掲載:2010年12月19日
101219-46.jpg101219-47.jpg 2010年12月16日(木)。先日、下呂温泉のマニアック情報と言うHPをブログ逆検索で見つけた。其処に「かやの実せんべい←※栃の実じゃないよ」と言う言葉が有った。小生の好きな「カヤの実」、時間が有れば是非行かねばと行って来た。

 販売場所は、一部の旅館売店or下呂駅前「明治屋」という土産屋(笹巻寿司のとこ)との記載が有ったので、其れなら製造場所でも販売してるだろうと「尾張屋製菓」に行く事にした。

 下島温泉「仙游館」を出て、国道41号線で少し雪を見たが、未だ気温が高い。是では大丈夫とナビを下呂温泉「尾張屋製菓」にセット、飛騨小坂側から下呂温泉手前信号で温泉街に入る。右折れの指示、線路を渡り少しでナビが到着を指示???、路上で周りに店は見えない。横は空き地。

101219-48.jpg 其処で回りを見回すと、1階駐車場の家の奥に何か・・・。其処が「尾張屋製菓」。何処で販売?、中に以前有馬温泉か何処かで見た様な煎餅焼き機が有る。覗き込んでいると、中から、

「どうぞどうそ・・・」

 失礼して工場内に、煎餅製造中。割れ煎餅が一杯の大変な状況。

「出来たての割れ煎餅、幾らでもどうそ!」

 数枚食べたが、喉が渇く(爆)。とちの実煎餅とかやの実煎餅を頂いた。

「未だお湯が沸いてないので・・・」

101219-49.jpg101219-50.jpg と冷たいお茶を頂いた。煎餅、美味しいがお茶が居る。此処はあるHPで見たこと、今日は下島温泉から来たこと、昨日は、「平氏ヶ原」と言う蕎麦屋さんで呑んで居た事を告げると、この店の若女将さん「平氏ヶ原」の奥さん・旦那さんの事を良く知って居られた。奥さんの出里とか、旦那さんの今までの多彩な職歴とか・・・(爆)。

 下呂温泉が有っても下呂は小さな田舎町、世の中狭いのです(爆)。

 本題のお煎餅、美味しいです。其処で、土産と自分用に二人で「カヤの実煎餅」3箱と「栃の実煎餅」2箱と栃の実煎餅の割れ2を購入。

 そうそう、此処で買えば、作り立ては当然なのですが、少し値引きが有りました。下呂温泉に泊まれば、散策にいいのかも。

 次の目的地、飛騨金山・そば処「おおふくや」さんに向かう。

※ 下呂温泉・「尾張屋製菓」:
 https://gero-owariya.jimdofree.com/
 http://www.gero-owariya.jp/
 http://www7.ocn.ne.jp/~owariya/

 電話 0576−25−2616
 住所 岐阜県益田郡下呂町湯之島124-1
※ 下呂温泉マニアック情報:
 http://www.dorodoro.net/

※ 私の好物・「カヤ(榧)の実」:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548362.html

★ 今回の旅の詳細(時間が有ればお読み下さい):

※ そうだ!旅に出よう!!!手打ち蕎麦「平氏ヶ原」への一泊旅(2010年12月・冬)
 http://m-jun.seesaa.net/article/173926266.html
※ そうだ!旅に出よう!!!下島温泉「仙游館」(2010年12月・冬):
 http://m-jun.seesaa.net/article/173928502.html
※ そうだ!旅に出よう!!!そば処「おおふくや」(2010年12月・冬):
 http://m-jun.seesaa.net/article/173929853.html
※ そうだ!旅に出よう!!!道の駅・平成「味の水車小屋」(2010年12月・冬):
 http://m-jun.seesaa.net/article/173930278.html
※ そうだ!旅に出よう!!!多賀SA「ちゃんぽん亭」(2010年12月・冬):
 http://m-jun.seesaa.net/article/173931247.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事