掲載:2007年11月20日
 冬キャンプと言うのは考えれば寒くて行けないと考えられるだろうが・・・。考えれば夏の様に暑くなく(爆)、虫も居ない。横に温泉など有れば最適のキャンプ空間なのです。

 本当に寒くは無いのと考えられるだろうが、当然冬なのでちと寒い(爆)。でも、装備が万全なら快適に過ごせる。問題はテントと寝袋。テントはほぼ夏用で要を成す。完全夏用の蚊帳の様なテントではいけないが、窓が密閉できる様なテントであれば充分。密閉構造に成って居ない時はガムテープで塞げば充分なのである。要は風を防ぐもの、隙間風が入らなければOKなのである。

● ただ、テントを完全密閉すれば空気が無くなって危険。冬と言えど換気の窓(二人でにごぎりこぶし大の穴)は開けておかないと危険。

 次に寝袋、一人ならオールシーズン用の寝袋(蓑虫形)が便利。二人なら封筒型のシラフを同一モデルで接続して一つの寝袋にして一緒に寝れば非常に温かい。

 スリーシーズン用封筒型の寝袋であれば、連結して上下に毛布を入れれば温かく寝られる。何事も一度体験すれば面白い。何れも家庭にある不要の毛布で良い。

それでも寒い時は是に湯たんぽ、大きい湯たんぽでは暑すぎて眠れない。500mL厚手のペットボトルにお湯を入れ、タオルで包んで足元に入れればよい。大型のホカロンでも可能。冬キャンプは実に楽しい。皆さんも是非!。

● 因みに、冷たい地面からの冷気を遮断するには、銀マットを2枚テント内に敷けば良い。

※ 寝袋の連結。同一メーカー・同一モデルでも連結できるものと出来ないものがある。要確認!。

※ 夏テントと冬のテントの違い!:
 http://m-jun.seesaa.net/article/445285450.html
※ 川湯温泉(仙人風呂)と冬キャンプ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115816638.html
※ 冬の季節・自然の中のソロキャンプ:
 http://m-jun.seesaa.net/article/115548450.html
※ 小川キャンパル(オールシーズン寝袋:フィールド・ドリームDX-II ):
 http://www.ogawa-campal.co.jp/index.html

   (*^‥^*)」 イヨッ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

このブログの人気記事 (直近24時間)
    最 新 記 事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。