掲載:2011年04月09日
★ 2012-12-13日追記;2015-09-15日追記;2016-02-07日追記;
 再訪!。このページと変わらず、美味しく鰻を頂いて来ました。

★【追記:】
 ※ 伊勢湾岸弥富・「うなぎ 青木」(2016年01月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/433361061.html
 ※ 伊勢湾岸弥富・「うなぎ 青木」(2015年09月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/426048970.html
 ※ 伊勢湾岸弥富・「うなぎ 青木」(2012年12月):
 http://m-jun.seesaa.net/article/306401241.html
★ 2012-11-13日追記;
 一時期、うなぎ高騰で天ぷら屋さんをされていた様ですが、2012年夏現在、価格改定し復活とのネット情報が有りました。ネット情報に寄れば、うな重2500円とのこと。
★ 2012-07-23日追記;
 現在、この記事に多くのアクセスを頂いて居りますが、この弥富・「青木」、他のネット情報では「天婦羅」屋さんに成っている様子です。行かれる場合は、お店に電話で確認される事をお勧めします。
----------

110409-01.jpg110409-02.jpg 伊勢湾岸自動車道路、近辺には長島温泉・尾張温泉などの温泉施設がある。尾張温泉は源泉掛け流しとの記載もあり、神経痛・打ち身にも効く。そんな近辺の海辺、結構風も強い。護岸には天然かき?がくっ附いている。

 この近辺の人は、漁師さんで無くても牡蠣は絶対に買わないだろう。また、海岸には流れ着いたわかめを探す人も居た。近辺の方は、味噌汁の具には絶対に困らない地域(爆)。

110409-03.jpg110409-04.jpg そんな護岸から少し離れた田んぼの中の一軒家、そんな所に「うなぎ 青木」が有った。是は面白いと立ち寄って見た。

 ナビをセットして向かうが本当に田んぼの中、こんな所にうなぎ屋さんが有るのかと心配する様な場所、ナビに従って進んだ田んぼの中の一軒家、到着は午後1時。店の前には車が一杯。

110409-05.jpg110409-06.jpg 早速店に入る。40席ほどある店内は満席に近く、1つだけ隅の座敷テーブル(小上がり)が開いていた。小生目で店は満杯。11時開店なので既に食事して店を出られた方も居る。是が平日の昼の様相、流石に知る人は知る地元の有名店。

 早速おしながきを見る、うな丼(1500円)・うな重(2000円)・長焼定食(2000円)、ちと差が判らないので聞いてみた。うな丼とうな重はうなぎの量の違い、うな重と長焼定食はたれ掛けご飯か白いご飯の違いとか。

110409-07.jpg110409-08.jpg 其処で、うな重と長焼定食を注文。注文を聞いてから焼き始めるので、出てくるまでの時間はゆうに30分を越える。時間を急ぐせわしい時の食事には絶対に向かない。その変わり、うなぎの焼き具合は絶妙。

 たれは小生好みの余り甘くも無く、酒飲みの辛さにも合う。

 小生はごはんが白い長焼定食が好みだが、うな重にはご飯の中にもう一列うなぎが隠れている。うなぎの量は絶対にこのうな重の方が多いと、食べた人間の結論(爆)。

 因みに、店内写真は流石に満員の時には撮れない。写真は食事後、精算前の午後2時。また、店内は換気が行き届いており、うなぎを焼く臭いは殆どしないので、食べる前に満腹になる様な事は無い(爆)。

 そうそう、最後に何故この場所にお店?と聞いて見た。ただ単に、家に近い場所にお店を開いただけとのご返事だった。確かに物は考えよう、流行るまで我慢出来る腕と資金があれば納得。

※ うなぎ 青木:
住  所: 愛知県弥富市東末広6丁目9-2・TEL 0567-68-3930
営業時間: AM11:00〜PM14:00 PM17:00〜PM19:30
定 休 日: 毎週日曜日・7月8月を除く第3月曜日

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事