掲載:2011年11月22日
111122-01_s.jpg111122-02_s.jpg111122-10_s.jpg

 2011年11月19日(土):宮阪昌子(Vo)・境知成子(P)・渡部春雄(B)さん:萱島OTO屋:PM8時〜を聴いて来ました。そう、場所は知る人ぞ知るジャズのライブハウス・萱島OTO屋。

111122-04_s.jpg111122-05_s.jpg 此処でマスターの素性を知らず、ライブをして居られるお若いミュージシャンも居られる様だが・・・(爆)。そう、この業界、隠れた所に色々な方が居られる。

 そんな萱島OTO屋、宮阪昌子さんがライブをすると言う情報を以前ご本人とベーシスト・渡部春雄さんから聞いていた。そして、バック・ピアノが何と謎の美人ピアニスト・境知成子さん、其れも土曜日、丁度いい。何故、丁度いいかと言えば、少し早い時間から予定すれば、少々時間が掛かってもOTO屋にたどり着ける。開始は8時。

 此処に車でたどり着くにはナビが有っても至難の業。今まで2度、某方のライブに向かい、近所まで行って時間切れで仕方なく帰宅している(爆)。電車なら、京阪萱島駅下車徒歩3分の駅前なので非常に判り易い所だが、今度はライブ長引けば電車で帰宅出来ない。

111122-06_s.jpg111122-07_s.jpg111122-08_s.jpg111122-09_s.jpg

 本日は絶対に時間前にたどり着ける様に、豊中の友人の所を午後6時に出た。そう、ライブ2時間前。場所は寝屋川市萱島駅前、凡その方向は判り、とりあえず中央環状自動車道路に乗ろうとするが、其処までに道路工事の一方通行と事故、結構に時間が掛かる。

 千里中央から自動車道路に乗り茨木方向、寝屋川には茨木から淀川を渡り行く方法も有り、是が早いのは判ってはいるが、とにかくナビに従う。豊中から自動車道路でぐるっと一周、大日の交差点。本来、豊中から大日の交差点に来るには江坂から吹田を通れば早い、その道も知るが、やはり一歩迷えば知ってる場所に戻るまで1時間ほど掛かる。ナビの道路情報が更新されていなければ、とんでも無い方向に向かう時もある。ナビ更新、5万円のナビに2万5千円で更新する方も居ないだろうと思うのだが・・・。

111122-16_s.jpg111122-17_s.jpg111122-18_s.jpg

 そんな事で、大日の交差点から、メイン道路を走るのだが、其処から横道にそれれば、全く地理不案内。家の建て込んだ細い道を走る。この近辺、新しい道の第二京阪も出来ている。なーんか見覚えのある某ジャズボーカリストのお宅の横の道路も走る。何処を廻っているのか完全に方向感覚を失う。

 一応、ナビには京阪萱島駅が写っているので近くまでは到達。本日は朝から雨、それで車も少ない一車線道路、此処からが問題。車が多ければ考える予知無く車に追われるが、今日はちと余裕。

 ナビが信号左折の案内、住宅街の細い道の一方通行、とりあえず曲がる。車1台がやっと。今の良くある膨らんで曲がらないといけないような運転をする方には、対向車があり絶対に曲がれない路地。其れも曲がりくねる。

111122-19_s.jpg111122-20_s.jpg111122-21_s.jpg

 そんな道を100m、又も右折の直ぐに左折、何とか京阪電車高架下。駅の看板も有るのでとにかくローソン横のコインパーキングに車を入れる。この近辺、安価なコインパーキングを探している余裕など殆んど無い。駅近辺の地理を知らなければ細い道の一方通行オンパレード。

 後で聞けば、ベーシスト・渡部春雄さんの車も此処に有った。此処が深夜時間までのパーキング代が安いらしい。20分100円と30分100円の違い、小市民には響く。因みに、当日の駐車料金は渡部さんが1000円、小生は600円、深夜料金は朝8時まで400円。

 OTO屋到着は午後7時半過ぎ、無事到着、此処まで1時間半ほど掛かった。ナビを頼りにせず、道を知れば多分1時間以内で着く距離だろう。未だ、何処を通って来たかはっきりしない。当然、帰りも遠まわり(爆)。

111122-26_s.jpg OTO屋にて、聞くとナビでは必ずこの細い道が出るらしい。何方も迷うと・・・。そんな事で書いて貰った地図が是。ナビに従わず、大きな道を大平ポンプ場の信号まで行き、萱島東の交差点を左折すれば大きな道で駅前に来られる。

111122-22_s.jpg111122-23_s.jpg このライブ、始まりはジャズボーカリスト・宮阪昌子さんが何方かのOTO屋ライブ聴視に始まると言う。マスターが宮阪昌子さんを見て、

「あんた、昔に会った事があるね?、此処でライブやり!」そう、昔の仕事の共演者。

 其処で、お店の雰囲気や色々な事を考え選んだベーシストが渡部春雄さん、そしてお二人が選んだピアニストが境知成子さんだった。結果的に、本当に素晴らしいトリオだった。

 小生は肩こりも解れ、本当に心地よいジャズを久しく聞いた。まるで映画の中に出て来るジャズシーンそのものと表現した。ドラマの中に聞こえるジャズそのものだった。

 小生のお隣に座られた女性、先日某所のライブで宮阪昌子さんのファンに成ったばかりと言う。宮阪昌子さん、な〜んかいいんです。そんな言葉を残された。

 この女性、当日午後10時に店を出ると言われて1セット目と2セット目の休憩時間にミュージシャンの皆さんに挨拶されていたが、結局ライブ最終まで居られた。多分、家まで帰るにはタクシーを使われたに違いない(爆)。

 当日の店内は、演奏と時々の突っ込みとドラマラスな語り、観客の皆、小生を初め皆がこのジャズシーンに聞き入っていた。本当に皆さん、素晴らしかった。

 そうそう、時々カウンター内からトランペットも聞こえたりした。マスター、煙草吸いすぎです(爆)。

 そんなマスター、ピアニスト・境知成子さんに向かって、

「あんたのピアノ、そんなのやったっけ?、男前やし、ピアノはいいし、是からも宜しくね!」

111122-24_s.jpg111122-25_s.jpg そんな事で次回も即決。年も明けての2012年02月18日(土):宮阪昌子(Vo)・境知成子(P)・渡部春雄(B):PM8時〜:萱島OTO屋。本当にドラマの中で心地よい。

 店・雰囲気・選曲・演奏に合わせた人選、本当に重要です。

※ 宮阪昌子さんブログ:
 http://masakomiya.blog137.fc2.com/
※ 境知成子さんブログ:「何のむ?」:
 http://popomama.exblog.jp/
※ 渡部春雄さんブログ:
 http://blog.goo.ne.jp/nabeslab/
※ 萱島・OTO屋:
 大阪府寝屋川市萱島本町5-21・TEL:072-811-0566
 19:00〜24:00・定休日:第1第3 火曜日
 (京阪萱島駅下車徒歩3分)
※ TARO OKAMOTO Special Live 2011:Taro Okamoto(D)・木村ヒロヨシ(P)・中山良一(B)・Ako Tyler(Vo):in 大阪・摂津『きょん』:
 http://m-jun.seesaa.net/article/231320211.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。