掲載:2010年02月02日
 以前、カレーうどんの必須条件と言うのをブログに書いた事が有る。今も検索を掛ければ出て来ると思うが・・・。記事は以下。
----------
2006年7月8日
カレーうどんの必須条件

 専門店が存在するほど日本人の好きな「カレーうどん」、皆でカレーうどんの必須条件を話してみた。カレーうどんとは、ご飯に掛けるカレー、残ったカレーを掛けても美味しく無いので有る。普通のカレーとカレーうどんのカレーは別物。小生と友人はカレーうどん専門店の物は食した事は無いが、意見の一致を見たカレーうどんの必須条件は以下(爆)。

■ T:カレーうどんの必須条件 ■

@ 黄色い色で有る事。(綺麗で食欲をそそる!!)
A 葱(ねぎ・ネギ)は青い九条葱等の笹切り。
B うどんは余り腰が強くないこと。
C 具材は和牛細切れ肉・葱で十分。
D 麺に出汁が程よく絡んで箸で上がること
E 澱粉臭く無いこと。ま、出来れば本物の葛粉が最良。
F 口に入れれば出しの香り、食べ終わればスパイスの香り。
G 辛さは好みで調整出来るのが良い。ベースは3歳児でも食べられる辛さ。
H 出汁はいりこ・鰹節・昆布等の単純系。
I 汁は飲み干しても喉が渇かないこと。(しょっぱく無いこと。)

■ U:TV人気店?の出汁(参考) ■
@ 瀬戸内産いりこのみ
A 宗田かつお・鯖
B 鰹・鯖・いりこ
C 鰹・昆布
D 利尻昆布・花鰹・鯖節・ウルメ節・宗田鰹+牛乳

■ V:京風カレーうどん・と・スパイス(参考) ■
@ 出汁:昆布・鰹出汁100%
味醂を加えた醤油に鰹節を直接入れる
是を濾す(濃厚な鰹だし)
Aスパイスは小さじ1杯
スパイスは11種類の香辛料をブレンド:ターメリック・ブラックペッパー・ガーリック・カルダモン・オールスパイス・ナツメグ・シナモン・コリアンダー・クローブ・クミン・唐辛子(辛さを抑えたスパイス配合)
B水溶き片栗粉でとろみを出す
C其処にうどんを入れる
Dその後、甘く炊いた薄揚げを乗せる。

■ W:家庭で出来る簡単カレーうどんの作り方(調理方法) ■

@ 出汁は鰹・昆布の出汁で普通のうどん出汁の2倍の濃さで作る。
  (一人分は凡そ1カップ)
A 其処にSBのカレー粉を入れる。
  (一人分は小さじ1杯)
B 此処に好きな市販カレールーを3人分に対し1片を入れる。
C 是に少量の醤油・塩・酒・味醂で味を調整する。
  (しょっぱく成らない様に、結構薄味に仕上げる。)

※ この時点でうどんを茹でる。(冷凍で無く普通のうどんがいい。)

D 此処に薄切り肉を居れる。
C 肉の色が変わったら、笹切り葱を入れる。
D 水溶き片栗粉(有れば葛粉)を入れとろみをつける。
E 是を茹で上がったうどんに掛ける。

※ 辛さはSBのカレーホット等の辛味オイルまたは一味で個別に調整する(好み)。
※ 家庭ならほどほどの味。淡白で美味しい。
----------
2006年8月2日
簡単・カレーうどん試作中-U

 美味しいカレーうどんを作りたいと思ってこのページに来られた方はごめんなさい。実は未だ完成していないのです。お急ぎの方は下記URLのカレーうどんへどうぞ。

※ 自慢のレシピになるかも? カレーうどんの作り方:
  http://allabout.co.jp/gourmet/udon/closeup/CU20040507B/
※ クリーミーカレーうどん:
  http://www.foods.co.jp/curry/recipe/bk10.html

 (共にカレー粉はSBカレー粉を使用すれば出来る。もっと簡単に作りたい方は下の「カレーうどんの必須条件」の最下部のカレーうどんをどうぞ。そこそこいけます。)

