掲載:2010年04月12日
 「鯖にあたるとは」と言う記事が有りました。コメントを入れようと思いましたが、画像文字記入して投稿すれば、ギターリスト・戸田秀行さんのブログと同様に上手く投稿されませんでした。従って、此処に記載。
ーーーーーーーーーー
「鯖にあたるとは」

※ 原典は以下をクリック⇒:「鯖にあたるとは」 

 昨年だったでしょうか、高知県は土佐清水市で見事な「清水鯖」なるゴマサバを刺身でいただいて以来、寝ても覚めてもサバの刺身に恋いこがれております。

 残念ながら、関東ではサバの刺身を食べる習慣は一部地域を除いてほとんどありませんから、これを食べることはなかなかにして至難の業であり、サバ刺に出会えたときは一種の幸福感さえあります。
以前、東京駅のデパートなら置いているだろうとおもい、地下の魚屋まで足を運んだことがありましたが、店員さんに「サバは酢でしめないとあたりますから刺身は取扱いません」といわれ、肩を落として家路についた経験があります。

 さてさて、よく調べてみると、一般的に「サバにあたる」というのは2つのあたり方があるということがわかりました。

 ひとつはアニサキスにあたる場合。
ご存知のようにアニサキスはサケやイカ、そしてサバなどに寄生する体長数ミリの寄生虫でして、これが人の胃袋に到達するや、のたうち回るような痛さを提供してくれます。
治療法というか対処法としては、お医者さんにピンセットで胃袋から取ってもらう以外ないらしいですから、さらに迷惑なことです。
ちなみにサケなどは冷凍してアニサキスを死滅させておりますので寿司ネタとして食べても問題はありません。

 さて、もうひとつはヒスタミンであたる場合です。
カツオ、イワシ、ブリ、サンマなどは大量にヒスチジンをもっており、ヒスチジン自体は無害なアミノ酸なのですが、魚体などに付着するモルガン菌などの微生物によってヒスタミンに分解されます。
ヒスタミンは加熱してもこわれない強力なアレルギー物質で、蕁麻疹などの症状をもたらします。

 ヒスタミン中毒は抗ヒスタミンの飲み薬などでさっと治りますので、早々に医者へ行くことをお奨めします。
焼いてもなくならないヒスタミンですからそうとう厄介者のうえに、時間が経てば経つほど危険性が増しますから、中毒を防ぐためには魚をしっかり管理することが重要なポイントになってまいります。

 いずれにせよ、サバを刺身で食べるのはアニサキスは別として、やはり鮮度が大切ということは間違いないのですね。
「鯖の生き腐れ」とはよく言ったものです。
ーーーーーーーーーー
★ 入れようとしたコメントは以下:

 鰹のたたきの発祥(友人が鰹の刺身を食べたと言うので・・・)を検索していてこの記載を見つけました。面白く拝見しましたが、小生昔、船釣りで今自分で釣った鯖を船上で刺身にし、「あたった」事があります。釣りは中止、医者に走りました。

 そう、菌の繁殖云々の時間など有りません。今釣って直ぐにさばいて、食べて当たりました(爆)!。

 漁師さんは、今釣った物でも鯖を刺身で食べる事には反対したのですが・・・。今釣った物で生きてると・・・。昔からの謂れ「鯖の生き腐れ」に嘘は無いと思った瞬間でした。

 しかし、保管云々のこと、自分は焼いた鯖では生まれてこのかた当たった(蕁麻疹)に成った事は一度も有りません。寿司屋で食べた締め鯖・バッテラで当たった事は何度も有ります。暫くは鯖のバッテラや秋刀魚寿司も食べなく成ります(爆)。ただ、焼いた塩鯖は蕁麻疹の後も気にせずに食べますが問題は有りません。

 幾らのグルメもふぐ以外は自己責任に近いですが、あたれば相当に酷い!!!です。市販薬や医者の薬で直ぐに治ると言う事は自分の場合殆ど有りません。治るのは医者での点滴。

ーーーーーーーーーー

※ 大人の味・体の弱った時に大人でも魚の刺身・寿司は食べる物ではありません!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/397327723.html
※ 友人が寿司屋で生鯖(刺身)に当たった!が蕁麻疹で幸い!(爆):
 http://m-jun.seesaa.net/article/372655182.html
※ あたらない、しめ鯖の作り方:(此処のコメントにも当たる方が・・・)
 http://blog.goo.ne.jp/bakucho-mousou/e/ff2b7dd25194a61ad1fb81ce86f8149f
※ 魚を食べたら、じんましんが・・・〜ヒスタミンによる食中毒〜:
 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/anzen_info/others/his/
※ 【じんましんの主な原因】 - 蕁麻疹(じんましん)ドクター:
 http://jinmasindr.com/01kiso/genin.html

ーーーーーーーーーー

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事