掲載:2009年12月23日
 昨今、新しい店が出来たと言えばラーメン屋に蕎麦屋さん、うどん屋さん。コンセプトが明確な店は流行り出すが、一巡すれば落ち着きを取り戻す。其処からが実力。

 そんな中、是はちょっと?と考える店と言うか、可笑しいと思う店が有る。其れは蕎麦屋さん。何が可笑しいかと言えば、天婦羅に附いて来る末茶塩。

 何故蕎麦屋さんに天婦羅・出汁巻き・丼物が有るのかと言えば、蕎麦用に作ったかえし(返し)の美味しさを味わと言うか、利用するために考え出されたメニュ。抹茶塩など近代に成って表れた物、決して料理用の末茶などを塩に混ぜた物を美味しいと思われない。また、これ等は天婦羅屋で使う物と思わぬでも無い。

 しかも、本式の天婦羅屋さんで出る末茶塩はただ単に、塩に末茶を混ぜただけの物では無い。塩は昆布塩、其れに末茶を混ぜた物、是が小生の思う手作り末茶塩。

 蕎麦屋さん、ちと間違いが有るのではと小生思わぬでも無い。

※ 昆布塩: 塩を水で戻した塩水に、昆布を入れ土鍋で煮詰め塩に戻した物。

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。