掲載:2008年07月11日
先週、友人が近郊の某温泉に行ったと言う。

「先週、○○温泉に行ったが、温泉分析表が見なかったでー」 とメールが来た。ま、温泉と表示するからには何処かに有るのだろうが、環境省(http://www.env.go.jp/)の平成19年4月25日交付(平成19年法律第31号)の温泉法改定でも明示されている様に、温泉利用事業者が掲示しなければならない項目を施設内の”見やすい場所”に掲示することが義務付けられています。

 そして、その分析表も10年に一回の割合で、再分析して更新しなければならない事に成っています。ま、此処には詳細が書かれて居るので、見せたくない物も含まれるのでしょう。違反すれば罰則規定が有りますが、30万円以下の罰金のため、明示するよりもいい温泉と思わせる方がいいのかも知れません。ま、泊まる前に良く調べる。調べて判らなければ、聞く。不明確なら徹底的に調べるか、泊まらないかの何れかですね。

 環境省の言う、温泉分析表と”自主的に掲示することが望ましい項目”、いずれかといえば新しい温泉には明示があり、昔からの旅館には明示が無いと言う傾向がある。

 単純に温泉に入るにも良い温泉を探そうとすれば、知識が要るようです(爆)。

※ 温泉:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89
※ そうだ!旅に出よう!!!(温泉分析表):
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623706#2623706
※ そうだ!旅に出よう!!!(温泉は入って見ないと分からない):
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623711#2623711
※ そうだ!旅に出よう!!!(何処までが温泉?):
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623714#2623714
※ そうだ!旅に出よう!!!(安心・安全・正直な信州の温泉表示認定制度):
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2623707#2623707
※ 白骨温泉・出典: フリー百科事典『ウィキペディア』:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%AA%A8%E6%B8%A9%E6%B3%89
※ 温泉偽装問題・出典: フリー百科事典『ウィキペディア』:
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E5%81%BD%E8%A3%85%E5%95%8F%E9%A1%8C

 (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事