesaa.net/image/111202-07.zip

★ このソフト、FastStone Image ViewerはPCを汚さない(解凍するだけで使える)ソフトで、ダウンロードと日本語化の手順は以下のページを参照下さい。

※ PCを汚さない FastStone Image Viewer パッチ(4.5 完全日本語化版)を使って見る:
 http://m-jun.seesaa.net/article/207503671.html
※ 画像一括縮小ソフト「藤 -Resizer-」:
 http://hp.vector.co.jp/authors/VA015850/
※ ファイル名一括変換ソフト「FNCVT - ファイル変換」:
 http://www.k3.dion.ne.jp/~jed/

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事