 小生の求めるカレーうどんは以前に書いた通り、以下の物を作りたいと思って居る。

※ カレーうどんの必須条件:
 ★★★ 上の記事 ★★★

 何故かと言うと、一般的な「美味しい」とは何だろう?と言う疑問からこのカレーうどんに挑戦している。小生の美味しいとは、3度3度、毎日食べても飽きないカレーうどん、そして上記、カレーうどんの必須条件を満たすもので簡単に作れるものである。一度食べるだけなら美味しいと言うものは結構出来る。ウニが美味しいと言えども、丼にウニを一杯乗せたウニ丼を3度3度食べて見られれば判る。食べられない。
 子供は正直、小生の牛筋スープで友人が作ったカレー、その時は美味しいと食べても明日は食べない、其れと同じなのです。
 現在の状況は、口に入れれば出しの香り、食べ終わればスパイスの香り、のスパイスの香りが出ないのです。スパイスを効かせれば出汁の香りが出ない。色々なスパイス単品を少し入れただけで出汁の香りが消える。多少効果の有るスパイスが「クミン」とだけは判ったのだが・・・。ただ、このカレーうどん、完成しても淡白すぎて若者には合わないかも・・・。

※ クミンは、インドで調理の最初に使うスパイスとして有名。香りが良く本格的な風味に成る。
----------
 この「家庭で出来る簡単カレーうどん」を最近作った友人、家族に好評だったとメールが来た。そう、殆どの友人、今までにこのレシピを参考にしてカレーうどんを作っている。

 そんな話しを他の友人としていると、レトルトカレーでカレーうどんを作れるか、残ったカレーでカレーうどんは出来るのか・・・と言うのが話題に成った。そう、最近讃岐で話題に成ってる肉系カレーうどんの話も出た。でも、そんな肉系のカレーうどんは昔から一杯あります。珍しい物でも何でも無い。「家庭で出来る簡単カレーうどん」にカレールーが入っているのも牛脂を使う肉系。多くの有名カレーうどん店でも隠し味が肉系で有ったりもします。

 では、結論のレトルトカレー・残ったカレーでカレーうどんの作り方を記載しましょう。共にカレーですが、残った家庭のカレーには多いな具が入っています。これだけは上げるか、ミキサーで粉砕して下さい。

 大きな上げた具は、水を入れ、青い野菜を少量加え再度炊いて、醤油・砂糖で味を調整すれば、美味しいカレー煮が出来ます。

■ レトルトカレー・残ったカレーでカレーうどんを作る(レシピ)■

★ 材料:(一人分)

@ カレー: 200g(レトルトカレーなら1袋)
A 鰹出汁: 150CC(水150CC+味の素の本だし小さじ1.5でも良い)
B 塩  : 小さじ1
C 葛もしくは片栗粉: 大匙3/4を水に溶いて置く
D つま: 薄揚げ・ネギ(好みにより薄切り肉)
E うどん: 普通のうどん(大阪人は多分普通のうどんの方が美味しい。讃岐の人は冷凍うどんか?。冷凍うどんには澱粉が入っているので腰が有る。)

★ 作り方:

@ 鍋に冷たいカレー・鰹出汁・塩を入れ、火に掛ける。
A 其処に、水でほぐしたうどんを入れ、煮た足し、うどん表面が少し透明に成るまで煮る。
B うどんが少し柔らかく成れば、水溶きの葛か片栗粉を攪拌して、トロミをつける。
C 丼に取り、ネギ・細切り薄揚げを散らし完成。

★ その他:

@ このカレーうどんに香辛料の「クミン」を最後に混ぜれば、美味しい香りが増す。
A カレーのトロミとカレーうどんの澱粉系トロミは違う。
B カレーうどんには、小生の好みではあるが、柔らかいうどんが絶対に美味しい。
C 鰹出汁を取るときは、上に記載の様に濃い目に取る。
D このカレー自体をSBカレー粉で最初から作れば美味しい。カレーには、ジャガイモは入れない(好みですが・・・。じゃがいもは澱粉です。片栗粉の原料。)。

   (*^‥^*)」 イヨッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事