掲載:2010年02月21日
 カレーうどんの麺の硬さは、確かに好みも有ろうが、小生は柔らかい麺で無ければなら無いと思って居る。その点では、讃岐うどんより大阪うどんがカレーうどんに向いていると思って居る。是は小生の友人達の意見も等しい。

 と言うことで、本日は昼から麺と硬さの違う3杯のカレーうどんを作って集中実験をした。出汁の作り方は、「家庭で出来る簡単カレーうどんの作り方(調理方法)」の市販カレールーを入れずに、牛ミンチから取った透明牛スープ(牛ミンチ・鶏皮ミンチ・香味野菜を水から沸騰させ、灰汁を取って10分程度煮たスープ。後の肉は甘辛に煮てそぼろ丼に利用する。)を利用した。

 準備したうどんは、普通のうどん玉と冷凍うどん玉。結果はやはりだったが・・・。

@ 普通のうどん玉を湯煎して、温めたカレーうどん汁に入れる。きつねうどんの硬さ。
A 普通のうどん玉を表面が少し溶ける(表面が少し透明化)程度まで熱く茹でる。
B 冷凍うどんを結構温かく成る程度、熱い茹で方をする。

 結論はAがやはり小生には一番美味しかった。やはりカレーとの絡みとか喉ごしが一番の様に感じた。そう、カレーうどん、やはり麺は熱く、引っかかりの無い食感が一番美味しいと思う小生。皆さんのお考えは如何?。但し、麺は箸で持って切れるような茹で方はいけません。

※ 残ったカレー(レトルトカレー)でカレーうどんの作り方:
 http://m-jun.seesaa.net/article/139647733.html

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事